元奨励会三段が将棋をテーマにあれこれ書いています。

毎日次の一手(2018.11.2)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、あらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

まずは、昨日の解答を記します。

 

 

正解は、▲8九香です!

 

香を打って、△8八金と打たれる攻め筋を防ぐ手が正解でした!


解説

 

問題図は、9筋を突破されつつあるので、先手がピンチを迎えている状況です。

 

とはいえ、一次的にでも後手の攻めを受け止めてしまえば、▲2四桂や▲1三歩成などの反撃が楽しみなので、きちんと受ければ均衡を保つことができる局面でもあります。

 

問題図でぱっと目につく受けは、▲9二歩△同飛▲9三歩ではないでしょうか。飛車先を止めるので、自然な受け方に映りますよね。しかし、△8七成香▲同玉△8八金▲9六玉△8三金が鋭い踏み込みで、先手の希望は打ち砕かれます。(第1図)

 

▲9二歩成は、△9五歩▲同玉△9四歩▲9六玉△7七角成で必至が掛かるので試合終了です。(A図)

かと言って、他の手も難しいので、これは寄せ切られていますね。

 

このように、△8八金を打たれて玉を端に追い込まれてしまうと、先手は勝ち目がありません。その展開を阻止するために▲8九香と受ける手が最強の受けになるのです!(解答図)

 

一見、頼りない受け方に見えますが、ここに香を打つことで9九の銀を無力化していることが、非常に大きいのです。

後手は△8七成香で金を取るくらいですが、▲同玉で先手玉は意外にも安定しています。(第2図)

 

ここで後手は△8四歩からゆっくり攻める手が間に合えば良いのですが、▲9八香が好打。以下、△8一飛▲9三桂成は先手の受けが成功しています。

この変化は第1図と違い、9筋が手厚く、先手のテリトリーになっていることが心強いですね。(B図)

 

後手は悠長な攻めができないので、第2図では△8八歩と攻めるところでしょう。対して、やはり▲9八香が急所の一手です。以下、△8九歩成▲同飛△8八金▲同飛△同銀成▲同玉△8一飛が進行の一例ですが、後手の攻めが一段落した印象を受けませんか?(第3図)

 

先手は飛車を失いましたが、駒割りは[桂香⇔飛]の二枚替えなので、駒損しているわけではありません。また遊び駒も無いので、効率面で遅れを取っていることもありません。

唯一の懸念材料は、玉が薄いことです。しかし、ここで手番を得ているので、▲2四桂や▲1三歩成△同玉▲2四歩△同歩▲2五桂打(C図)といった攻めで、敵玉を弱体化することができますよね。なので、第3図は均衡が保たれている局面と言えるでしょう。

 

問題図の先手陣は見るからに危うい状態でしたが、△8八金さえ防いでしまえば、耐久力のある形でした。したがって、▲8九香が正しい受けになるという理屈になるのです。

 

 

毎日次の一手 (2018.11.2)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 反撃を見据えた手が必要です。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA