最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.7.28)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

正解は、▲3五角です!

 

捌く

華々しく角を躍り出る手が正解でした!


解説

 

問題図は駒の損得が無いのでこれからの将棋に映りますが、このまま局面が収まってしまうと先手は自分だけ角を使っている分、面白くない将棋になってしまいます。

 

次の一手

つまり、ここで穏便に▲4五歩と打ってしまうと、△4一飛と引かれたときに塩梅が悪い意味があるのです。(第1図)

 

捌く

たった二手しか進んでいませんが、このやり取りで先手は大いに形勢を損ねています。具体的な理由として、

(1)4六の角が負担だから。
(2)後手陣が安定したから。

という点が挙げられます。

特に(1)が大きな問題ですね。先手はこの角が居なければ▲4四歩と伸ばす攻め筋があるので、はっきり言って邪魔駒になっています。

 

次の一手

第1図は次に△6九銀や△2七角といった手が嫌らしく、先手が非勢と言えるでしょう。

 

改めて、問題図に戻ります。

次の一手

このように、先手は4六の角が盤上に残ってしまうと形勢の悪化につながります。

したがって、問題図ではこの角を捌いてしまう手が求められており、それが▲3五角なのです!(解答図)

 

捌く

なお、角を捌くなら▲6四角という手もありますが、△4七歩という変化を与えるので感心しません。(A図)

 

さて。▲3五角に対して後手は△4八飛成と指すよりありませんが、▲6二角成△同玉▲4八金と進めておきましょう。手番は渡しますが、後手は自陣が薄いので受けに回らざるを得ない状況ですね。(第2図)

 

捌く

先手は次に▲4一飛、▲8一飛、▲4五桂といった攻めが狙いです。後手は△4一飛と打てばそれらを防ぐことが出来ますが、▲4四歩△同飛▲4五飛がインパクトのある手順で、先手の攻めは止まりません。(第3図)

 

捌く

ここから△同飛▲同桂と進めば、先手は第2図よりも攻める条件が良いですね。他には△4二飛という対応もありますが、▲同飛成△同金▲8一飛で問題ないでしょう。

第3図は玉型に差があることと、一方的に敵陣を攻撃できることから先手が優勢と判断できます。

 

問題図では、3七の桂を攻めに使うことが隠れたポイントでした。第1図のように▲4五歩と打ってしまうと、この駒が攻撃に参加できません。ゆえに、▲3五角が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.7.28)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻め」がテーマです。Let’s challenge!!

 

難易度
(3.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 飛車を成る前に一工夫する必要があります。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA