最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.4.1)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「悪手探し」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。問題に齟齬がないように注意しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

正解は、▲6八玉です!

 

駒得

玉を真っ直ぐ上がる手が正解でした!


解説

 

問題図は、後手が5筋の歩を突っ掛けてきたところです。これは含みの多い手なので、まずはこの手の狙いを把握しておく必要があります。

 

次の一手

先手が最も指してはいけない手は、素直に▲5五同歩と応じる手です。これは△5六歩と叩く手が痛烈で、後手の攻めが加速してしまいますね。(A図)

 

このように、先手は6七の地点が弱点の一つなので、▲6八馬と引いてそこを強化する手は一案でしょう。しかし、今度は△5六歩▲同飛△5八金という攻めを誘発します。(第1図)

 

駒得

(1)▲7八玉は、△6八金▲同金△4五角が王手飛車ですね。

(2)▲5八同馬は、△同成桂▲同飛△同角成▲同玉△2八飛と攻め立てられて難戦。先手は玉を右辺へ引っ張り出されると、耐久力がガタ落ちします。(B図)

 

これを踏まえると、問題図では▲7八玉と早逃げする手も考えられますが、これには△5八成桂で飛車を詰まされる手が気懸かりですね。(第2図)

 

駒得

安い駒で飛車を取られてしまうと、長期戦にできないので先手は攻め掛かるよりありません。ですが、▲5三桂成と指しても△同銀▲同馬△5二金で容易ではない印象です。

 

他には、問題図から直ちに▲5三桂成もありますが、やはり△同銀▲同馬△5二金が強敵ですね。(第3図)

 

駒得

ここで▲8一飛成と指しても、△6一歩▲同竜△5一金打と弾かれて上手くいきません。とは言え、▲8六馬と撤退するようでは△4五桂で、これまた安い駒で飛車を詰まされてしまいます。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

次の一手

先述したように先手は6七の地点が弱いので、そこをケアする必要があるのですが、この局面における先手の主張は駒得していることなので、それも守り切る必要があります。

 

つまり、問題図では玉の安全度を保ちつつ、5七の飛を桂で取られないようにする手が求められており、それが▲6八玉なのです!(解答図)

 

駒得

(1)△5六歩には▲同飛で差し支えないですし、(2)△5八成桂と寄るのも、▲同飛△同角成▲同玉△2八飛▲4八角と応接すれば大丈夫です。(第4図)

 

駒得

これは右辺へ玉が引きずり出されていますが、8六に馬が残っていることがB図との大きな違いです。将来の▲5三桂成が速い攻めになるので、第4図は先手の旗色が良い局面ですね。

 

改めて、解答図に戻ります。

駒得 width=

△5八成桂が芳しくないとなると、後手は△5八金と打つくらいですが、▲同飛△同角成▲7八玉と対応するのが賢明な手順で、先手の優位は揺るぎません。(第5図)

 

これも飛車が取られていますが、金との交換なら先手は腹が立ちません。なぜなら、次に▲3一金と放り込む狙いが生じているからです。

 

後手はその筋を緩和するために△8五歩で打診する手が有力ですが、平凡に▲同飛成で良いでしょう。以下、△3九飛▲6八金で先手玉は安泰ですね。(第6図)

 

後手は馬を切っても先手玉を倒せる訳ではないので△4七馬と引くくらいですが、そこで▲8七玉と早逃げしておけば、先手玉は寄る形が見えないですね。

対して後手玉には、▲5三桂成や▲2三歩、▲8二竜といった攻めがあり、攻略する手段に困りません。よって、第6図は先手が優勢と言えるでしょう。

 

 

問題図では、駒得の維持と6七の地点の強化を両立することが急所でした。ゆえに、▲6八玉がそれらの条件を満たす一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.4.1)

 

冒頭に記したように、今月のテーマは「悪手探し」です。ルールは、以下の通りです。

 

4つの選択肢の中に、悪手が少なくとも一つ含まれております。それを見つけ出してください。(悪手の数が一つとは限りません)

 

ちなみに、選択肢の全てが悪手ということはありません。つまり、悪手の数は1~3ということになりますね。悪手を見抜いて、局面を有利な方向へ導いてください。

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

選択肢

(A)▲2七飛
(B)▲3八飛
(C)▲5五角
(D)▲3八金

難易度
(3.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 飛車を安定させることが大事です。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA