最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

第67回NHK杯1回戦解説記 森下卓九段VS豊島将之八段 ~前編~

今週は森下卓九段と豊島将之八段の対戦でした。

先手番の森下九段は、将棋界で一、二を争うほどの受け将棋で、矢倉を得意にしています。

後手番の豊島八段は、居飛車党で手厚い陣形を好む将棋という印象です。
ネット上では「きゅん」というあだ名がついているそうですが、関西の若手棋士は「とよぴー」と呼んでいたことが多かったように思います。

ちなみに、某棋士によると「とよぴー」というあだ名を付けられた人は二人目だそうで、「初代とよぴー」はダジャレで有名なあの棋士だそうです笑

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯1回戦第10局
2017年6月4日放映

 

先手 森下 卓  九段
後手 豊島 将之 八段

 

初手から▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀と進み、戦型は矢倉になりました。(青字は本譜の指し手)
そして第1図のように進みます。
NHK 1

先手が▲3五歩と突いた局面です。代えて、▲6六歩なら穏やかに組み合う進行が予想されました。

玉を矢倉に入場するには、どこかで7九にいる角を動かす必要があります。第1図の▲3五歩は、歩交換を角の移動を同時に実現しようという狙いで、なかなか欲張りな一手です。

後手は素直に△3五同歩と応じると、先手の言い分を通してしまい、面白くありません。従って、豊島八段は△6四角▲1八飛△4四歩と歩を取らずに駒組みを進めます。△6四角が好位置なので、先手は▲6六歩△7四歩▲6五歩△4二角▲3四歩△同銀▲3八飛と角を追い払い、飛車の働きを良くします。基本的に▲4六角(△6四角)は良いポジションなので、互いにそれを許さないように駒組みを進めています。

▲3八飛以下は、△4三銀▲4六角△7三銀▲5七銀と進みました。(第2図)
NHK 2

小競り合いの末、先手は▲4六角型を作ることができました。これから▲6六銀右~▲6七金と手厚い陣形を作ることができれば作戦勝ちが見えてきます。

後手はそれを指をくわえて見ているわけにはいきません。豊島八段は△6四歩▲同歩△同角と相手の理想型を阻止します。

その局面は▲3三歩と叩く手がありますが、△2二金と辛抱されて後続手がないのでしょうね。まだ先手は攻めの態勢が整っていないので、ここで攻めるのは時期尚早です。(A図)
NHK A
という訳で、森下九段は自重して▲7九玉から玉を囲います。以下△3一玉▲1六歩△4二金右▲1五歩△8五歩▲8八玉△9四歩▲9六歩と互いに陣形を整えました。(第3図)

NHK 3

ずっと角がぶつかった状態であることが気になりますよね。ただ、これはお互いに手を出しにくいところで、▲6四角と取ると後手の銀が手順に前進しますし、△4六角と取ると▲4六同歩~▲4五歩の攻め筋が発生します。つまり、先に角を取った方が損をするので、ずっと角がぶつかったまま駒組みが進んでいるのです。

第3図で後手が何を指すのかは難しいところですが、△3四歩と打って、先手の飛車の利きを緩和しておく手は考えられます。ただ、▲5九金が嫌らしい揺さぶりです。(B図)
NHK B

見た目は奇異ですが、次に▲6八飛と回ろうとしています。飛車を転換されると後手はせっかく交換した持ち歩を手放さなくてはいけないので、大いに不満です。B図は先手がまずまずでしょう。

それを踏まえて、豊島八段は第3図から△3六歩と垂らしました。▲同飛には△4六角~△4九角で馬を作ることができます。歩を垂らしておくことで、B図の筋を牽制した意図だとは思うのですが、それでも森下九段は▲5九金と引きました。強情な手ですが、▲6八飛を見せて後手を焦らすのが良い判断でした。

豊島八段は△4六角▲同歩△6四銀と指しましたが、前述したとおり、自分から角を取るのは損な手なので、これは仕方なく指した手だったと思います。なお、△6四銀で△4七角と打ちこむのは▲6八飛△6四歩▲3八歩のときに角が狭く、あまり効果的ではありません。(C図)
NHK C

本譜は△6四銀に▲4五歩が気分の良い突き出しです。(第4図)
NHK 4

放置する訳にもいかないので、豊島八段は△4五同歩と応じますが、▲4四歩△5二銀▲3六飛△3三歩▲6五歩△5三銀▲3七桂と先手にとって快調な手順が続きます。(第5図)
NHK 5

第5図の局面は駒の損得はありませんが、4四の拠点と先手だけ攻めの桂を活用できている点から、駒の効率には差がついています。よって、この局面は先手良しです。

さて、苦しい局面に陥ってしまった豊島八段は巻き返すことができるのでしょうか?

では続きは後編で。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA