最新戦法の事情【9月~10月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

第67回NHK杯1回戦解説記 髙見泰地五段VS糸谷哲郎八段 ~前編~

久しぶりの更新です。ここ最近はブログを書く元気がなかったのでサボって休んでいました。

世間では藤井聡太四段が連勝記録を更新したり、HUNTER×HUNTERが再開されたりなどいろいろことがありましたが、私はマイペースにお気ままにブログを続けていこうと思っています。とりあえず、冨樫先生のような大胆な休載はしないように頑張ります笑

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯1回戦第13局
2017年6月25日放映

 

先手 高見 泰地 五段
後手 糸谷 哲郎 八段

 

初手から▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩(青字は本譜の指し手)と進み、第1図のようになりました。

NHK 1

高見五段は居飛車党で、先手番のときには矢倉を多用します。本局もそれを採用しました。

糸谷八段といえば、一手損角換わりのスペシャリストとして名高いですが、今年に入ってからは2手目に△8四歩と突き、居飛車の力戦系に誘導する将棋を多く指されている印象があります。第1図の局面も、既に定跡書に載っているような序盤ではありませんね。

糸谷八段は△3三角と飛車先の歩交換を受けずに△7四歩と突き、▲2四歩△同歩▲同飛△7三銀と上がって足早に攻めの形を作りに行きます。以下▲2八飛△2三歩と進みました。(第2図)

NHK 2

何気ない序盤に見えますが、実はもう先手は矢倉を作ることができません。仮に第2図から▲7八金△8五歩▲5八金と矢倉に組もうとすると、△6四銀▲6六歩△7五歩と仕掛けられて受けが間に合っていません。(A図)

NHK A

次に△7六歩と取り込まれてしまうと形が乱れてしまうので、▲7五同歩△同銀▲6七金右と応じるくらいですが、後手はいつでも△8六歩から銀交換する権利を得ることができます。A図は先手が不利ではありませんが、一般的に攻めの銀と守りの銀の交換は攻め側が得な取引なので、わざわざ好んで選ぶ進行ではないと考えられます。

よって、高見五段は第2図から▲3八銀△6四銀▲2七銀と自分も銀を繰り出し、攻め合う方針を選びます。以下、数手進んだ局面が第3図です。

NHK 3

後手が△7五歩から仕掛けて、銀を進出したところです。先手も同様に銀を前進させ、攻めの形を作らなければいけません。ここで中途半端に受けに回っては、当初の方針と矛盾してしまいます。

高見五段は▲4五銀と指しました。次は▲3四銀が狙いです。ただ、なぜ▲2五銀ではないのだろうと疑問を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
▲4五銀と指した理由は、状況によっては▲5六銀と引いて受けに使うことができるからです。攻め一辺倒の駒よりも、攻防兼備の駒の方が価値が高いのは言うまでもないことですよね。

▲2五銀と上がる方が敵陣を攻めやすそうですが、▲4五銀と中央へ活用する方が本筋であることを認識して頂きたいです。

▲4五銀以下、△8六歩▲同銀△同銀▲同歩△8八角成▲同金△2二銀と進みました。(第4図)

NHK 4

後手は早繰り銀を捌いて、当初の目的は達成しましたが、▲3四銀を防がなければいけません。そのために角を交換して△2二銀と上がりました。直接的にそれを受けた訳ではありませんが、▲3四銀に△3六歩から飛車のコビン攻めを見せることで、銀の進出を牽制している意味があります。

第4図では有力な手が多く、棋風が現れるところです。受けを重視するなら、▲7七金や▲7五銀が考えられます。しかし、後手は次に△3三銀と上がる手が壁銀を解消する味の良い手なので、それを許さないために攻めを選びたいところです。例えば、シンプルに▲4六角と打ち、△7三歩には▲7四歩。△6四銀には▲7五銀と攻める手は有力でした。

本譜は▲7三歩と垂れ歩を打ちました。不思議な一手に見えますね。これは、次に▲7四角~▲8三銀という攻めを狙っており、そのときに▲7二歩成とと金を作れるようにしています。△同桂には一回、▲4六角を打って5七の地点を強化してから▲7四歩と打てば先手良しです。

ただ、▲7三歩はすぐにと金が作れる手ではないので、緩手になるおそれもあります。糸谷八段は△7五角と打って、咎めに行きました。(第5図)
NHK 5

次に△5七角成と△8六角を狙っています。▲5八金と上がるのは自然に見えるようですが最悪で、△8六角と王手で出られた後に、角を捨てて8八の金を素抜く筋を受けることができません。

また、先手は持ち駒の角や銀を使ってしまうと、先述の攻め筋が消えてしまい、▲7三歩が無意味な手になってしまいます。したがって、盤上の駒で受けないといけない訳ですね。

制約が多く、受けるのは簡単ではなさそうですが、高見五段は巧みにこの危機を抜け出します。▲5八玉と上がったのが一石二鳥の好手でした。糸谷八段は△8六角と出ますが、玉を上がった効果で王手ではありません。よって、▲8七歩と受ける余裕が生まれました。△6四角は止む無き撤退ですが、▲7四角△5二銀▲8三
と進み、高見五段は後手の飛車を抑え込むことに成功しました。(第6図)

NHK 6

第6図では△6二飛と逃げるよりないですが、飛車の活用が見込めないので辛い形です。その上、6筋が壁になったのも懸念材料ですね。

高見五段は▲5六角と引き、今度は2筋の突破を狙います。6筋に壁を作らせたので、盤上の右側から攻めると相手は逃げ道が狭いので効率が良いですね。壁駒には働きかけないようにするのが肝要です。

先手は▲3四銀~▲2三銀成を狙っているのですが、なんと糸谷八段は△3三桂と跳ねて攻めを呼び込みます。以下▲3四銀△3六歩▲3八金△5四歩と進みました。(第7図)

NHK 7

△5四歩は自陣に角を利かしつつ、△5五歩から角を追い払う手を見せて相手の攻めを催促しています。しかし、先手の狙いである▲2三銀成は受けていません。果たして大丈夫なのでしょうか。

最後に形勢判断をして、前編を終わりにしたいと思います。

玉型は後手の方が金銀が多いものの、先手陣は相手の攻め駒が向かって来ていないので脅威がありません。よって、先手玉の方が安全です。

駒の損得は無し。厳密には先手の一歩得ですが、互角と判断して問題ないでしょう。

駒の効率は飛車の働きに差があるので先手良し。

まとめると、攻め駒が効率良く働いている先手が優勢と言えると思います。

高見五段はこの優位を勝利に結びつけることができるでしょうか。

ではでは、後編に続きます。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA