最新戦法の事情【2月号・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

第67回NHK杯1回戦解説記 青嶋未来五段VS八代弥六段 ~前編~

今週は青嶋未来五段と八代弥六段の対戦でした。

先手番の青嶋五段は、ほぼ全ての戦型を指しこなすことができるオールラウンダーで、手厚い陣形を好む棋風だと思います。また、三段リーグに在籍していたときは四間飛車穴熊を愛用していた印象が強いですね。

後手番の八代六段は、居飛車党で矢倉のようなじっくりとした将棋を得意としている印象です。奨励会時代、順位戦の記録係が終わった後に、彼とたまたま会話を交わしたことがあったのですが、飄々と面白いことを仰るので楽しい人だなと思った記憶があります。ただ、いわゆる深夜のテンションだっただけなのかもしれないのですが笑

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯1回戦第12局
2017年6月18日放映

 

先手 青嶋 未来 五段
後手 八代 弥  六段

 

初手から▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛と進み、第1図の局面になりました。(青字は本譜の指し手)
NHK1

後手は三間飛車ですが先手は形を決めておらず、相振り飛車と対抗型のどちらも選べる駒組みを行なっています。

八代六段は第1図から△7二銀と上がりました。これは相振り飛車を想定した手です。…..と言われてもあまりピンとこないですよね。もう少し具体的に説明します。

先に△7二銀と上がることで、後手は下図の囲いを作ろうとしています。

NHK A

要するに△7一玉型の美濃囲いですね。この形は4手という短手数で作れる上に耐久力が高いので、(相振り飛車では)非常に性能の良い囲いです。また、高美濃や矢倉に変化できる発展性もあるので、持久戦にも対応できます。

通常、美濃囲いは△8二玉と上がっている方が良いとしたものですが、相振り飛車の場合、相手は縦から攻めてくるので玉が下にいる方が攻めを緩和していることが多く、△8二玉型がマイナスになることも珍しくありません。同じ美濃囲いでも似て非なるものなのです。

という訳で、相手が相振り飛車を望んでいる以上、それを避けるのは至極当然ですね。青嶋五段は▲4八銀と上がり、居飛車で戦うことを表明します。

以下、互いに駒組みを進め、第2図の局面になりました。

NHK 2

まだまだ駒組みの途中かと思いましたが、八代六段は△5五歩とジャブを放ちました。先手は飛車の活用のメドが立っていないので、その隙にポイントを重ねようという意図が感じ取れます。

対して▲5五同歩△同角▲5六歩と指せば無難ではありますが、相手にだけ5筋に歩を使える環境にしてしまうのであまり選びたくない手順です。すぐには問題がなくとも、中終盤でそのアドバンテージを活かされる未来が見え透いています。

よって、青嶋五段は▲2六歩と突いて、飛車の効率を上昇させます。以下△5四銀▲2五歩△3四飛▲5七銀と進みました。(第3図)

NHK 3

後手は途中、△5六歩を歩を取ることもできましたが、5六の地点で歩を交換すると、互いに5筋の歩に費やした手数が先手は1手、後手は3手となるので、先手が2手得をする計算になります。後手としては、相手から▲5五歩と歩を取ってほしいので、ずっと放置しているわけです。

第3図では△8二玉と上がって陣形整備を行う手も有力ですが、八代六段は△3六歩▲同歩△4五銀と積極的に動いていきます。3筋と5筋を同時に攻められて対応が難しそうですが、青嶋五段は動じません。▲3五歩が的確な切り返しです。△同飛には▲2四歩と突く手があります。以下△同歩▲同飛△3二金と受けても、▲2二飛成△同金▲5三角の王手飛車がありますね。(A図)

NHK A

従って、後手は▲3五歩を取れないので△5四飛と逃げましたが、▲5八飛と回って先手は後手の攻めを受け止めることに成功しました。(第4図)

NHK 4

▲5八飛では▲2六飛という受け方も考えられましたが、△4四角を気にされたのだと思います。▲5八飛なら攻めには使いにくいものの、相手から狙われる心配はありません。手堅い受け方と言えるでしょう。

後手は歩損のまま局面が収まってしまうと苦しくなるので、△4四角と上がって歩を回収できるようにしました。以下▲5五歩△同飛▲5六歩△5二飛▲6八金△8二玉と進みました。(第5図)

NHK 5

先手の▲6八金は5七の銀にヒモを付ける価値の高い一手です。後手の△8二玉も囲いの中に玉を入城させる大きな一手ですね。互いに自陣の憂いを消して、強く戦えるようにしています。

先手は飛車が攻めに使えていないので、▲2四歩△同歩▲2八飛と飛車を2筋に転換します。対して△2二飛と辛抱する手も考えられましたが、八代六段は反撃のチャンスと見て△5五歩と攻め合いに打って出ました。以下▲同歩△同角▲2四飛△2二歩と進みます。(第6図)

NHK 6

飛車を成るために▲2三歩と歩を合わす手は考えられますが、△1九角成▲2二歩成△5五馬と指されると後手の馬が手厚く、先手が喜んで選ぶ局面ではない印象です。かといって、△1九角成を防ぐために▲2八歩と打つのは▲2三歩が打てなくなってしまうので不満です。

あちらを立てればこちらが立たずといった感じでもどかしいですが、青嶋五段は巧みな手順で理想を実現させます。第6図から▲5三歩と叩いた手が好手でした。

これを△同飛と取ると、▲5六歩と打ちます。△1九角成は▲2二飛成があるので△3三角と引きますが、▲2六飛と引いた局面は先手が有利です。(B図)

NHK B

▲2八歩を打つことなく△1九角成を防げたのが先手の自慢です。次に▲3七桂や▲2三歩が残っていること、9筋の位が大きいこと、中央が手厚く攻められにくいことが先手有利の理由です。

▲5三歩が取れないので△3二飛と逃げましたが、飛車が接近したので▲2三歩を打つことができました。今度は▲2二歩成が飛車取りになるので、△1九角成と指す余裕はありません。

八代六段は止む無く、△3一金と辛抱する手を選びます。(第7図)

NHK 7

第7図で形勢判断をして、前編を終わりにしたいと思います。

玉型は先手が大いに勝ります。なぜなら、金銀の枚数が多いことと、端の位を取っているからです。

駒の損得は互角。現状は先手の一歩得ですが、大勢に影響はないでしょう。

駒の効率は先手の方が飛車の働きが良いので、やや先手に分があると見ます。

総合的に判断すると、玉型に大きな差があり、それがそのまま形勢の差になっていると考えられます。

ただし、先手には一つだけ働きの乏しい駒がありますね。青嶋五段はその駒を次の一手で動かしました。

ではでは、今回はこの辺で。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA