最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.3.1)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲2二銀です!

 

玉の腹から銀を打て

銀をタダの場所へ放り込む手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手の玉にまだ余裕があるので、寄せに専念できる場面を迎えています。問題は、どのようにして後手玉へ迫るかです。

 

例えば、▲3五歩で竜に働き掛ける手は一案ですが、△同金で効能が見えてきません。

他には、▲4二歩という軽手もあります。△同玉と取らせれば、飛車を2筋に打ち込む隙が生じますね。

 

しかしながら、▲4二歩には△4六桂でプレッシャーを掛けられると、先手は手段に窮してしまいます。(第1図)

 

4筋に歩を打ってしまったばかりに、次の△3九竜のときに歩合いが出来ず、この手が詰めろになっています。

反省して、▲4一歩成と成り捨てても、△同玉▲2二飛△3二歩で、後手玉は寄りません。

 

改めて、問題図に戻ります。

このように、先手は△3九竜と入られたときの備えがないと、あっという間に危険な状態に陥ってしまいます。

つまり、問題図では▲4九歩と受ける手を用意しながら後手玉を寄せる手が求められており、それが▲2二銀なのです!(解答図)

 

玉の腹から銀を打て

これに対して、△4七馬と引いて攻め合うのは、▲3三歩で先手の勝ち筋に入ります。(第2図)

 

(1)△4一玉には▲3二飛で後手玉は必至。先手玉は△3九竜と入られても、▲4九歩と打てば不詰めです。(A図)

 

(2)△3三同竜で歩を取るのは、▲2三銀と叩きこめば、後手は適切な対処がありません。(B図)

 

改めて、解答図に戻ります。

玉の腹から銀を打て

以上の理由により、後手はこの銀打ちを放置することが出来ません。よって、△2二同玉は妥当な応手ですが、▲4一飛が期待の後続手です。(第3図)

 

この手は、▲4二飛成△3二銀▲2三銀以下の詰めろになっています。したがって、後手は△4六桂などで攻め合うことは不可能ですね。(C図)

また、△3二竜で催促するのは、▲4二銀と絡んでおけば問題ありません。(D図)

 

という訳で、第3図では△3二銀と受けるくらいですが、▲4二飛成と冷静にかわしておけば、後手玉は受けが利きません。(第4図)

 

先述したように、これは▲2三銀以下の詰めろになっています。

受けるとしたら、△2一桂くらいですが、▲2三銀△同竜▲同桂成△同玉▲3一竜で先手の攻めが続きます。

 

第4図は、後手玉が一手一手の寄り筋に入っているので、先手勝勢と言えるでしょう。

 

問題図では、飛車を4一の地点に設置することが急所でした。それを実現するために、▲2二銀が有効な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.3.1)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(3.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 自陣の隙を消しましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA