新たにnoteにもアカウントを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

~華麗な攻めで圧倒~ 第67回NHK杯解説記 糸谷哲郎八段VS郷田真隆九段

今週は糸谷哲郎八段と郷田真隆九段の対戦でした。

糸谷八段は居飛車党で、角換わりを得意にしている受け将棋です。
独特な感性を持ち、棋譜を見ただけで対局者が分かるタイプの棋士ですね。ごちゃごちゃした局面でも的確に急所を見抜く能力が抜群なので、混戦模様になればなれほど本領を発揮する印象があります。
一回戦では高見泰地五段と戦い、中盤で形勢を損ねたものの、怪力で逆転に成功し、二回戦へ勝ち進みました。

郷田九段は居飛車党で、本格派・本筋と評されることが多いですね。棋風は攻め将棋だと思います。
基本的には相手の得意戦法を堂々と受けて立ち、それをねじ伏せるタイプの棋士ですね。
個人的には相掛かりの適性が極めて高く、棋士の中でも最強クラスだと思っています。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯2回戦第10局
2017年10月8日放映

 

先手 糸谷 哲郎 八段
後手 郷田 真隆 九段

 

初手から▲2六歩△3四歩▲7六歩△8四歩▲2五歩△8五歩(青字は本譜の指し手)と進み、第1図のようになりました。

NHK 1

郷田九段の横歩取りに対して、糸谷八段は「勇気流」を採用しました。横歩取りの先手番は歩得を主張に受けに回る展開が多いのですが、この作戦は持ち歩の多さを活かして巧みに手を作っていくことが狙いで、攻撃的な戦法と言えるでしょう。先攻することを重要視する現代的な思想ですね。

 
勇気流にはまだ決定的な対策が無く、後手の指し方は十人十色です。郷田九段は△7六飛▲3六歩△8六飛と指しました。これは歩損を解消すると同時に、将来△7六桂と打てる場所を作って、先手陣に傷を付けた意味があります。ただし、飛車の移動に手数を費やすので、駒組みが立ち遅れてしまう懸念はあります。
 
△8六飛以下、▲3七桂△8二飛▲3八銀△4二玉▲3五飛と先手は右辺の形を整えて、飛車を引きました。(第2図)

NHK 2
 

後手の△4二玉は、上部に利きを増やして▲4五桂と跳ねてくる強襲を警戒したものです。反面、持久戦になり▲3五歩~▲3四歩と歩が伸びてくると、玉が戦場に近く当たりが強いので望ましくない状況になってしまいます。先手の▲3五飛は、次に▲2五飛から飛車を定位置である2筋に戻し、先述した展開に持ち込むことが狙いです。

第2図ではおとなしく△2二銀と上がっておく手も考えられましたが、郷田九段は▲2五飛を断固阻止する姿勢を取ります。▲3五飛に、△8八角成▲同銀△4四角と先手の指し手を咎めに行きました。(第3図)

NHK 3


次に△8八角成を喫すると先手陣は崩壊するので、どのように飛車を取らせるかが先手の課題です。糸谷八段は▲6六角と打ちましたが、代えて▲7七桂△3五角▲同歩と持ち角を温存する方が勝りました。(A図)
 

NHK A

先手陣には△7六桂の傷が残っているので、△3六歩▲4五桂△4四歩と桂を取りに来られるとまずいように見えます。しかし、▲1五角△5二玉▲1六角が痛烈な切り返しで、先手優勢です。(B図)

NHK B

この反撃を用意するために、角を二枚保持することが急所でした。
△6二玉は▲5三桂成。また△4三金には▲3三桂成で、いずれも後手陣は突破されてしまいます。このように、戦いになってしまうと後手陣は未完成のため隙が多く、先手からのパンチを浴びてしまいます。

よって、A図で後手は攻めることができません。代案としては、A図から△2二銀と上がる手が考えられますが、それには▲6六角と角を設置して次の▲8四歩や▲2三歩を狙えば、先手が主導権を握った戦いを展開することができました。

本譜の▲6六角は、△3五角▲同歩ならばA図と似たような展開になるので、それは先手不満無しです。しかし、△6六同角▲同歩△3三桂と飛車を取らなかったのが好判断で、後手がポイントを稼ぎました。(第4図)

NHK 4

後手は飛車を取るために△4四角と打ったはずなのに、そうしないようでは指し手の意味が矛盾していて変調に映るかもしれません。しかし実際はそうではなく、6六の空間を潰したことが非常に大きいのです。

仮に第4図で先手の6六の歩が6七にいると、▲6六角と打つ手が好手になります。
A図の変化でも記載しましたが、この将棋は▲6六角と据えるのが急所です。ここに角を打つことができれば、▲2五桂や▲8四歩など、攻め筋が豊富になり、手に困ることはありません。

ところが、第4図ではご覧の通り▲6六角を打つことができないので、先手は攻撃態勢を上手く組み立てることができなくなってしまいました。悠長なことをしていると△2八角から香を取られてしまうので、糸谷八段は▲2八歩と辛抱しましたが、ここに歩を使ってくれれば、先手の攻撃力が下がるので後手は安心です。攻め潰される心配が無くなったので、郷田九段は△8四飛▲7七桂△5二玉とゆっくり自陣の整備に着手することができました。(第5図)

NHK 5

先手は攻め筋を作るために、▲9六歩△7二金▲1六歩△6二銀▲9五歩と両端の歩を突いていきます。将来、▲5六角と打って端を狙う手を視野に入れています。ただ、当然ながら後手が指をくわえてその攻めを待ってくれる訳がありません。

中住まいが完成したので、郷田九段は△2七歩といよいよ先手陣に攻撃を開始します。このように、駒組みが完了するまでは戦いを起こさないようにし、自陣が万全の状態になったら一転して強気に戦うのが将棋の鉄則です。(第6図)

NHK 6

▲2七同歩は△2八角と打たれて香損確定。仕方がないので本譜は▲2七同銀と取りましたが、△3四歩が厳しい打診です。飛車が5五や7五に逃げると△6四角と打たれるので▲6五飛と逃げましたが、△7六角が飛金両取りで、綺麗に技が掛かりました。(第7図)

NHK 7

何はともあれ、先手は金取りを防がなければいけません。形は▲3八銀ですが、△6五角~△3五歩と桂頭を狙われると困ります(先手陣は△7六桂の傷があるので、桂を渡すとダメージが深い)。

また▲3九金は△8八飛成▲同金△6七銀でいきなり寄ってしまいますし、▲6七角は△6五角~△2九飛と打ち込まれてしまいます。本譜は▲3八角と辛抱しましたが、△8七歩が卒のない利かしです。▲7九銀はやむを得ないですが、△6五角▲同歩△8九飛で後手は効果的な場所に飛車を打つことができました。(第8図)

NHK 8

△8九飛は香取りと△8八歩成を狙っています。糸谷八段は▲8五歩△7四飛▲9七香とそれを受けましたが、△7六飛浮いた手が激痛で、郷田九段の攻めが刺さりました。(第9図)


NHK 9
ぼんやりした飛車浮きですが、次に△6六飛▲5八玉△8八歩成▲同銀△6九飛上成や△8六飛~△8八歩成が狙いで、非常に受けづらい攻めです。

基本的に、将棋で受けが無いときは攻め合いに出るしか対処法が無いのですが、第9図では青枠で囲った部分の駒が眠っており、攻め合いの態勢が整っていません。糸谷八段は泣く泣く▲9八角△9九飛成▲8七角と虎の子の角を手放して歩を払いましたが、△6六飛▲5八玉△9七竜と平凡に香を取って後手が大優勢です。以下、▲8八銀△9五竜▲9六歩△9四竜▲9七銀と先手は竜を追い払って再起を図ろうとしますが、△2六歩▲1八銀△3五歩が急所の一撃でした。どんなときでも桂頭や角頭は確実に弱点の一つです。

(第10図)

NHK 10
無条件で3筋の歩を取り込まれる訳にはいかないので、▲3五同歩と応じましたが、△2四竜▲4八金△3五竜で桂頭を守ることが難しくなりました。糸谷八段は▲6七金と飛車を責めて綾を求めますが、構わず△6七同飛成▲同玉△3六歩と踏み込んで後手勝勢です。次の△3七歩成が分かっていても受からないですね。(第11図)

NHK 11

糸谷八段はここからも懸命に粘りますが、郷田九段は着実な指し手を積み重ねて勝利に近づいていきます。十数手後の局面が第12図になります。

NHK 12

後はどのように仕上げるかですね。本譜は△5四香と打って、△5六竜を狙いました。先手は▲5七金と受けましたが△3九角が止めの一着。寄せの急所は敵玉付近の金を狙うことです。

糸谷八段は▲6四歩と突きましたが、これは形作り。△5七角成▲同玉△5六竜と進んだ局面で、糸谷八段の投了となりました。(第13図)

NHK 13

第13図では▲6八玉と逃げるよりありませんが、△5八竜▲7九玉△8八金までの詰みです。

 

【本局の総括】 

・第3図の局面が大事で、△4四角に▲7七桂なら先手まずまず。・▲6六歩を突かせて、中住まいに整形したのが好着想で、後手の陣形が引き締まった。

・△2七歩が機敏な一手。これで先手は痺れた。

・中終盤は後手が一方的に攻める展開で、先手を圧倒。郷田九段の快勝だった。

それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA