最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.7.15)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

協力

正解は、▲5四銀です!

 

協力

銀を打って中央を狙う手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手が銀香交換の駒得で攻勢に出ていることから優位であることは確かですが、角が二枚とも狭い格好なので油断はできない局面です。

 

協力

敵陣を攻める手段はいくつかあり、▲6三歩はその中の一つです。これは△同金なら▲7二銀で飛金両取りを掛ける意図ですね。

けれども、そこから△6四金▲8一銀成△5五金と活用されると、先手の攻めは空振りに終わります。(第1図)

 

協力

飛車を手にしたことは大きな成果ですが、

(1)持ち駒の銀が遊び駒になった。
(2)6二の金を攻めに加担させた。

という弊害が大きく、結果的に損な取引を交わしています。これでは失敗と言わざるを得ないですね。

 

また、問題図から▲3四歩で拠点を作って力を溜める手も一案ですが、△6三香が手強い催促で、これも芳しくありません。(第2図)

 

角を失う訳にはいかないので▲9七角と逃げるのは妥当ですが、△6六歩と突き出されると歩を使った手を咎められています。これは自玉の安全性が損なわれているので、選びたくない変化ですね。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

上記の失敗例に言えることは、攻め駒が連動していないことです。つまり、先述の攻め方では6四の角と4五の桂がそれぞれ孤立しているので、攻めの威力が弱いのです。

したがって、問題図ではこれらの駒を協力させる攻め方が求められており、それが▲5四銀なのです!(解答図)

 

角と桂が共に利いている5三の地点を攻めることが賢い攻め方です。これで後手の防衛ラインを突き破ることが可能になります。

今度は△6三香で催促されても、▲5三角成△同金▲同桂成で食い破れるので問題ありません。(A図)

 

このように、後手は中央から殺到されると支えきれないので▲5四銀には△4二金と受けるくらいですが、▲6三歩△5二金右▲7三角成△5四歩▲6二歩成で成駒を量産していけば問題ないでしょう。(第3図)

 

次は金を取る手や▲3四桂が楽しみですね。後手は適切な受けが見当たらないので攻め合いに活路を求めるより無いのですが、△6六香と打っても▲7九玉で先手陣はビクともしないので非勢は否めません。

第3図は玉型と駒割りで大いにリードを奪っているので、先手が優勢です。

 

問題図では、6四の角が攻めの司令塔なので、この駒を狙われないようにすることが急所でした。ゆえに、▲5四銀が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.7.15)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻め」がテーマです。Let’s challenge!!

 

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 的確な角の使い道を見つけることが鍵です。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA