最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

~永世名人の矢倉を粉砕!~ 第67回NHK杯解説記 森内俊之九段VS藤井聡太四段

今週は森内俊之九段と藤井聡太四段の対戦でした。

森内九段は居飛車党で、「鉄板流」とも評される頑丈な受けが持ち味の将棋です。永世名人の資格保持者でもあり、一時代を築いた棋士の一人ですね。

藤井四段は居飛車党で、相手の得意戦法を堂々と受けて立つタイプ将棋です。先後に関係なく、先攻することを重視していることが特徴です。一回戦では千田翔太六段と戦い、辛抱強い指してから勝利を手繰り寄せました。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯2回戦第5局
2017年9月3日放映

 

先手 森内 俊之 九段
後手 藤井 聡太 四段
初手から▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀(青字は本譜の指し手)と進み、第1図のようになりました。

NHK 1

森内九段は得意の矢倉に誘導しました。対して、第1図で藤井四段が指した△7四歩がやや珍しい一手でした。この手は基本的には急戦志向の一手です。ただ、急戦と言っても米長流急戦矢倉、矢倉中飛車、早繰り銀、△5三銀右急戦などなど、様々な形がありますよね。

これらに共通していることは、必ず△7四歩を突いていることです。つまり、この局面で△5二金や△5四歩ではなく△7四歩と指した真の意図は、相手の指し手を見てから、それに適した形の急戦を選ぼうとしていることにあります。何気ない一手ですが、相手の作戦次第で自分の作戦を変えるかなりの高等戦術で、藤井四段が策を練ってきたことが窺えます。

本譜は▲6六歩と突いたので、藤井四段は△6四歩と突いて、6筋を狙う指し方を選びました。(第2図)

NHK 2

右四間飛車と呼ばれる作戦ですね。最初からこの戦法を選ぶと当然ながら相手は▲6六歩を突いてくれないので常に使える戦法ではありませんが、非常に破壊力のある攻撃的な戦法です。

さて。右四間飛車に対して先手はどのように受けるかですが、仮想図のような陣形に組むのがセオリーの一つです。(仮想図)

NHK 仮

青枠で囲った部分が右四間飛車迎撃シフトです。右四間飛車は6筋を攻める戦法なので、このように金銀をがっちり集合させることで、対抗しようとしています。また、7七に銀を配置しないことで、将来の△6五桂や△8五桂から当たりを避けていることもポイントです。

しかし、第2図から仮想図のように組むには7七に上がった銀を下がらなければいけません。序盤早々に二手損するのは流石に馬鹿馬鹿しいので森内九段は別の形を模索する方針を選びました。第2図から▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛△3一玉▲3六歩△5一金と進みます。(第3図)

NHK 3

森内九段は2筋を交換し、▲3六歩と突いて攻め味を含ませますが、具体的な攻めの手段はまだ作れていません。対して、後手には△5四銀~△8五桂~△6五歩という分かりやすい攻め筋が残っています。また、引き締まった後手陣と比較すると先手玉は囲いが未完成であることも懸念材料で、第3図の局面は後手が勝ちやすい将棋と言えるでしょう。

先手はのんびりしていると先述の攻めがやってくるので、森内九段は▲3五歩と仕掛けました。ただ、これは急ぎすぎだったようで、森内九段ご自身も「傷になってしまった」と悔やまれていました。早い3筋の突き捨ては左美濃のような上部が薄い囲いには有効ですが、カニ囲いには効果が今一つになることが多く、本局もその例に漏れない展開となりました。

第3図では▲7九角△5四銀▲4六角と角を転換し、△6五歩を牽制すれば難しかったようです。

本譜は▲3五歩以下、△同歩▲7九角△4四角▲3七銀△5四銀▲4六銀△6五歩と進みました。先手は3筋、後手は6筋を攻めていますが、その局面は▲3五銀よりも△6六歩の方が厳しく、この攻め合いは後手に分があります。したがって、森内九段は▲5七角と上がって一旦受けに回りますが、そこでじっと△3六歩と伸ばした手が好着想でした。(第4図)

NHK 4

この手は▲3五銀に対して△3七歩成▲同桂△3六歩という反撃を用意した意味です。先手は4六の銀が釘付けにされてしまい、繰り出した銀が攻めに使えなくなってしまいました。

攻めができない場合は必然的に受けることを考えることになりますが、今さら玉を囲いに近づけても△8五桂から猛攻を浴びることになりそうなので、期待値が高いとは到底思えません。

そこで森内九段は▲6五歩と受けの勝負手を放ちました。この手は△同桂と取られると駒損になってしまいますが、▲8四角と飛び出して、飛車を責めることで自玉の危険を緩和する狙いです。

以下、△7七桂成▲同金寄△6一飛▲6六歩と進み、先手は駒損ながら6筋を収めることができました。なお、△7七桂成のときに他の駒で成桂を取ると飛車を逃げてくれず、△6六歩と拠点を設置されてしまいます。(第5図)

NHK 5

第5図で後手はもう一度、攻めの形を組み立てる必要があり、中盤ではこのような局面でどう指すかが難しいのですが、基本的には攻めの銀を前進させれば概ね間違いがありません。藤井四段もそのセオリーに則った手を選びます。△3七歩成▲同銀で銀を下がらせて、△4五銀と上がりました。将来の△5六銀を狙いつつ、▲3四桂を防ぐ攻防兼備の一手ですね。

森内九段は▲7三角成と馬を作ります。ぼんやりしているようですが、このような大駒の効率を上げる手は悪手になりにくいので、価値の高い一手と言えます。以下△8八歩▲2二歩と互いに手裏剣を放ちました。2二や8八に歩を打って敵陣を乱す手筋は汎用性が高いので、身に着けておきたい技の一つですね。(第6図)

NHK 6

藤井四段は△2二同金と応じました。壁形になりますが、玉を下段に置いておく方が相手からの攻めに強いと判断した手です。先手も▲8八金と手を戻しましたが、△5七銀と上からかぶせたのが実戦的な一手でした。敵陣に迫ることで、相対的に自玉を安全にしている意味があります。(第7図)

NHK 7

個人的にはここで▲1五桂と打って攻め味を残さないと勝ち目がないのかなと思っていたのですが、やはり頭上に銀を残したまま攻めに向かうのは無謀なのでしょうね。本譜は▲7八金寄と辛抱しましたが、△3六歩が痛打。▲4八銀と引く一手ですが、△同銀不成▲同玉で先手玉を4筋に引きずらせることに成功します。そして△8八歩と叩いた手が先手玉の薄さに目を付けた一手でした。(第8図)

NHK 8

▲同金は△6六飛という大技が控えているので、この歩は取れません。△8九歩成という確実な攻めを確保されてしまった先手は受けが無くなったので攻めるよりないのですが、攻め合いはどう見ても玉型で勝る後手の土俵です。つまり、△8八歩の狙いは桂を取るというよりも、強制的に攻め合いに持ち込むことと言えます。

攻め合いが不利と分かっていても、森内九段としては、もはやそれ以外の道はありません。本譜は▲2四歩△同歩▲7二馬△5六銀▲3四桂と銀をどかせて兼ねてからの狙いであった▲3四桂を実現させましたが、馬が逸れたことを利用して△5五角と出た手が急所の一撃になりました。(第9図)

NHK 9

受けの利かない先手は▲2四飛△2三歩▲2二桂成△同玉▲3四飛と寄せに向かいますが、△3三銀が堅実な受けで、後手の一手勝ちが見えて来ました。(第10図)

NHK 10

本来なら先手はそろそろ質駒の飛車を取りたいところですが、ここで▲6一馬と飛車を取っても無視して△3四銀が成立します。以下、▲5一馬には△5七銀打▲5九玉△3九飛で、先手玉は即詰みです。(A図)

NHK A

やむを得ず、森内九段は▲3五飛△1九角成▲3四歩と反動を気にして小駒で攻めましたが、△同銀▲同飛△3三香が飛車を渡せない制約を突いた強烈なカウンターで、藤井四段が勝勢になりました。(第11図)

NHK 11

先述の頓死筋があるので、辛くとも飛車を逃げるより無いところです。森内九段は▲7四飛と指しましたが、これで後手玉はほぼゼットに近い状態になったので、寄せに専念できる局面になりました。

▲7四飛以下、△2九馬▲5九玉△4七馬▲5八銀△同馬▲同玉△5七銀打▲6九玉△8九歩成と進みました。後手の指し手は全て王手か詰めろになっていることを確認してほしいです。このように、自玉がゼットのときは寄せのチャンスなので、緩みなく詰めろの連続で迫ることが出来れば理想的です。(第12図)

NHK 12

第12図で▲5八歩と打っても△6八歩以下、先手玉は詰んでしまいます。本譜は▲7九金と退路を開けましたが、△8五桂が冷静な寄せで、先手玉は受け無しです。以下はいくばくもなく、藤井四段の勝ちとなりました。

【本局の総括】

・序盤の△7四歩がささやかな工夫。結果的には先手陣に対して相性の良い攻撃型を作ることができた。

・本譜は先手が作戦負けだったので、手損を承知で仮想図を目指した方が良かったのかもしれない。

・△3六歩と伸ばした手が先手の指し過ぎを咎めた好手。6筋だけでなく、3筋を絡めることで攻めに厚みが増した。

・後手が作戦勝ちから的確に優位を拡大し、藤井四段の快勝譜だと言える。

それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA