最新戦法の事情【9月~10月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

~思わぬ伏兵~ 第67回NHK杯解説記 斎藤慎太郎七段VS山崎隆之八段

今週は、斎藤慎太郎七段と山崎隆之八段の対戦でした。

斎藤七段は居飛車党で、王道を歩む棋風です。急戦調の将棋もじっくりした将棋も万能に対応できるところが彼の強みの一つでしょうか。人柄同様、けれん味の無い将棋を指す棋士ですね。
三回戦では佐藤康光NHK杯と戦い、左美濃急戦で圧倒して準々決勝へ勝ち進みました。

山崎八段は居飛車党で、力戦の雄という表現がピッタリの棋士です。棋風は受け将棋で、多くの人が気づかないような手段を見つける能力(つまり、極めて手が見える)が優れている印象を受けます。
三回戦では青嶋未来五段と戦い、見事な玉捌きで勝利を掴み取りました。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯準々決勝第2局
2018年2月11日放映

 

先手 斎藤 慎太郎 七段
後手 山崎 隆之  八段

 

初手から▲7六歩△6二銀▲2六歩△3二金▲2五歩△7四歩▲2四歩(青字は本譜の指し手)と進み、第1図のようになりました。

NHK 1

後手の作戦はこちらの記事でも紹介した、△7四歩を早めに突いて、それを取らせる作戦です。居飛車なのに飛車先を突かない。そして序盤早々に歩損をするという一昔前の概念では考えられない序盤ですが、具体的に後手の指し方を咎めるのは容易ではなく、一つの戦法として確立しつつあるように思います。

ここからの構想は十人十色ですが、山崎八段は△3三角▲7八金△4四歩▲6八銀△4二銀と進めて、雁木を作りに行きます。なお、角を上がらず単に△4四歩を指すと、▲2四歩から横歩をかすめ取られる筋が嫌味です。

△4二銀以下、数手進んだ局面が第2図です。

NHK 2

まだまだ駒組みの初期段階に見える局面ですが、斎藤七段は後手の△4一玉が早いと見て、積極的に咎めに行きます。第2図から▲2七銀が風雲急を告げる一手。後手は2三の地点に数を足すのが難しい配置なので、シンプルな棒銀が受けにくいだろうと見た訳です。また、後手の飛車が起動する前に、さっさと戦いにしてしまおうという意図もあったと思います。

山崎八段は△5一角と引き、△3三桂を用意することで棒銀に備えますが、▲4六歩が好着想でした。角が逸れた弱点を突いています。以下、△3三桂▲2六銀△6四銀▲4五歩△同歩と自然な手順が続きましたが、後手は4四に歩を打たれる手が残ってしまったので嫌な形を強いられました。(第3図)

NHK 3

ここでは複数の有力手がありますが、初志貫徹に▲2五銀が良かったのではないかと思います。▲4四歩~▲3四銀は許せないので、後手は△2五同桂と取るよりありませんが、▲1一角成で香を取っておきます。(A図)

NHK A

先手は銀香交換の駒損ですが、2五の桂が取れるのは確定していますし、▲4四歩と叩く手や▲6九玉~▲7九玉など価値の高い手がたくさん残っているので、今後の楽しみが非常に多い局面です。これは選んでみる価値が大いにあった変化だと感じました。

NHK 3

本譜に戻ります。斎藤七段は第3図から▲3六歩と指しました。これは次に▲4四歩~▲3五歩で桂頭を攻める狙いです。もし実現すれば歩で相手の駒を取れるので、A図の変化よりも遥かに効率が良いと言えます。しかし、▲3六歩~▲3五歩のような2手一組の手順は、一手目を指した瞬間が危険です。今回もその例に漏れませんでした。

まずは△4六歩が反撃の第一歩。斎藤七段は▲4八飛で歩を取り除きに行きますが、△7二飛が待望の活用です。以下、▲4六飛△4五歩▲4八飛△7六飛▲6九玉△7三角で後手は大駒が躍動する形になり、形勢を持ち直しました。(第4図)

NHK 4

次に△5五銀と上がられると先手は手段に窮するので▲4四歩は絶対手ですが、△5四銀の後にどう攻めるのかは難しいところ。狙いであった▲3五歩は△2六飛で銀が取られてしまうので指せません。先手は当初の予定が進められないので、方針が見えにくいのです。

結局、斎藤七段は△5四銀に対して▲2二歩と捻った技を繰り出しました。放置すればと金が作れますし、△同金なら▲2五銀△同桂▲4三歩成という狙いです。ただ、▲2二歩は先ほどと同様、2手一組の攻めなので、この瞬間は危うさがあります。

当然ながら、この好機を見逃す山崎八段ではありません。▲2二歩に対して△7五銀▲3七銀△2五桂▲2八銀△4六飛▲3九銀△3六飛と激しく攻め立てます。後手は2六の銀を下段まで後退させた上に、目標にされていた桂を捌くことができたので万々歳の進行です。(第5図)

NHK 5

先手は2二に打った歩の顔を立てるため、ここは▲2一歩成と指すよりないところ。以下、△1九角成▲4三歩成△同金▲1一角成と互いに香を取り合います。

その局面は、後手の攻めの方が一手速いので△2九馬と斬り合う姿勢も有力でしたが、山崎八段は△5二玉で安全を第一にしました。ただ、一手緩んだことにより▲3八銀で桂を守られてしまったので、善悪は難しいところです。(第6図)

NHK 6

▲3八銀は桂取りを受けただけではなく、次に▲2七銀から飛車を詰ましてしまう狙いも秘めています。したがって、飛車の逃げ道を作りつつ、歩を伸ばす△4六歩は妥当な選択ですが、▲3七歩△3五飛▲4六飛で先手は飛車を世に出すことができました。△4五香を打たれるので先手も血を流しますが、▲1六飛△4九香成▲1三飛成で飛車が成り込めたのは大きな戦果です。(第7図)

NHK 7

局面が目まぐるしく動いています。整理する意味を兼ねて、形勢判断をしてみましょう。まず、玉型は先手が勝ります。理由は左側へ一路、深い位置に玉がいることと、自陣に馬が利いているからです。

駒の損得は後手が金得ですね。

駒の効率は判断が難しいところです。大駒は先手の方が働いているように見えますが、後手は1一の香が4九まで躍進している計算なので、これは軽視できません。難しいところですが、これはほぼ五分と見ます。

つまり、第7図は先手の玉型VS金得という構図で、どちらの主張が勝るかという戦いです。

このような主張が対立するときに有効な戦略の一つに、相手の主張を潰すというテクニックがあります。具体的な手段を示すと、第7図から△6二玉▲1二竜△5二金打と自玉を強化することで、先手の玉型という主張をかき消す方針は考えられました。

そこから先手も▲4四歩△4二金引▲4三香で後手の駒得という主張を潰しに来るので、形勢としては難しいのですが、少なくとも後手が明確に悪くなるということはなさそうです。

NHK 7

本譜は第7図から△4五飛と寄りました。攻防手なので魅力的に見えるのですが、ここでそれを実行するのはまだ早かったのです。なぜなら、▲1二竜△4二歩▲4四歩△同金▲4七香で田楽刺しを食らってしまったからです。飛車を寄ったが故に、かえって的になってしまいました。なお、△4二歩に代えて△4二金打も▲4四歩△同金▲4六歩△同飛▲4七香で五十歩百歩です(第8図)

NHK 8

山崎八段はやむ無く、△4七同飛成▲同銀△2九馬と開き直りますが、自然に▲5六銀と逃げられると4四の金取りが残っているので手番を握られているのが辛いところです。

後手としては4七に馬を引く形を作らないと勝ち目が無いので、△4五金と銀に体当たりして△4七馬の実現に向かいますが、冷静に▲3三馬と引かれた局面は、先に詰めろをかけた先手が一手勝ち濃厚と言えるでしょう。(第9図)

NHK 9

しかしながら、こういった負け将棋を幾度と無く引っくり返してきたのが山崎八段です。とりあえず△4三金で詰めろを防ぎます。斎藤七段は当然▲同馬△同銀▲3三金と踏み込みますが、△6二玉▲4三金△4一香が妖しい受け。外堀を作り、玉の遠くで受けることで被害が飛び火にしないようにしています。(第10図)

NHK 10

ここは複数の候補手がありますが、シンプルに▲4五銀で金を拾うのは有力でした。もしくは、▲4二金△同香▲同竜▲4五竜という方法で金を取る方が堅実かもしれません。△4七馬さえ防いでおけば、先手は相当、寄らない形です。

本譜は▲7四歩△5六金▲8二飛と最短ルートで後手玉を寄せに向かいましたが、△7二銀と受けられると次の△7一玉をケアする必要が出てきたので、猛烈に忙しくなってしまいました。(第11図)

NHK 11

斎藤七段は▲5六歩と金を取り、△7一玉に▲7三銀を用意しましたが、△4六角が味の良い攻防手です。もはや先手は8二の飛車を犠牲にするより無く、▲4二金△7一玉▲5二金△8二玉▲6一金と後手に下駄を預けました。(第12図)

NHK 12

いよいよクライマックスです。ちなみに、既に両者共に持ち時間を使い切り、一手30秒の秒読みです。

基本的に後手玉はもう受けが無いので、先手玉を詰ますしかありません。ただ、導入に決断が必要で、△4七馬と引く筋と、△5九飛で迫る筋の二択を選ばなければいけません。プロは候補手が一つしかなければ、短い時間でも相当深いところまで読むことができるのですが、このように枝分かれしているパターンは比較する作業が必要なので、どうしても時間が必要になります。

(おそらく、そのような事情で)山崎八段は△7一歩と打ちました。これは棋理としては一時凌ぎに過ぎないので無意味ですが、先述の通り、時間が欲しいので止む無く打ったものだと思われます。

さて。ここで人間同士の戦いならではの、心理的な綾が生まれます。先手玉に対するトン死筋の一つに、△4七馬▲7九玉△6八角成▲同金△7八歩という詰み筋(厳密には不詰めだが、すこぶる危ない)があります。

先手目線で見ると、△7一歩が存在している方が詰まされにくいので、これに触らず後手玉に詰めろを掛けたいという思考は自然です。よって、斎藤七段は▲6二竜△9四歩▲7三歩成△同桂▲7四金という手順を踏みます。(第13図)

NHK 13

先手は思惑通り、歩を取らずに後手玉に詰めろを掛けることができました。しかし、第12図では存在しなかった詰み筋が先手玉には発生していたのです。

第13図から△5九飛▲同銀△同成香▲同玉△6八銀が武骨な決め手でした。(第14図)

NHK 14

▲6八同金と応じるよりありませんが、△同角成▲同玉△7六桂(実戦はここで投了)▲7七玉△6五桂以下先手玉は詰んでしまいます。歩を残す方が安全という心理が災いして、違う詰み筋でトン死を食ってしまった格好です。

という訳で、放映直後は▲7三歩成と桂を呼び込んだのが敗着で、素直に△7一歩を取って寄せるべきだったのかな…….と考えていたのですが、検討すると大変なことが起こっていたことが分かりました。もう一度、第12図に戻ってみましょう。

NHK 12

結論から述べると、ここでは先手玉に詰みがあります。△5九飛から入るのが正着で、以下▲同銀△同成香▲同玉△4八銀で筋に入ります。(B図)

NHK B

(Ⅰ)▲4八同玉は△6八角成▲4二歩△4七歩▲4九玉△3七桂不成までの詰み。
(Ⅱ)▲6九玉は△4七馬▲5八香△同馬▲同玉△5七角成▲6九玉△5九銀成以下詰み。

4一の香や2五の桂という思わぬ伏兵が活躍する、意外な詰みですね。

なので、△7一歩はチャンスを逃した一手だったのです。そして、何とその局面で▲7三銀と放り込めば後手玉は詰んでいたのです!(C図)

NHK C

(Ⅰ)△7三同桂は▲8一金△同玉▲7一金以下詰み。
(Ⅱ)△7三同角は▲同歩成△同玉▲6二竜△6四玉▲5五金△7四玉▲7二竜△同歩▲6五角以下詰み。手数は長いものの、後手は詰みを免れることができません。

対局者のお二方にはお節介な指摘かもしれませんが、詰みは一局を左右する要因なので記させていただきました。悪しからず。

【本局の総括】

 

・序盤は先手が主導権を握っており、自然に先攻できたので先手満足。

 

・▲3六歩から桂頭を狙う構想が危険で、そこからは後手が形勢を盛り返す。

 

・△4五飛で飛車を中途半端に使ったのが悪手で、田楽刺しを決めた第8図ははっきり先手良し。

 

・先手は▲6二竜が敗着。C図の変化で後手玉は詰んでいた。波乱があったものの、形勢が揺れ動いた

最終盤は見応えがあった。

それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA