最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

~矢倉崩しの手筋が炸裂~ 第67回NHK杯解説記 豊島将之八段VS木村一基九段

今週は豊島将之八段と木村一基九段の対戦でした。

豊島八段は居飛車党で、ミスが少なく、安定感の高い将棋を指される印象です。棋風はどちらかと言えば攻め将棋でしょうか。
一回戦では森下卓九段と戦い、矢倉の力戦型を制して勝ち上がりました。

木村九段は居飛車党で、強靭な受けが持ち味の棋風です。また、解説や感想戦でのトークがとてもユニークですね。
一回戦では川上猛六段と戦い、ひたすら相手の攻めを催促し、最後は入玉を成功させて二回戦に勝ち進みました。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯2回戦第6局
2017年9月10日放映

 

先手 豊島 将之 八段
後手 木村 一基 九段

 

初手から▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲7七角(青字は本譜の指し手)と進み、第1図のようになりました。

NHK 1

戦型は角換わり腰掛け銀ですね。お二方とも序盤は奇をてらうようなことはしないので、このような定跡を辿る進行になったのは頷けます。ただ、▲5八金・△5二金型なのがちょっとレトロではありますね。最近では珍しいです。

以降も、淡々と駒組みが進み、第2図のようになりました。

NHK 2

先手が▲2五歩と突いたところです。

後手が攻めの姿勢を見せるなら△7三桂が自然ですが、それには▲4五歩△同歩▲同桂△4四銀▲7五歩という仕掛けがあります。膨大な変化があるので詳細は省きますが、その形でこの仕掛けが決行できれば先手良しという風潮があり、後手が避ける傾向にあります。

よって、木村九段は△4二金右で玉を固めて受けに回る作戦を選びました。以下、▲4七金△4三金直▲4八金△2二玉▲2九飛△3一玉▲8八玉△2二玉と待機に徹します。後手は自分からは動けないのでカウンター狙いですね。(第3図)

NHK 3

後手が手待ちを繰り返している間に、豊島八段は▲4八金・▲2九飛型に組み変えて着々と打開の準備を進めます。

実を言うと第3図の局面は、当ブログで執筆しているこの記事の第2図とそっくりです。ただ、一つだけ違うところがあり、手番が逆になっていますね。なぜこのような結果になったのかというと、金の動きで手損したので、手数がズレてしまったからです。

第3図では、後手は既に指したい手が無く、駒組みが完成しています(だから△3一玉⇔△2二玉を繰り返している)。先手としてはその点を逆手に取りたいところです。理想を言えば、ここで一手パスをして、後手にマイナスの手を指させてから仕掛けることができれば万々歳です。

しかし、具体的にどうやって一手パスするかとなると、これがなかなか難しい。例えば▲2六飛→▲2七飛→▲2九飛でパスしようとすると、▲2六飛のときに、△7五歩▲同歩△6五歩▲同歩△9五歩▲同歩△7三桂で強行される順があります。(A図)

NHK A

これは▲6九飛の応援が消えた弱点を突かれた格好ですね。つまり、先手は隙を見せずにパスをすることを要求されているので簡単ではないのです。

豊島八段は▲6九飛と回って後手陣を揺さぶりますが、△6二飛のときにまた指す手が悩ましいところです。▲5九飛と途中下車すれば手番は渡せそうですが、△7三桂▲2九飛△6五歩で動かれる恐れがあります。(B図)

NHK B

後手は▲5一角の傷があるのでA図よりは攻める条件が悪いのですが、先攻できているので選ぶ価値はありそうな変化です。

妙な手待ちをすると後手から仕掛けられる危険性が高いと見て、豊島八段は▲2九飛と局面を戻しました。後手は千日手歓迎なので、木村八段も△8二飛と戻ります。以下▲1八香△1二香と進みました。(第4図)

NHK 4

先手の最大の理想は第3図から一手パスすることだったので、▲1八香はやや妥協した意味はあります。ただ、これで確実に手番を渡すことができました。

最善型を崩したくない後手は、△1二香でパスをします。なお、これ以外の手待ちについては、こちらの記事で詳しく解説してます。宜しければご覧ください。

さて。ここで▲1七香と上がればもう一回パスできますが、流石に悪影響を及ぼしそうなので実戦的には指しにくい。という訳で、遂に豊島八段は仕掛けに踏み切ります。第4図から▲4五歩△同歩▲同銀と動きました。なお、▲4五同銀では▲同桂も有力で、ここは好みでしょうね。以下、△4五同銀▲同桂△4四銀▲4六歩△5四角と進みました。(第5図)

NHK 5

先手は仕掛けることで銀と桂を捌くことができましたが、後手が放った△5四角が味の良い一手で形勢は難解です。攻めては△7五歩を狙い、受けては▲6三角の打ち込みを防いでいます。

自陣の安全を重視するのなら、▲6七銀と守っておく手が堅実ですが、△3三桂と跳ねられる手が厄介な一手です。4五の桂が盤上から消えると△3六角が残ってしまい、先手は攻めの継続が難しくなってしまいます。

したがって、豊島八段は第5図から▲4一角と打って攻めの姿勢を貫きました。△5二銀と打たれると拿捕されてしまいますが、それには▲1一銀△3一玉▲3二角成△同玉▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2二金から強引に飛車を成り込んで先手優勢です。

ただ、▲4一角は後手玉へのプレッシャーにはなっているものの、放置されるとそこまで厳しい狙いはありません。すなわち、後手にとっては反撃の好機です。木村九段は△7五歩▲同歩△7六歩▲6八銀△4五銀▲同歩△8六桂と怒涛の勢いで先手玉へ襲い掛かりました。(第6図)

NHK 6

先手にとって、取るのも放置するのも始末が悪い桂打ちですね。この手に対する応手はケースバイケースなので絶対的な正解は存在しないのですが、基本的には取る手が最強です。理由は、受けが成功すれば桂得という実利が残るからです。本譜も▲8六同歩と応じました。

ちなみに、7八の金を逃げる手が正解になることはほぼ皆無なので切り捨ててしまって問題無いでしょう。なぜなら、ここで逃げてしまうと自玉の危険度が上がり、なおかつその桂を二度と取れなくなってしまう可能性が高すぎるからです。

▲8六同歩以下、△同歩▲8五歩と豊島八段は角の利きを使って後手の攻めを緩和させます。(第7図)

NHK 7

ここで形勢判断をしてみましょう。

玉型は後手の方が勝ります。金銀の数は同じですが、二枚の垂れ歩の分だけ先手玉の方が危険です。ただし、先手は右辺へ逃げ込む含みがあり、青い丸で囲った部分が意外に安全なので広さという武器はあります。

駒の損得は先手が銀得ですね。

駒の効率は、先手は遊び駒がありません。対して後手は8一の桂が眠っていますが、二枚の垂れ歩が存分に働いており、それを補っていると言えます。よって、効率は互角と判断したいです。

話をまとめると、先手の駒得VS後手の玉型の堅さという構図で、互いに主張がありバランスが取れている印象です。

手番を握った後手はどう指すかですが、一番指し手はいけない手は△8七銀です。こういった手は気分が良いので魅力的ですが、ここで銀を打ちこんでしまうと大切な拠点が消えてしまうので感心しません。

第7図では△3三金寄と指して、玉型の堅さをより強調させる手が良かったと思います。玉頭を強化しながら△4二飛~△4五角という攻め筋を作っているので、かなり価値の高い一手だったと思います。

本譜は△9三桂と跳ねました。遊んでいる桂を活用した意味ですが、これは緩手でした。この手は次に△8五桂を指すことで、はじめて威力を発揮する手です。こういった二手一組の手は一手目を指した瞬間が危険で、先手としてはここで流れを激化させ、△8五桂が間に合わない局面にしてしまえば△9三桂の一手を無効化することができます。豊島八段はそういった展開を狙って▲2四桂と打ち込みました。(第8図)

NHK 8

今度は後手がこの桂打ちに悩む番ですね。考えられる手段は、「逃げる」「放置」「取る」の三択です。

まず△3三金上で「逃げる」手には▲3二銀と絡みつきます。後手は狙い通り△8五桂と跳ねますが、
▲3一銀打△1一玉▲7九玉で先手勝勢です。(C図)

NHK C

後手は受けが利かない格好なので△8七歩成くらいですが、これは詰めろにならないので▲2三銀成で先手勝ちです。

前述したように、▲2四桂に対して金を「逃げる」と玉型が著しく弱くなるので、普通はダメとしたものです。

「放置」して△3三金寄は考えられましたが、ここで金を寄るのであれば、桂を打たれる前に寄っておけという理屈になります。実戦心理としては選べないと思います。

よって、木村九段は△2四同歩と「取る」手を選びましたが、▲2三銀と放り込んだのがスピード感あふれる寄せでした。(第9図)

NHK 9

△同金と取るより無いですが、▲2四歩が当然ながら厳しい取り込みです。以下△3一玉▲3二銀△4二玉▲2三歩成で豊島八段はあっという間に後手の囲いを崩壊させました。(第10図)

NHK 10

後手は自陣の修繕が不可能になってしまいましたが、まだ自玉が詰めろにはなっていません。木村九段としては、それが一縷の望みです。

ここで△8五桂が利けば後手にも勝機がありますが、残念ながら詰めろでは無いので、▲7四角成で一手負けです。本譜は△8七銀▲同金△同歩成▲同玉△8五桂と攻めました。先手玉を8七に呼び寄せておけば、次に△7七歩成からの詰めろになります。しかし、相手に銀を渡してしまったので、ある問題が生じてしまいました。

豊島八段は自玉を受けずに▲4三銀成△同角▲3二とと敵玉に向かって駒を進めます。そう、後手玉は詰んでいるのです。(第11図)

NHK 11

ここで△5一玉は▲5二金が好手です。△同角は▲4二と△同玉▲2二飛成以下詰み。▲5二金に△同飛は▲同角成△同角▲4二金から角を取って追い詰めです。

木村九段は△3二同角と応じましたが、▲同角成△同玉▲4一銀が飛車先を重くしない王手で、やはり後手玉は詰みを免れることができません。(第12図)

NHK 12

本譜は△4三玉と逃げましたが、▲4四金△4二玉▲2二飛成△4一玉▲6三角で木村九段の投了となりました。▲6三角に逃げても合い駒をしても頭金を打てば詰みですね。

第12図では△4一同玉と応じる方が詰ましにくいですが、▲2一飛成△3一桂▲7四角で明快な詰み筋に入ります。(D図)

NHK D

△4二玉には▲4一金~▲4四金。△5一玉には▲3一竜~▲6三金で簡単です。△5二銀が最も手数が掛かりますが、▲3二金△5一玉▲3一竜△4一歩▲5二角成△同玉▲4一竜以下即詰みです。

【本局の総括】

・序盤は先手だけ攻める権利を持っており、先手が勝ちやすい作りの将棋と言える。

・第5図の△5四角が攻防に働く角打ちで、後手も反撃の楽しみが出てきた。

・△8六桂と打ち込んで先手玉に迫った第6図の局面は、後手も悪くない。しかし、その後△3三金寄と自陣を手入れしなかったことで、先手の強襲を食らってしまった。

・▲2四桂~▲2三銀が鋭い攻めで、豊島八段が一気に寄り倒した。最後も長手数の詰みを見事に決め、正確無比な終盤力を見せつけた。


それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA