元奨励会三段が将棋をテーマにあれこれ書いています。

毎日次の一手(2018.12.6)

毎日次の一手(2018.12.6)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

問題図

正解は、▲6一角です!

 

金を狙って、角を打つ。

金を狙うために角を打つ手が正解でした!


解説

 

問題図は玉の安全度が大差の上、4枚の攻めを実現しているので先手が優勢であることは疑いようがありませんね。しっかり着地を決めたいところです。

 

(2018.12.6)の問題図

例えば、▲4二金△同金▲同成桂△同玉▲5三金△3三玉▲4二角と果敢に迫る手が映りますね。しかし、これは△4四玉と逃げられると先手失敗です。(第1図)

 

王手は追う手という格言通りの失敗例

後手には△5五玉→△6六玉という逃走経路が拓けています。▲6七歩と打って、それを防いでも、△3三桂打が好防。今度は△3五玉→△2四玉というルートがありますね。

 

第1図は、先手の攻め駒が3枚に減っており、切れ筋の懸念が生じているので思わしくないでしょう。

 

また、問題図から▲5三金と絡みつく手も考えられますが、これは次に▲5二金と取っても後手玉は詰めろになりません。ゆえに、△2五香▲5二金△4九竜で先手敗勢です。(第2図)

 

正確な速度計算に基づいた竜切り

▲同銀と取れないようでは話になりませんが、△2七香成▲同玉△3五桂で、先手玉は詰み筋に入っています。(第3図)

 

勝ち将棋鬼の如しという展開だ。

(1)▲3六玉は、△2六金▲同玉△2八飛以下、詰み。
(2)▲3八玉は、△2七銀▲4八玉△2八飛以下、詰みですね。(A図)

 

改めて、問題図に戻ります。

(2018.12.6)の問題図

相手の金を攻めるという着眼点は間違っていないのですが、▲4二金では過激。▲5三金では鈍足。ということで、どうも上手くいかないようです。

つまり、ここではそれ以外の方法で金を攻める手段が必要で、それが▲6一角なのです!(解答図)

 

金を狙って、角を打つ。

次は▲5二角成が詰めろなので、△2五香とは打てませんね。よって、後手は受けるしかありません。

徹底防戦するなら△8二竜が手強いですが、▲5二角成△同竜▲4二金△同竜▲同成桂△同玉▲5三金△3三玉▲3二飛で、寄り切ることができます。(第4図)

 

玉は下段に落とせ

△同玉は▲4三銀成から詰んでしまうので、後手は玉を逃げるしかありませんが、どちらに逃げても▲2二飛成で銀を取れば、先手の優位は揺るぎません。

 

第1図と違い、今度は攻め駒を4枚保持しているので切れ筋を心配しなくても良いところが大きいですね。第4図は先手勝勢です。

 

問題図は、先手玉に詰めろが来ないので、確実な2手スキを放てば勝てる局面でした。攻め急ぐミスを減らすためには、冷静に速度計算する習慣を身に着けることが必須でしょう。

 

 

毎日次の一手 (2018.12.6)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2018.12.6)

難易度
(4.0)

目的: 勝勢に持ち込む。

 

ヒント: 攻め駒が渋滞しないように気を付けてください。

 

今日の解答図から、△5一歩▲同成桂△4二金▲5二成桂△3三銀▲4二成桂△同銀と進んだ局面です。寄せの好手を放ってください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA