新たにnoteにもアカウントを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

~角の捌きで圧倒~ 第67回NHK杯解説記 山崎隆之八段VS郷田真隆九段

今週は、山崎隆之八段と郷田真隆九段の対戦でした。

山崎八段は居飛車党で、力戦を好むタイプです。棋士の中でも独特の感性を持っていて、それゆえに斬新なアイデアを披露することも珍しくありません。
準々決勝では斎藤慎太郎七段と戦い、苦戦の将棋を跳ね返して準決勝へと勝ち進みました。

郷田九段は居飛車党で、王道を貫く本格的な将棋です。堂々とした指し手が多い印象がありますね。棋風は攻めで、綺麗な配置からスパッと斬るのが勝ちパターンの一つでしょうか。
準々決勝では菅井竜也王位と戦い、無理のない指し手の連続で完勝し、準決勝へ進出しました。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯準決勝第2局
2018年3月11日放映

 

先手 山崎 隆之 八段
後手 郷田 真隆 九段

 

初手から▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲3八銀(青字は本譜の指し手)と進み、第1図のようになりました。

NHK 1

戦型は相掛かり。第1図は後手が△8六歩▲同歩△同飛と飛車先の歩を交換して、その後△3六飛と歩をかすめ取った局面です。

先手は開始早々、歩損してしまい失敗を思わせますが、これが山崎八段の用意してきた作戦です。歩損を代償に手得を主張できるので、相手よりも駒組みが早く完了できる利点があります。

相掛かりは元々、駒組みの自由度が高い戦法ですが、この指し方が出現してからは、その傾向がより一層強まった印象を受けますね。

第1図からは▲3七銀△3四飛▲6八銀△1四歩……と互いに陣形整備を進めていきます。(第2図)

NHK 2

さて。この戦型は、歩得した側がどのように玉を囲うのかという課題があります。

先手が早繰り銀に構えている以上、△4二玉は戦場に近づく意味がありますし、△6二玉→△7一玉と囲うのは飛車の運用が難しくなります。間を取って△5二玉と中住まいにするのも、▲5六歩→▲5五歩と先手は中央の歩が伸ばしやすい配置なので、あまり嬉しいとは思いません。つまり、どこに配置しても嫌な要素と向き合わないといけないのです。

という訳で、郷田九段は△7四歩▲5六歩△7三銀と囲いよりも攻めの形を作ることを優先させました。居玉の方が逆に安定しているというのは、相掛かりあるあるですね。(第3図)

NHK 3

このまま無抵抗に△6四銀→△7五銀と進軍されると、先手は8筋を受ける術がありません。山崎八段は▲5七銀上と指しました。これは6六に銀を上がることで、△7五銀を相殺しようという意図です。

ただし、ここに銀を上がると雁木のような堅陣に組むことができなくなったので、先手は持久戦に対応できなくなりました。それを見越して郷田九段は△4二銀▲3八飛△3三銀▲6六銀△8二飛とじっくり駒組みする方針に切り替えます。

飛車を動かしたことにより、後手はさらに手損が拡大しましたが、局面の流れが緩慢になれば手損はどんどん抽象化されるので影響は少ないと言えるでしょう。(第4図)

NHK 4

先手としては、早急に戦いを起こさないと後手の思い通りの将棋になってしまいます。山崎八段は▲7六歩△4一玉▲5八金で使えていなかった駒に活を入れ、△6四銀▲4五銀と3四の歩を狙って動きました。先手は持久戦になると不利なので、これは当然の挙動です。(第5図)

NHK 5

一見、3四の歩取りを受ける手段が無いので後手が困ったようですが、△3五歩が「大駒は近づけて受けよ」という格言通りの一手。▲同飛と取ると、△4四歩のときに銀の行き場に窮しています。▲3六銀は△2四銀で飛車が詰みますし、▲3四銀もやはり△2四銀が好手です。(A図)

NHK A

飛車を逃げるよりありませんが、△3三歩で銀が取れます。これは後手の受けが成功していますね。

△3五歩と突いた局面に戻ります。(途中図)

NHK 途中

3五の歩は取れませんし、次に△4四歩で銀が死ぬ手も見えています。山崎八段は▲5五歩で銀の退路を作りましたが、△4四歩▲5六銀△3四銀と自然な形で3筋の歩が安定したので、後手不満無しの進行です。

先手は【持久戦=不利】という前提条件は相変わらずです。足を止めることが許されない先手は、▲6五銀右とぶつけていきます。(第6図)

NHK 6

後手は穏やかな進行になれば旗色の良い将棋なので、ここでは△5二金から淡々と駒組みしておく手は有力でした。以下、▲7四銀△3一玉が進行の一例ですが、これは後手の模様が良い(勝ちやすい)将棋だったと思います。(B図)

NHK B

なぜB図が後手の模様が良いのかというと、発展性が段違いだからです。後手には△3三角・△2二玉・△2四歩・△4五歩と指したい手が多く残されているのに対し、先手はそこまで旨味のある手がありません。これは持久戦に対応できない先手の弱点が露呈した進行であると言えます。歩損を取り返したくらいでは、リカバリーしきれていません。

本譜に戻ります。(第6図)

NHK 6

じっくり玉を囲う方針で後手は悪くなかったのですが、郷田九段はもっと大きな良さを求めて△6五同銀▲同銀△4九銀と指しました。確かに割打ちは魅力的ですし、斬り合いを好む郷田九段らしい選択です。ただ、先述した通り先手は戦いを起こしたい戦況だったので、これは望むところです。△4九銀以下、▲4八飛△5八銀成▲同飛と進みます。もう局面は収まりません。(第7図)

NHK 7

後手は2二の角があまり働きの良い駒ではないので、△4五歩と突く手は考えられます。ただ、それには▲7九玉が好感触の一着。次の▲5四歩が壁角を捌きながら中央を攻める味の良い一手になります。
その進行は、△4五歩が逆用されかねません。

よって、本譜は△3六歩と突きました。これは△1三角の筋を作りつつ、3筋から攻める狙いです。しかし、山崎八段は知ったこっちゃないと言わんばかりに▲5四歩△同歩▲同銀と進軍しました。当然、郷田九段は△3七歩成▲同桂△3六歩と反撃しますが、そこで▲2五桂とタダの場所へ跳んだのが巧みな切り返しでした。(第8図)

NHK 8

後手は桂を取ると▲4三銀打と殺到されて、支えきれません。桂が取れないので郷田九段は△3七歩成と指しましたが、この地点に桂を居座られてしまったのは少なからず痛手です。なぜなら、△5七歩▲同飛△1三角で角を捌く手段が消えてしまったからです。

△3七歩成に対して、山崎八段は▲5五角と眠っていた主砲を使います。この局面が勝負所でした。(第9図)

NHK 9

赤枠で示した角桂の方が、働きの良い駒であることが分かります。後手はこの差をどう埋めるかがポイントです。

ここでは△8五飛が有力でした。次に△4七とが厳しいので▲3七角が自然ですが、△2五飛▲2六銀△5七歩▲2八飛(▲5七同飛は△1三角が厄介)4五飛が好手です。(C図)

NHK C

銀の利きに飛車を移動するので奇想天外な一手ではあるのですが、▲4五同銀△同歩と進めば手順に2二の角が働くので後手も充分、戦えます。先手に▲9一角成と香を取る余裕を与えていないのが自慢ですね。これならまだまだ難解な形勢でした。

本譜に戻ります。(第9図)

NHK 9

郷田九段は△4七と▲8二角成△5八と▲同玉と飛車を取り合う変化を選びました。先手玉を露出させていることがこの手順の主張ですが、これでは角の働きに決定的な差が着いてしまったので、後手が芳しくありません。この辺りで山崎八段が一歩抜け出したように思います。(第10図)

NHK 10

ここで△2五銀は▲4三歩(または▲4三銀打)がうるさいですし、△5六飛の王手銀取りも▲5七歩△5四飛▲8一馬くらいで先手良し。もう終盤戦なので、安易な駒得に走るような手では勝てないのです。

郷田九段は△4五歩と突き、遅まきながら角を活用させますが、▲3三歩△同桂▲4二歩が軽妙な叩き。△同金には▲5五馬が後続手です。角が浮き駒になっているので、△2五桂が成立しません。金を4二へ寄らせた効果がテキメンですね。

本譜は▲4二歩に対して△同玉と応じましたが、やはり▲5五馬が絶好の活用で、先手勝勢です。(第11図)

NHK 11

後手は▲4三歩や▲5三銀打を同時に防ぐ術がありません。郷田九段は開き直って△2五桂と指しましたが、▲5三銀打△3一玉▲3三歩が急所を突いた寄せ。安直に馬と角を交換しないことが肝要です。

▲3三歩に対して、郷田九段は△4六桂で反撃しますが、▲4七玉が最短の勝ち方。怖いようでも、ここが王手馬取りを掛けられない唯一の逃げ場です。(第12図)

NHK 12

先手玉は5六→6六と逃げるルートが強力なので、後手はこれ以上迫ることができません。仕方がないので郷田九段は△3三角で手を戻しましたが、▲同馬△同金▲4二銀成が止めの一手で、詰み筋に入りました。

▲4二銀成に△2一玉は▲2二飛△同玉▲3一角以下詰み。よって、△4二同玉ですが、▲5三角と打って山崎八段の勝利となりました。(第13図)

NHK 13

第13図から△3二玉は▲4二飛△2一玉▲2二銀以下詰み。また、△5一玉は▲3一飛で、(Ⅰ)△5二玉は▲6一飛成△同玉▲6二金。(Ⅱ)△4一銀は▲4二銀△5二玉▲4一飛成でそれぞれ詰みです。

 

 

本局の総括

 

  • 序盤は後手がまずまずの進行。△7三銀で揺さぶってから、持久戦へ移行したのが上手かった。
  • 第6図は先手が喧嘩を売ってきた局面だが、それに応じたのが危険。穏便にじっくり駒組みを進めれば後手不満無しだった。
  • 第9図から△4七とで飛車を取り合った方針に問題があり、先手がリードを奪う。代えて△8五飛からC図の変化を選べば難解。
  • 角が捌けてからは先手の独壇場。▲5五馬が盤面を掌握する攻防手になり、先手の勝利が確固たるものになった。

それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA