最新戦法の事情【6月・振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.4)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲5六玉です!

 

next

真っ直ぐ玉を立つ手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手玉が露出しており危険な格好ですね。ただ、ここさえ凌げば2筋を突破する楽しみが待っているので、頑張り甲斐のある局面と言えます。

 

毎日次の一手

ぱっと見は▲6八玉で左辺へ逃げ込む手が第一感ではないでしょうか。ですが、これには△5七銀▲7九玉△7七桂成▲同桂△5九角がキレのある寄せで、先手は受けに窮することになります。(第1図)

 

next

飛車取りと△6八銀打→△7七銀成という攻め筋を同時に見せた痛烈な一手です。先手は粘るなら▲7六飛と逃げることになりますが、△3三金▲同歩成△6九銀と迫られてアウトですね。(A図)

 

では、問題図から▲5八玉△5七銀▲4九玉と右辺に逃げ出すプランはどうでしょう。相手の飛車から遠ざかることで、攻めを緩和させる意図です。

しかし、これも芳しくはありません。なぜなら、△7七桂成▲同桂△1五角という痛打があるからです。(第2図)

 

next

飛車が横に移動すると△4八銀打から詰まされてしまいます。さりとて、▲2八飛と引いても△5九角成▲3九玉△5八銀成と畳み掛けられ、非勢は否めないですね。

 

このように、飛車を狙われる手がそのまま寄せに結び付いてしまうと、概ね受けが利かないとしたものです。

 

 

 

改めて、問題図に戻ります。

上記の失敗例に共通していることは、玉が下段に落とされていることです。その結果、先手は2六の飛を目標にされて後手のパンチを喫してしまうのです。

したがって、問題図では上部へ向かうほうが得策です。露出することを恐れない▲5六玉が正しい逃げ場になります。(解答図)

 

なお、▲4六玉は6五の桂取りではないので▲5六玉よりも劣ります。また、▲6六玉ではない理由は後述します。

 

後手は△7七桂成▲同桂で銀を取ってしまうと5七から逃走されるルートを妨害できないので6五の桂は盤上に残しておく必要があります。そうなると、△3三金▲同歩成△5四銀が候補になりますが、▲4六歩で通気口を広げておきましょう。(第3図)

 

4七への逃げ道を用意しておけば、先手玉は容易に捕まりません。もし玉を6六に移動していたらこの手は成立していないところでした。

ここで△3六銀で通せんぼされても▲7六銀で催促すれば凌ぎ切っています。先手玉には寄りが無いので、第3図は先手が優勢と言えるでしょう。

 

問題図では、玉を一段目まで落とされないようにすることが急所でした。ゆえに、▲5六玉が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.4)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(2.5)

目的: 均衡を保つ。

 

ヒント: 狙われている駒をしっかり見定めてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



3 Comments

あらきっぺ

第3図から△3六角と打つと、▲2三飛成が成立します。角を手放してくれれば△1二角の王手竜取りが消えるので飛車が成りやすいですね。

5五の地点には馬が利いているので、△3六角は詰めろになっていません。先手玉は見た目よりも安全な格好です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA