最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

第67回NHK杯1回戦解説記 中村太地六段VS山崎隆之八段 ~前編~

今週は中村太地六段と山崎隆之八段の対戦でした。

中村六段は元来は振り飛車党でしたが、棋士になって数年後には居飛車も指すようになり、今では完全な居飛車党に転身を遂げた棋士です。棋風は攻め将棋で、外見と同様に、端麗な将棋を指す印象です。

山崎八段も居飛車党で、非常に独創的な将棋を指す棋士です。「定跡型は詳しくないから、そういう将棋になってしまう」と当の本人は語っていますが、自分のやりたいように指して勝ってしまえればそれが一番ですよね。自由奔放な将棋に魅力を感じる方は多いと思います。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯1回戦第16局
2017年7月16日放映

 

先手 中村 太地 王座
後手 山崎 隆之 八段

初手から▲2六歩△3二金▲7六歩△8四歩▲2五歩△6二銀(青字は本譜の指し手)と進みました。(第1図)
NHK 1
△6二銀に代えて△8五歩▲7七角△3四歩なら角換わりでしたが、これだと角換わりにはなりません。早くも定跡型を離れ、構想力を問われる将棋になりました。

第1図から10手後の局面が第2図です。
NHK 2
山崎八段は早繰り銀を選択しました。1回戦第11局の▲谷川ー△阿部戦や、1回戦第13局の▲高見ー△糸谷戦もそうでしたが、敢えて2筋の歩を交換させて、その間に早繰り銀を作るのが最近のトレンドです。飛車先の歩交換を優先すると陣形の整備が遅れてしまうので、その隙を突いてどんどん攻めて行こうという腹積もりです。

先手は矢倉のような上部が手厚い形を作って、早繰り銀を向かい打てれば理想です。しかし、▲2八飛△2三歩▲5八金△8五歩▲6六歩△7五歩となると受けが一手間に合っていないですね。これは2筋の歩交換をしたデメリットが露骨に表れています。(A図)

NHK A
よって、中村六段は第2図から▲3八銀△7三桂▲5八玉と中住まいに組みました。囲いは簡単に済ませて、急戦調の将棋に持ち込もうとしています。(第3図)

NHK 3
対する山崎八段は、△4四歩▲3六歩△5四歩▲3七桂△5五歩と角道を二重に止めて、戦いが起こらないように局面を緩やかにしました。(第4図)

NHK 4
具体的に仕掛ける場所が見当たらないので、互いに陣形整備を進めることになります。長手数で恐縮ですが、第4図から▲4六歩△4二銀▲4七銀△4三銀▲6八角△2三歩▲2九飛△4一玉▲7七銀△9四歩▲9六歩△5二金▲6九玉△1四歩▲6六歩と進みました。(第5図)

NHK 5

後手は早繰り銀から速攻を狙っていたはずでしたし、先手は急戦に備えて中住まいに組んでいました。しかし、第5図の局面は持久戦になっていて局面の性質が大いに変化しています。なぜこのような状況になったのでしょうか?それは、第2図~第5図の間で両者はこのような会話をしているからです。

山崎→歩交換させてあげる替わりに、先攻するよ。
中村→それは困るな。攻め合いにできるよう、急戦でいくよ。
山崎→持久戦にしづらくなったな。じゃあ、じっくり雁木に組んでおくよ。
中村→それなら、こっちも矢倉に組み直すよ。
山崎→わざわざ手損してくれるなら、別にいいかな。
という感じです。第5図の局面は、持ち歩VS手得という構図で、互いに主張があり互角の序盤だと思います。

第5図から△7二飛▲5八金△△3一角▲6七金右と進みました。(第6図)

NHK 6
先手は金矢倉を完成させ、後手よりも堅い囲いを作ることができました。あとは攻めの形をどうするかです。

反対に、後手は攻めの形は完成していますが、囲いが悩ましいところです。△4二角~△3一玉~△2二玉と深く囲う手はありますが、▲5六歩から角の働きを良くされる余裕を与えたり、1筋からの端攻めに近づいたりするので損得が微妙です。山崎八段は△7五歩▲同歩△8五桂と仕掛けに踏み切りしました。以下▲7六銀△9五歩▲同歩△7五銀▲同銀△同飛と進みます。(第7図)

NHK 7

銀を捌いて後手が好調のようですが、先手は玉が囲いの外側にいるのでかえって受けやすい意味があります。

中村六段は▲8六歩と強く催促しました。玉が端攻めから遠い位置にいることを活かしています。後手は桂損する訳にはいかないので△7七歩と打ちましたが、▲同桂△同桂成▲同金直と応じて先手陣はびくともしません。後続手が無い後手は△7一飛と引きますが、▲7六歩と飛車の利きを止めて後手の仕掛けに無理攻めの烙印を押しました。(第8図)

NHK 8
第8図の局面は、後手の二歩損が痛く、先手有利と言える局面です。
先手はこの後▲5八玉と陣形を整えたり、▲9四歩で9筋を逆襲するなど、楽しみが多く、長引けばどんどん差を広げることができます。

山崎八段はこの忙しい戦況を打破することができるのでしょうか。

それでは、続きは後編
で。ご愛読ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA