最新戦法の事情【5・6月合併号・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.16)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲2八銀です!

 

戦力を与えない

素朴に銀を逃げる手が正解でした!


解説

 

問題図は後手玉を追い詰めていますが、先手も威張れた格好ではないので安心は出来ない局面です。

 

毎日次の一手

詰めろを掛けるなら▲5四桂が考えられますね。しかし、△3九馬▲6八玉△4二銀打と抵抗されると、先手はあと一押しが足りません。(第1図)

 

戦力を与えない

武骨に4二の地点を埋められると詰めろを続けることが難しいですね。ここで▲5二歩と垂らしても△8四馬で粘りに手を焼いています。

 

他には、問題図から▲7三歩成も映るところです。これは△3九馬に▲5六玉で上部脱出に望みを託すプランですね。けれども、△2五飛成がそれを許さない一着で、先手の希望は打ち砕かれます。(第2図)

 

これは△6五銀からの詰めろになっています。▲3五桂で竜の横利きを遮断しても△3六竜と潜られてまずいですね。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

これらの変化から読み取れるように、次の△3九馬がべらぼうに価値の高い一手であることが分かります。

したがって、問題図では銀を取られないようにする手が求められており、それが▲2八銀なのです!(解答図)

 

戦力を与えない

終盤で、ただ駒を逃げるだけのような手は緩手になることが多いので禁物としたものですが、この局面では後手に戦力を与えないことが最優先事項なので成立しています。

ここで△3八馬と銀を追いかけるのは、今度こそ▲5四桂が厳しい一撃になります。後手は手駒が少ないので支えきれません。(A図)

 

よって、▲2八銀に後手は△5二歩で受けに回る必要がありますが、▲7三歩成△同銀▲同馬△5三歩▲7二銀と自然に迫っていけば問題ないでしょう。(第3図)

 

戦力を与えない

先手玉には詰めろが掛からないので、これで十分間に合います。後手は二枚の大駒が働きの弱い駒になっており、有効な攻めを繰り出すことが出来ません。以上の理由により、第3図は先手が優勢です。

 

問題図では、銀を渡さないことと、後手の大駒を働かせないようにすることが急所でした。▲2八銀と上がればその二点を同時に満たすことができるので、最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.16)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 排除すべき駒を考えましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA