元奨励会三段が将棋をテーマにあれこれ書いています。

毎日次の一手(2018.12.4)

毎日次の一手(20181204)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲4二飛です!

 

▲4二飛

決断良く敵陣に飛車を打ち込む手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手のほうが囲いが堅い上に、2三の金が悪い配置なので先手が良い局面ですが、ここで戦果を上げないと、後手に体勢を立て直されてしまうので、とにかく攻めないといけません。

 

問題図

さて。具体的に、どのような手段があるのでしょうか。候補としては

(1)▲4五歩
(2)▲4一飛
(3)▲4二飛

この三つが挙げられますね。順に検討していきましょう。

 

(1)の▲4五歩を考えた方は、とても綺麗な棋風ですね。本筋の一手ではあるのですが、△4二飛が屈強な自陣飛車で、簡単ではありません。(第1図)

 

とりあえず、▲4四歩△同銀と進めるでしょうが、そこで後続手が難しいですね。先手は飛車を打ち込む場所を消されると、攻めの継続が難しいのです。

 

では、問題図から(2)の▲4一飛はどうでしょうか。これには、△3二銀▲4二飛成△5二飛と受けてきます。(第2図)

 

やはり、自陣飛車が強敵です。先手は▲同竜△同金と応じるより無いですが、これも飛車の打ち込む隙を消されているので、攻めあぐねているでしょう。

 

という訳で、(3)の▲4二飛が正解になります!

 

これに対して△5二銀は、今度こそ▲4五歩が厳しい突き出しになります。後手は分かっていても、▲4四歩→▲4三歩成という歩の行進を防ぐことができません。

 

よって、解答図では△5二金▲4一飛成△5一飛と頑張ってきますが、▲4三竜△同金▲3二銀で、先手の攻めが炸裂しました。(第3図)

 

金をタダで取られないようにするには、△3三金左と受けるくらいですが、▲同桂成△同金▲6二金で、飛車が詰みます。

かといって、他に適切な受けも無いので、第3図は先手の攻めが決まっていますね。

 

問題図では、後手に二段目へ自陣飛車を打たせないことが急所でした。ゆえに、▲4二飛が最善になるという訳なんですね。

 

 

毎日次の一手 (2018.12.4)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

問題図

難易度
(3.0)

目的: 良さを求める。

 

ヒント: 守備力を落とさないようにして攻めましょう。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA