最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.8.11)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「悪手探し」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。問題に齟齬がないように注意しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

選択肢

(A)▲2三桂
(B)▲2三角
(C)▲7三角
(D)▲9五角

(D)です!

 

▲9五角が悪手でした。


解説

 

まずは、何故この手が悪手なのかを説明します。

 

(A)の▲9五角は、5一の金を狙いつつ、自陣もケアした攻防手ですが、△4一金とかわされたとき、どのように攻めれば良いでしょうか?(第1図)

 

金を狙う

▲3三桂打で金取りを掛けても△3一金寄で無効です。また、受けに回るのなら▲7九玉ですが、これでは「寄せがありません」と吐露しているようなもの。なので、△5九と▲同金△9四歩と催促されて困っているでしょう。

 

このように、▲9五角は△4一金と逃げられたときに相手の金を攻めることが出来ないので、急所を外しています。ゆえに、この手は悪手なのです。

 


他の手について

 

金を狙う

そもそも問題図で先手玉はゼットなので、受けを考える必要性は皆無です。敵玉に詰めろを掛け続ければ勝てる局面なので、赤枠で囲ったエリアの中でケリを着けるほうが紛れが少ない意味があります。

(A)の▲2三桂は、その指針に則った一着ですね。(第2図)

 

金を狙う

これは、▲3一角と▲3三角△同金▲3一竜という複数の詰めろになっています。

それらを同時に防ぐなら(1)△2二角ですが、構わず▲3一角と放り込めば問題ないでしょう。また、(2)△4一金は▲5二角で一手一手です。

 

(B)の▲2三角も同じような意味ですね。「金を狙う」という寄せのセオリー通りであり、これも後手は適切な受けがありません。(A図)

 

最後に、(C)の▲7三角に触れます。(第3図)

 

金を狙う

これは赤枠の外側から着手しているのですが、5五の銀を質駒に入れていることが自慢ですね。すなわち、△4一金のときに▲5五角成△同歩▲5二銀で後手玉を仕留めることが出来るのです。(第4図)

 

金を狙う

後手は△3一金寄で弾くことが出来れば良いのですが、▲3二竜△同玉▲3三金で寄り筋です。これも後手は延命する術がありませんね。

 

 

問題図では寄せに特化した手を選択することが急所でした。▲9五角はその条件を満たしていないので、悪手になってしまうという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.8.11)

 

冒頭に記したように、今月のテーマは「悪手探し」です。ルールは、以下の通りです。

4つの選択肢の中に、悪手が少なくとも一つ含まれております。それを見つけ出してください。(悪手の数が一つとは限りません)

 

ちなみに、選択肢の全てが悪手ということはありません。つまり、悪手の数は1~3ということになりますね。悪手を見抜いて、局面を有利な方向へ導いてください。

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

悪手探し

選択肢

(A)▲6六歩
(B)▲4七角
(C)▲8二角
(D)▲8三角

難易度
(1.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 上手くカウンターを決めてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA