最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.4.27)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「悪手探し」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。問題に齟齬がないように注意しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。形勢の悪化を防ぐことが目的でしたね。

 

悪手探し

選択肢

(A)▲2五飛
(B)▲4四角
(C)▲1五桂
(D)▲2四歩

(C)です!

 

悪手探し

▲1五桂が悪手でした。


解説

 

まずは、なぜ▲1五桂が悪手なのかを説明します。

 

悪手探し

この手はシンプルに2筋からの突破を目指した意味ですが、△2四銀が手強い受けで、先手は思わしくない状況に陥ってしまうのです。(第1図)

 

悪手探し

先手は1五と4五の桂が両当たりになっており、自ら忙しい局面を引き寄せていることが分かります。攻めるために桂を使ったはずなのに、これでは逆効果になっていますね。

 

問題図では4五の桂が当たりになっているので、それの処理を上手く行う必要があるのですが、▲1五桂はそれを放棄しているので方針が食い違っています。ゆえに、この手は悪手なのです。

 


他の手について

 

悪手探し

上記の失敗例を踏まえると、先手は4五の桂を簡単に取らせないような手が求められていることが分かります。(A)の▲2五飛は、桂に紐を付ける冷静な応手ですね。(第2図)

 

悪手探し

△2四銀で飛車を追い払われる手が気懸かりですが、そのタイミングで▲5三桂右成と清算するのが好判断です。以下、△同銀上▲同桂成△同飛▲7五角△同歩▲同飛までは妥当な進行でしょう。(第3図)

 

悪手探し

先手はこの応酬で[銀⇔桂桂]の交換になったので駒割りは損をしているのですが、2四に銀を打たせているので駒の働きに差を着けることが出来ました。

飛車を左辺に転回しているのでこの銀に空を切らせていることが第1図との大きな違いです。

 

続いて、問題図から(B)の▲4四角を解説します。これは△同歩と応じるより無いですが、▲3三銀が期待の一打になります。(第4図)

 

粗っぽい指し方ではありますが、後手玉が7筋方面へ逃げられないことに着目した攻めです。確かにこの場所を食い破ってしまえば、挟撃態勢を築くことが出来ますね。

 

後手は△1五角が最強の抵抗ですが、▲2九飛とかわしておくのが落ち着いた対応。△3三角で銀を取られても、▲同桂成△同金▲2二角で先手の攻めが続きます。(A図)

この変化は、取られそうな4五の桂が存分に働いていることが分かりますね。

 

最後に、(D)の▲2四歩を見ていきましょう。(第5図)

 

△同歩▲同飛までは妥当な進行でしょう。そこで、△2三歩と打てれば良いのですが、▲3四飛△3三歩▲4四角と斬り込んで行けば後手は支えきれません。(B図)

 

よって、後手は▲2四同飛の局面で△6六角▲同金の交換を入れてから△2三歩を打つ必要がありますが、▲3四飛△3三歩▲4四飛△同歩▲4六桂とラッシュを掛けるのが明るい着想で、先手は形勢を損ねることなく攻めを継続できます。(第6図)

 

(1)△4五歩は、▲5四桂△同歩▲5三銀で後手陣は崩壊します。

なので、(2)△6四飛はやむを得ないのですが、これで中央の守りが薄くなったので▲5三桂右成が厳しくなりました。以下、△同銀▲同桂成△同玉▲6五銀でバリバリ攻め掛かれば問題ないでしょう。(第7図)

 

飛車を持てば▲5一飛が痛烈ですし、△8八飛で王手されても▲6八銀が頑丈です。第7図は玉の堅さが違うので先手が優位に立っていると評価できるでしょう。

 

成功例の変化は4五の桂が取られることと引き換えに、飛車を捌いていたり、敵陣に攻め駒を侵入させたりするなどの戦果を上げていることに注目していただきたいです

▲1五桂はそのような展開になっていないので、悪手になってしまうという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.4.27)

 

冒頭に記したように、今月のテーマは「悪手探し」です。ルールは、以下の通りです。

4つの選択肢の中に、悪手が少なくとも一つ含まれております。それを見つけ出してください。(悪手の数が一つとは限りません)

 

ちなみに、選択肢の全てが悪手ということはありません。つまり、悪手の数は1~3ということになりますね。悪手を見抜いて、局面を有利な方向へ導いてください。

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

悪手探し

選択肢

(A)▲2一角
(B)▲4五桂
(C)▲4五同歩
(D)▲8四歩

難易度
(3.0)

目的: 形勢の悪化を防ぐ。

 

ヒント: 先手は「あること」を行うことが大事です。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA