最新戦法の事情【9月号・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

第67回NHK杯1回戦解説記 松尾歩八段VS斎藤慎太郎七段 ~後編~

前回の続きです。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯1回戦第15局
2017年7月9日放映

 

先手 松尾  歩  八段
後手 斎藤 慎太郎 七段

 

第6図は後手が二歩損している上に、金銀の連結が悪い形で受けに回らされています。思わしくない戦況ですが、最善を尽くせばまだまだ頑張れる局面です。

まず、△4六桂と王手飛車取りの筋を狙う手が考えられますが、▲6九玉△3八桂成▲同金と銀桂交換を甘受されると後続がありません。(A図)

A

A図から△2四銀打と指せば飛車は取れますが、▲4三桂△2二玉▲5一桂成△3三歩▲2四飛△同銀▲4一銀で攻めが続くので先手良しです。△4六桂を打ったところで、後手は先手の狙い筋を消せた訳ではないので、一時力に終わってしまいます。

本譜は△4三桂(青字は本譜の指し手)と辛抱しました。あまり気の進まない手ではありますが、▲4三桂を喫しては勝ち目が無いと判断した一手です。桂馬を手放すと△4六桂の筋が無くなり辛いのですが、こういった我慢する手を指せるのが斎藤七段の強さかなと思います。実戦ではこのような手を指すのは、なかなか抵抗があるものですから。

△4三桂に対して松尾八段は▲4五桂と強引に突破を狙います。△4二銀は▲3三歩△2二金▲2三歩△2一金▲3二歩成△同金▲3三歩が痛烈なので、△同歩と取るより無いですが、▲1一角成と香を取りつつ馬を作ることができました。(第7図)

NHK 7

後手は再び桂を入手したことで△4六桂の筋が復活しています。斎藤七段は△2五角と攻防の角を放ちますが、飛車取りに構わず▲3三香が鋭い一手です。△3四角と飛車を取るのは止むを得ないですが、▲3二香成△同玉▲3三金△4一玉▲3四金と駒得を拡大して先手優勢です。なお、▲3二香成に△同飛は▲3三歩がありますね。(第8図)

NHK 8

次に▲4三金と桂を取られてはいけないので斎藤七段は△4二金と受けましたが、▲2一馬△5二玉▲1六角と先手の好調な攻めが続きます。後手は▲4三金と▲3五金を同時に防ぐことができません。適切な受けが無くなった斎藤七段は、△3七歩と打って開き直りました。(第9図)

NHK 9

松尾八段は▲4三金△6三玉を決めた後、▲3七銀と手を戻しました。ただ、ここは▲3七金の方が勝ったかもしれません。なぜなら、本譜は△2九飛を打たせてしまったからです。馬取りなので▲3一馬は妥当ですが、「銀をよこせ」と△3六香と打たれた局面は、後手にも楽しみが出てきました。(第10図)

NHK 10

松尾八段は△6九銀の詰み筋を消すために▲5九銀と引きましたが、△3七香成▲同金△2五桂が角道を止めながら先手陣に迫る攻防手です。以下、▲4二金△同飛と進みました。(第11図)

NHK 11

第11図では、何はともあれ▲3八金と引いて自玉の安全度を高めておけば、先手が優位を維持していました。以下△4九銀▲6八玉△3八銀成には▲同角△1九飛成▲2九歩としっかり受けておけば先手玉は安泰です。自玉を簡単に寄せられない状態にしてから▲6五桂打を狙えば先手が勝っていた公算は大きかったでしょう。

しかし、松尾八段は単に▲6五桂打と指してしまいました。確かに、攻めるならこの手が最速なのですが、斎藤七段は狙っていました。△4八金が勝ちを決める捨て駒です。以下▲同玉△3七桂成にて斎藤七段の勝ちとなりました。(投了図)

NHK なげっと

投了図から▲3七同玉は△3九飛成以下詰み。▲5八玉は△4八金▲同銀△6九銀▲6八玉△7八銀成▲同玉△7九金以下の詰みです。最後は松尾八段の頓死だったようです。

本局は松尾八段がずっと形勢を有利に進めていましたが、最後の一瞬だけ上手の手から水が漏れてしまいました。最後まで勝負を諦めない斎藤七段のしぶとさが光りましたね。

それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA