noteにもブログを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.2.2)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2019.2.1)優位

正解は、▲5三銀です!

 

昨日の解答

馬を攻めるために、銀を捨てる手が正解でした!


解説

 

問題図は、[金金銀⇔飛角]という駒割りなので先手が少し駒得していますが、大駒を独占されているので、攻めが切れてしまう懸念とは隣り合わせではあります。

 

毎日次の一手(2019.2.1)優位

例えば、▲5六銀と力を溜めて、次の▲4五桂を狙おうとすると、△5三桂が手強い防御で、先手は攻めに苦労する羽目になります。(第1図)

 

では、問題図から▲6九歩でガードを固める手はどうでしょうか。これは、将来の△2九飛や△4九飛に備えた意味ですね。ただ、△2二玉▲3二金△同玉で受けに回られると、安心されてしまう嫌いがあります。(第2図)

 

後手の玉型が安定してしまったので、これも攻めの継続は容易ではないですね。こうなると、▲6九歩がどうだったのかという話になります。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2019.2.1)優位

このように、先手は一旦、緩んだ手を指してしまうと、後手に立ち直られる余裕を与えてしまうので、攻めが細くなってしまいます。

つまり、問題図では後手に自陣の手入れを許さない手が求められており、それが▲5三銀なのです!(解答図)

 

昨日の解答

これを(1)△同馬は▲4五桂が王手馬取りなので、はっきり先手優勢ですね。後手はこの駒が生命線なので、馬を失うことは負けを意味します。

 

という訳で、(2)△5五馬と逃げるのは致し方ありませんが、▲4二銀打と肉博するのが鋭い寄せになります。(第3図)

 

(1)△同飛は、▲同銀不成△同玉▲7二飛で後手は受けが利きません。(A図)

また、(2)△2二玉には▲3二金△同玉▲3一銀打と絡みつけば、これも寄せ切ることが可能です。(第4図)

 

この手は、次に▲4一銀不成△3一玉▲3二金からの詰めろになっています。

後手は△2二金でそれを防ぐくらいですが、▲4四歩△同歩▲4一銀不成から飛車を奪えば、先手が勝ち切れる将棋でしょう。(B図)

 

問題図では、後手は「大駒を全て保持している」ということが唯一の主張だったので、それを取り払ってしまうことが急所でした。ゆえに、▲5三銀が理に適った一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.2.2)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2019.2.2)勝勢

難易度
(3.5)

目的: 勝勢に持ち込む。

 

ヒント: 穴熊の弱点は……。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA