最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.2.27)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

正解は、▲7五歩です!

 

コビン攻め

コビン攻めを行う準備をする手が正解でした!


解説

 

問題図は、囲いの強度で勝っていることや、2一の桂が遊んでいることから先手が指しやすい局面ですが、飛車が攻めに使えていないので、攻撃力が不足していることが懸念点です。

 

なので、戦力の補充を図る▲2二歩は目に映る手ですね。けれども、△7七角成▲同銀右△3三桂と自然に対応されると、芳しくありません。(第1図)

 

(1)▲2一歩成と指しても、△5八歩のほうが厳しいので先手不利。

(2)▲6四歩△同歩▲6八飛と飛車を攻めに参加させるのは、△5九角で目標にされてしまい、失敗します。(A図)

 

改めて、問題図に戻ります。

なぜ、上記の手順では形勢を損ねてしまうのかと言うと、後手の囲いを攻めることが出来ていないからです。これでは、穴熊の堅陣が活きません。

したがって、問題図では、相手の囲いを攻める態勢を整える必要があり、それが▲7五歩なのです。(解答図)

 

コビン攻め

これに対して、(1)△5八歩と垂らすと、▲7四歩が厳しい突き捨てです。後手は玉のコビンが開いてしまうと、▲5五角や▲2八角といった攻め筋が強烈なので、対処に困っています。(B図)

 

よって、解答図で後手は、コビン攻めを事前に回避するために△5五歩▲同金△5八歩と応じるほうが勝りますが、▲4四歩で、金が前進した利点を生かすのが好着想になります。(第2図)

 

(1)△同歩▲同金△5一角は、今度こそ▲2二歩が着実な攻めになります。(C図)

という訳で、後手は(2)△5九歩成▲同銀△5七成桂と攻め合いに転じるより道はないですが、▲7四歩が急所の突き出しで、先手の優位は確固たるものになります。(第3図)

 

後手は△7四同歩と応じるくらいですが、▲5三歩△同金▲5四歩△5二金▲8六角で、先手の攻めは止まりません。(D図)

 

第3図は、後手の美濃囲いに火を着けて攻め合える態勢になっているので、穴熊の土俵に持ち込めています。よって、先手が優勢と言えるでしょう。

 

問題図は、後手の美濃囲いを横から攻めることが不可能だったので、縦からの攻めを狙うことが急所でした。ゆえに、▲7五歩がそれの実現を目指す一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.2.27)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

難易度
(2.0)

目的: 勝勢に持ち込む。

 

ヒント: とある格言を思い出してみましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA