最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

~持ち歩の有無が勝負の分れ目~ 第67回NHK杯解説記 宮本広志五段VS三浦弘行九段

今週は宮本広志五段と三浦弘行九段の対戦でした。

宮本五段は純粋な振り飛車党で、石田流や4→3戦法、先手中飛車など、攻撃的な戦法を得意にしている攻め棋風の棋士です。
一回戦では藤井猛九段と戦い、相三間飛車の力戦型から作戦勝ちになり、徐々にリードを拡大して勝利を収めました。

三浦九段は居飛車党で、堅い玉型を好む攻め将棋だと思います。
序中盤で形勢を損ねても終盤で巻き返す将棋が多く、局地的な戦いや詰む詰まないの判断が非常に優れている棋士の一人だと思います。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯2回戦第9局
2017年10月1日放映

 

先手 宮本 広志 五段
後手 三浦 弘行 九段

 

初手から▲7六歩△3四歩▲7五歩△4二玉▲6六歩△6二銀▲7八飛(青字は本譜の指し手)と進み、第1図のようになりました。

NHK 1

宮本五段得意の石田流に対して、三浦九段は左美濃に囲います。美濃囲いは少ない手数で堅固な囲いを構築できるので、非常にコスパが良い囲いです。加えて、銀冠→銀冠穴熊に変形できるので進展性も高く、持久戦にも対応できる点が素晴らしいですね。美濃囲いがほぼ全ての戦型で出現していることにも頷けます。

振り飛車側としては、
先手番なので、千日手模様にならないようにする。
後手の銀冠穴熊だけは阻止する。

この二点に注意して、駒組みを進めていきたいところです。

互いに陣形を整備して、第2図のようになりました。

NHK 2

先手が▲2六歩と突いたところです。少し変わった手に映りますね。しかし、▲3九玉型で2筋の歩を突くのが宮本流で、攻撃力を最大にまで高めた指し方です。

例えばここで後手が△8五歩と突くと、▲2五歩△同歩▲1七桂という攻め筋が先手の狙いです。(A図)

NHK A

自玉付近から仕掛けるのでセオリーに反しているようですが、敵玉も同時に危険になるので、その点に関するデメリットは相殺されていると言えます。

この仕掛けは、とにかく後手の角を移動させて、▲6五歩から角のラインで後手玉を狙って攻めることが主眼です。

▲2五桂を防ぐために△1三桂と端桂で対抗すると3三の地点の利きが減るので、▲4五銀△2三銀▲6五歩と3筋を狙った攻めが厳しくなります。(B図)

NHK B

2一に桂がいないので、後手玉はコビンが弱体化しています。よって角交換はしづらいところですね。しかし、B図から△5五歩と角道を遮断しても▲7四歩~▲6四歩や▲3六飛といった攻撃手段があり、先手の攻めは止まりません。

三浦九段はこのような展開を避けるために、第2図から△5五歩▲4五銀△2三銀と指しました。事前に△5五歩を突いておくことで、先手の角の利きを緩和させる意図があります。(第3図)

NHK 3

次に△3五歩と突かれると銀挟みになってしまうので、穏便に指すなら▲3六銀ですが、ここで駒が下がってしまうと先述した「千日手」や「銀冠穴熊」が懸念です。したがって、宮本五段は▲6五歩△同歩▲3六飛とポジティブに動いて局面を打開します。(第4図)

NHK 4

先手の狙いは▲3四銀ですが、後手はそれを防ぐ術が無いので△4二金寄と自玉を強化します。以下、▲3四銀△同銀▲同飛△2三銀▲3六飛△3二金上と後手はひたすら玉を固めて先手の攻めに備えます。(第5図)

NHK 5

ここで形勢判断をしてみましょう。

玉型は互角。美濃と銀冠なら後者の方が堅いですが、3四の歩を削っているので五分と見たいです。

駒の損得は完全に五分。

駒の効率は先手に軍配が上がります。後手の飛車は攻めに働いていませんし、6三の銀も中途半端な位置で感心しない駒です。

よって、第5図の局面は、飛と攻めの銀の効率の差で先手が有利と言えます。しかしながら、時間が経つとこれらの駒は働いてくるので先手は悠長なことはできず、やや忙しいとは言えます。

先手は止まることが許されないので、宮本五段は▲2五歩△同歩▲1七桂と4枚目の攻め駒を繰り出します。三浦九段は働きの悪い銀を使うために△5四銀と上がりますが、▲7四歩が機敏な突き捨て。7筋が薄くなった隙を突いています。以下△4五銀▲7六飛と進みました。(第6図)

NHK 6

銀を4五まで進出させたので、玉型は後手の方が堅くなりました。しかし、7筋の攻めに対しては、もう受けがありません。△7四歩と歩を払っても▲7四同飛△7三歩▲6四飛で飛車の成り込みを狙われたり、▲2五桂△4四角▲3五銀△同角▲5五角で王手飛車を狙われたりするからです。

将棋では有効な受けが無い場合、攻める以外の選択肢はありません。三浦九段は△5六歩▲同歩△3六歩▲同歩△2六歩と先手玉に嫌味を付けに行きます。△3七歩~△2七歩成の筋を防ぐために、宮本五段は▲2八歩と受けましたが、代えて▲3七銀打が勝りました。(C図)

NHK C

2六の拠点を払う手を見せ、後手を催促していることが▲3七銀打の利点です。加えて、2筋に歩が使える余地があるので、将来▲2四歩と叩く手が楽しみです。

本譜は▲2八歩だったので、△5二飛が味の良い活用になりました。▲7三歩成から早逃げしつつ、中央を狙う一石二鳥の一手です。その局面は、後手のネックだった飛と銀が躍動しており、先手難局です。宮本五段は▲5五銀と打って後手の大駒の利きを遮断しましたが、ここに銀を打つくらいなら、C図のように自陣に銀を打つ変化を選ぶ方が良かったことは自明の理です。(第7図)

NHK 7

後手としては盤上の右側だけを戦場にしてしまい、▲7三歩成が影響を及ぼさない環境にしてしまうことが理想です。したがって、三浦九段は△1五歩と端を攻めました。宮本五段は▲2五桂と反撃しますが、△5五角▲同歩△6六銀で先手の大駒の利きを塞いだのが好判断。以下▲8八角△3六銀と進軍して後手快調です。(第8図)

NHK 8

ここで▲6七歩と打てば確実に銀は取れますが、△3七歩で楔が入ってしまうのが癪に障るところです。宮本五段はそれを嫌って▲3七歩と打ちましたが、△2五銀と桂を取って、後手は駒損を回復することができました。以下、▲6七歩△5七歩▲6八金△6四桂▲7九飛△5六桂▲7八金△7五銀と進んだ局面は、玉型・駒の損得・効率全ての要素において後手がリードしているので、後手がはっきり優勢になりました。(第9図)

NHK 9

後手陣を攻める具体的な手段がないので、宮本五段は▲1五歩と手を戻しましたが、これは辛い一手です。なぜなら、この手は後手が第7図で描いていた▲7三歩成を無効化する展開になったことを認めているからです。とはいえ、先手が形勢を逆転するには、このような辛抱強い手を積み重ねていくしかありません。暴発して負けを早めるよりはよっぽど勝機が高い指し方です。

▲1五歩に対して三浦九段は、△6六歩▲同歩△7六銀と指しました。次に△6七歩の垂れ歩が狙いです。宮本五段は▲4五角と打って5六の桂を除去しに行きますが、△3三桂が巧みな切り返し。▲5六角△5五飛と飛車を走ることができました。ちなみに、単に△5五飛を指すと▲6五歩と突かれて痺れてしまいます(これを防ぐための△3三桂)。

角の逃げ場がないので宮本五段は▲2三角成△同金▲4六銀と粘りの姿勢を見せます。(第10図)

NHK 10

ここでは△5一飛と引き、▲5九歩に△1七歩と端を攻めて5筋と1筋で挟撃態勢を築きながら攻めれば、ほどなく後手が押し切っていたでしょう。

しかし、三浦九段は△8五飛と横へ移動しました。これは△8七銀成を狙った意味ですが、▲7七桂△7五飛▲9六歩が盤面を広く見た対応で、後手はにわかに嫌らしい格好になりました。次の▲9七角が見た目以上に受けにくいのです。三浦九段は△5八歩成▲同金△7四飛▲9七角△5三歩で5筋に壁を作りましたが、▲6八金右△1七歩▲5九飛で眠っていた飛車が蘇生して、先手が大いに形勢を盛り返しました。(第11図)

NHK 11

次に▲5三角成や▲5四歩で中央を突破する狙いがありますが、適当な受けも見当たらないので三浦九段は攻め合う方針を選びます。第11図から△6七歩▲同金左△同銀成▲同金△1五香と金を剥がし、香を走って1筋から先手玉へ迫ります。宮本五段も▲3五桂で寄せに向かいますが、△3四角▲6八金△6七歩と真っ向から殴り合います。(第12図)

NHK 12

非常に激しいことになりましたが、後手にとってこの進行は危険で、先手にチャンスが訪れていました。ここで▲5三角成と踏み込めば先手が勝っていた可能性が高かったと思います。

次の▲4二馬が▲3二金以下の詰めろなので、後手は△5三同金と応じるより無いですが、▲同飛成△6八歩成に▲4二竜が厳しい王手で、こうなれば先手勝勢でした。(D図)

NHK D

△1三玉と逃げると▲2三桂成から詰んでしまうので、後手は合駒を打つしかないのですが、ご覧の通り、高い駒しか打つことができないので困っているのです。何を打っても▲3一銀から合駒を回収されてしまうので、どうしようもありません。

しかし、本譜は▲7八金と金を逃げてしまいました。自然な応手に見えますが、この手が敗着です。▲7八金以下、△1八歩成▲5三角成△同金▲同飛成△2八とが絶好の一手。▲同玉と応じるよりないですが、△1九香成が△1七角以下の詰めろで後手の勝ち筋に入りました。(第13図)

NHK 13

後手は△2八とを指した際に、歩を補充したことが極めて大きかったのです。なぜなら、第13図で▲4二竜と王手をされても、今度は△3二歩と打てるので戦力を削がれる心配が無いからです。

要するに、後手が歩切れの状態であれば、▲4二竜から駒を取れたので6八の金を逃げる必要は無かったのです。先手にとっては、惜しい逸機でした。

本譜は第13図から▲1九同玉と指し、詰めろを消しながら戦力を増やしましたが、△1五香▲1八歩△3九角▲2八歩△4八角成で三浦九段は的確に包囲網を敷いていきます。▲4二竜の王手にも、△3二歩が一歩千金の合駒です。(第14図)

NHK 14

第14図で先手玉には、△1八香成▲同玉△4五角▲同銀△1七歩▲同玉△1四飛という詰めろが掛かっています。宮本五段は▲3一銀△1三玉▲1二金△1四玉▲2三桂成で、△1四飛の筋を消しましたが、△1八香成▲同玉△1七歩▲同玉△1六金▲1八玉△3八馬が詰めろ逃れの詰めろで、先手玉は受けが無くなりました。(第15図)

NHK 15

後手玉には王手が何回か続くものの、1五へ逃げた形が安全で、捕まらない格好です。対して先手玉には必至が掛かっています。実戦はここで宮本五段の投了となりました。

【本局の総括】

・序盤は先手がイニシアチブを握っており、攻めの銀を捌いて有利な局面を作ることができた。

・先手はC図の変化を選べば、有利な状況を維持することができた。それを逃してからは、難局。

・△1五歩から右辺を攻めて後手が優勢になったが、第10図で△8五飛と回った手が失着で、先手にも楽しみが生まれた。

・▲7八金と金を逃げた手が敗着。代えて▲5三角成と踏み込めば勝機は十分にあった。△2八とで歩を補充されてからは、先手に勝ちが無い。

それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA