最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

~飛車のポジション~ 第67回NHK杯解説記 山崎隆之八段VS稲葉陽八段

今週は、山崎隆之八段と稲葉陽八段の対戦でした。

山崎八段は居飛車党で、力戦型を好む受け将棋です。歪な形を巧みにまとめる技術が卓越している印象があります。最近は以前よりも主導権を握ることを重視している傾向を感じますね。準決勝では郷田真隆九段と戦い、ダイナミックな角の活用で優位を掴み、勝利しました。

稲葉八段は居飛車党で、攻め将棋。棋風は軽快で、相掛かりや横歩取りを得意にしています。斬り合いを好み、薄い玉型でも苦にせず戦えることが強みの一つでしょうか。
準決勝では豊島将之八段と戦い、雁木を採用。見事なカウンターを決めて決勝へと進出しました。

 

本局の棋譜は、こちらのサイトからご覧いただけます。
参考 本局の棋譜NHK杯将棋トーナメント

第67回NHK杯決勝戦
2018年3月18日放映

 

先手 山崎 隆之 八段
後手 稲葉 陽  八段

 

初手から▲2六歩△3四歩▲7六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金(青字は本譜の指し手)と進み、第1図のようになりました。

NHK 1

横歩取りのオープニングでしたが、山崎八段は▲3四飛と横歩を取らず、▲2八飛と引く作戦を採用しました。定跡形ではなく、力戦調の将棋で勝負したいという意思を感じる一手です。

第1図では何をやっても一局ですが、稲葉八段は△7六飛と横歩を取り、歩得を主張します。以下、▲7七角△7四飛▲8八銀△7二金と進みました。こうなると、先後が反転した横歩取りのような将棋ですね。(第2図)

NHK 2

先手としては、ただ淡々と駒組みしていると後手番の戦法を先手番で指しているだけの勘定になってしまい、それでは旨味がありません。せっかくの先手番なので、一手早く進んでいる利点を活かしたいところです。

山崎八段は▲2四歩と垂らしました。当然、後手は△7七角成▲同桂△2二歩と受けますが、この応酬で先手は

(Ⅰ)手損することなく桂が活用できた。(自分から角交換して桂を使うのは率が悪い)
(Ⅱ)2筋を凹ました。

と、二つポイントを稼いだことが分かります。先手は△2三歩の一手が間に合っていない隙を突くことができました。

とはいえ、形勢としてはまだまだ互角の範囲内です。△2二歩以下、▲5八玉△5二玉と互いに居玉を解消して、陣形整備を進めます。(第3図)

NHK 3

第3図から山崎八段は▲2六飛と浮きました。手損ですが、横歩取りでは飛車が下段に居ても働かない(▲5八玉型と二段飛車の相性が悪いから)ので、これは必須ともいえる一手です。

▲2六飛以下、△5四飛▲4八銀△7四歩▲5九金△7五歩と先手は中原囲いを作り、後手は7筋の歩を伸ばして来たるべき戦いに備えました。(第4図)

NHK 4

さて。横歩取りは何を目的にして駒を動かせば良いのかが見えにくい戦型ですが、指し手を決める方針の一つに飛車を良いポジションに置くという考え方があります。横歩取りにおいて飛車はすこぶる価値の高い駒なので、この駒の効率は形勢に直結します。

つまり、自分の飛車を効率の良い場所に配置する、もしくは相手の飛車を悪型にさせるような指し手を選んでいけば、自ずと指しやすい将棋になっていく可能性が高まります。

その観点で考えると、第4図で先手は次に△8四飛と回られたくありません。なぜなら、8四は飛車が縦横に働く攻防の要所だからです。

よって、山崎八段は▲8六飛と指しました。△8二銀では▲8四歩と垂らす手が嫌らしいので、稲葉八段は△8二歩と受けますが、▲2六飛と定位置に戻します。今度は△8四飛と回られても攻めには利いていないので、もう良いポジションではありません。▲8六飛で8筋に歩を打たしたことで、間接的に後手の飛車の効率を悪化させた訳ですね。(第5図)

NHK 5

△5四飛型も決して悪い位置ではないのですが、歩越し飛車なので2六の飛と比べると見劣りします。したがって、稲葉八段は△4四角と打って、飛車に働き掛けます。

対して、飛車を下へ逃げると△7六歩が厳しいので▲8六飛と逃げましたが、△5五飛がトリッキーな揺さぶり。次に△2五飛が実現するとゲームセットなので、先手は▲3六角と打つしかありません。妙な場所に角を打たせたので、後手が一本取ったように思えます。(第6図)

NHK 6

稲葉八段は角を投資させたことに満足して、△4二銀▲4六歩△8三歩▲1六歩△8二銀と駒組みを再開します。先手は打たされた角の運用が難しそうで、模様の悪い将棋になってしまったようですが、▲5六歩△3五飛▲4七角と進むと、局面の景色が一変しました。(第7図)

NHK 7

ぼんやりした角引きですが、この手は次に▲1七桂▲3六歩で飛車を捕獲する手を狙っています。そして困ったことに、後手はそれが分かっていても防ぐ術が無いのです。

後手は自然な手を指していたはずのに、なぜ突如忙しくなってしまったのでしょうか。秘密は、3六の角にあります。この角は後手に打たされた辛い駒のように見えて、実は5五の飛車を圧迫する好位置の角だったのです。

つまり、種明かしをすると[△5五飛▲3六角]のやり取りで後手は飛車が狭くなってしまい、先手に飛車を狙う手段を与えてしまっていたのです。

第7図から稲葉八段は△7三銀と上がり、▲1七桂△7六歩▲同飛△9五飛で飛車を逃がしましたが、手塩にかけて伸ばした7筋の歩を失ったので苦しい手順です。(第8図)

NHK 8

次に△9四飛と引ければ後手は飛車が安定しますが、▲8四歩がそれを許さない追撃。△同歩は▲9六歩で飛車が窒息するので△9四飛と引きますが、▲8三歩成△同金▲5五歩と先手にとって調子の良い手順が続きます。

▲5五歩に対して△7四歩では▲9六歩のときに飛車が狭いので、稲葉八段は△8二歩と飛車の横利きを通しながら受けますが、陣形がどんどん歪になり、辛い状況と言えます。(第9図)

NHK 9

山崎八段は▲8六飛△8四金▲7六歩△5五角▲9六歩と初志貫徹で後手の飛車を狙い続けます。このように、一度定めた方針通りの指し手が継続できていることは、形勢が良い証と言えます。

▲9六歩に対して、もはや有効な受けは無いので稲葉八段は△4六角と歩を刈り取って開き直りました。(第10図)

NHK 10

ここでは▲7五歩と飛車の横利きを通しておく手が有力で、以下△6四角▲9五歩△同金▲7六飛と進めれば先手が大優勢でした(A図)

NHK A

次に▲9六歩と打って金を取る手を後手は受けることができません。

第10図に戻ります。

NHK 10

本譜は単に▲9五歩と突いたので、△同金という勝負手を与えました。▲同香△同飛と金香交換に応じるのは、△5四香や△9八飛成が残るので先手も嫌らしいところがあります。A図の変化のように、先手はタダで金を取ることが理想なので、金香交換と言えども、もったいないのです。

△9五同金に▲8七飛△3三桂▲9二歩と山崎八段は相手に駒を渡さないようにして攻めますが、この一連の手順は危険で、後手にチャンスが訪れていました。(第11図)

NHK 11

ここでは△4五桂と跳ねる手が厳しく、先手は△3七桂成の一転狙いを防ぐことができません。やむを得ないので▲9一歩成と香を取るくらいですが、△3七桂成▲9二角成△4八成桂▲同金△1九角成とシンプルに敵陣を突破すれば後手が優勢でした。(B図)

NHK B

先手は歩切れなので、将来の△5四香や△5四飛、△4四香といった縦からの攻めが受けにくいことが分かります。このような状況だと、▲9五香と金を取る手が実現不可能(金よりも香の方がレートが高い)になってしまっているのが痛いですね。玉型の安定感が大差であることが後手優勢の理由です。

本譜に戻ります。(第11図)

NHK 11

本譜は△9六金と上がって飛車を追いましたが▲8五飛と逃げられると△4五桂が跳べなくなってしまったので後手が大いに損をしました。8七にいた飛車は遊び駒だったので不用意に触るべきではなかったのです。

▲8五飛に対して稲葉八段は△5四飛▲6九玉△8四銀▲6五飛△8六金で金を救助します。△9六金からの構想は、金を逃がすことが目的だったのですが、その代償に先手の飛車を戦線へ復帰させてしまったので、あまり芳しいものではありませんでした。(第12図)

NHK 12

山崎八段は6五に飛車が移動できたことを活かして、▲3六角と上がります。この手が痛烈で、再び先手がはっきり優勢になりました。6三の地点が狙われているので、後手は5四の飛を逃げることができません。

致し方無いので、稲葉八段は△7三桂▲6六飛△5五角で根本の飛を取りに行きますが、▲5四角△6六角▲同歩△5四歩と大駒が総交換になってしまっては、勝敗の帰趨が見えてきました。このような同じ条件の捌き合いになると、玉型の差がそのまま形勢の差になるからです。そして、どちらの玉が堅いかは、火を見るよりも明らかですね。(第13図)

NHK 13

山崎八段は▲8一飛と打って、寄せに向かいます。後手は▲4一角と▲8二飛成の二つの狙いを一度に受けることができません。稲葉八段は△7七金▲同銀△8九飛と攻め合いに活路を見出しますが、▲7九金打が逆転を許さない堅実な受け。攻めに困ることが無い場合は、惜しみなく駒を受けに投資するのが良い戦略です。

▲7九金打には△9九飛成の一手ですが、▲4一角△5三玉▲3二角成と駒得を拡大して、先手勝勢です。(第14図)

NHK 14

次に▲8二飛成や▲4一飛成が回ってくると、後手は金気が無いのですこぶる受けにくい格好です。稲葉八段は△8五桂▲8八銀△7七歩と肉薄します。竜を捨てるので非常手段ですが、手番を渡すと▲8二飛成が来るので仕方がなかった背景もあります。

△7七歩以下、▲9九銀△7八歩成▲同金△5二金と金を埋めて頑張りますが、▲8二飛成△7三角▲5二竜とその金を取ってしまったのが好判断。駒損でも要の守備駒を奪うことや、玉を下段に落としているので充分、お釣りは返ってきます。

▲5二竜には△同玉の一手ですが、▲7二飛△6二飛▲7一飛成で挟撃態勢が整い、いよいよ後手は受けが難しくなってきました。(第15図)

NHK 15

稲葉八段は△7七歩▲6八金寄△5六桂と両取りを掛けます。これは攻めと言うより、金を手にして再び自陣に埋めようとした狙いですが、▲4四歩がその希望を打ち砕いた止めの一手。以下、△6八桂成
▲同金
と進んだ局面で終局となりました。(第16図)

NHK 16

後手玉には▲4三歩成△同銀▲4一竜以下の詰めろが掛かっているのですが、△4四歩と歩を払っても▲4一竜△5三玉▲4三金以下詰みです。4三に金が打てるようになるのが▲4四歩の効果ですね。

第16図では適切な受けが見当たらないので、投了も止む無しです。山崎隆之八段、優勝おめでとうございます!

 

 

本局の総括

 

  • 第5図から△4四角→△5五飛が上手い揺さぶりに見えて、実は良くなかった。▲3六角と打たれると、後手の飛車が妙に狭く、忙しくなってしまった。
  • 飛車を捕獲しに行く先手の構想が秀逸で、中盤は先手が優位を掴む。
  • 第10図から▲7五歩を突いて、飛車の効率を上げておけば分かりやすく先手が良かった。本譜は8七へ移動した飛車の働きが悪く、雲行きが怪しい。
  • 後手は第11図からの△9六金が敗着。代えて△4五桂と跳ねれば逆転していた。本譜は桂を跳ぶ機会を失ってしまったので、再び先手が優勢になった。

それでは、また。ご愛読ありがとうございました!

3 Comments

綾鷹

始めまして。いつもブログの記事、読ませて頂いています。ありがとうございます。

こちらの記事ですが、閲覧させて頂いたところ、盤面の写真が見れなくなってしまっており、また棋譜のページもNHKのページに飛んでしまうようです。(67回のいくつかの他のページもそうでした。)

もしかすると私の環境のせいで見れなくなってしまったのかもしれないのですが、スマホで見ても同じようなので、こちらでコメントさせて頂きました。

とりあえず、今は持っている前に写した棋譜を参考にしながら読ませて頂いています。改めまして、素晴らしい記事を書いてくださりありがとうございます。

返信する
あらきっぺ

はじめまして。いつも、ブログをご覧いただき、感謝申し上げます。

さて。NHK杯の記事に不都合がある問題ですが、これらは全てこちらに非があり、綾鷹様には何の落ち度もございません。
なぜ、このような状態になっているのか、(言い訳がましいのは承知しておりますが)釈明させていただきます。

まず、画像に関してですが、かつて当ブログがリニューアルを行ったとき(2018年の5月頃)にトラブルが発生いたしまして、複数の画像が表示されなくなってしまいました。

また、リンクに関しては、今年度の4月にNHK杯のホームページがリニューアルしており、その際にURLが変わってしまったようです。

本来ならば、それらを修正するべきなのでしょうが、現実問題として他の記事の更新や仕事などに追われており、なかなか時間が確保できていない次第です。

ただ、いつまでも放置しておくわけにはいかないですし、ユーザーの皆様が不都合なくご覧いただけるよう、いずれは修正することを考えております。今しばらく時間を頂戴できると幸いです。

最後になりましたが、記事の内容をご賞賛していただき、誠に光栄です。今後もマイペースで続けていくつもりなので、引き続きご覧頂けると嬉しく思います。

返信する
綾鷹

あらきっぺ様、ご返信下さり、ありがとうございます。とんでもございません、こちらこそ、突然の不躾なお問い合わせとなってしまい、申し訳ありません。

過去の記事の修正につきましては、お時間が空きました時にでもご無理のない範囲で試みて下されば一読者の私も嬉しい限りです。これからも、あらきっぺ様のブログを読んで勉強させて頂こうと思います。これからもよろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA