最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.5.26)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。良さを求めることが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲4五銀打です!

 

攻防手

重厚に銀を打つ手が正解でした!


解説

 

問題図は自陣の金銀が全て離れた場所に存在しているので、先手は注意深い対応が必要な場面を迎えています。

 

毎日次の一手

相手の囲いを薄くするのなら▲6一銀が考えられますね。しかし、△6二飛▲5二銀成△同飛と自然に応じられると、かえって逆効果という感があります。(第1図)

 

割り打ちが逆効果になるパターン

なぜ逆効果なのかと言うと、金を剥した得よりも後手に銀を渡した損のほうが大きいからです。加えて、△5五歩と取り込む手の威力が上昇していることも見逃せません。

第1図の局面は、後手の攻撃力が増強された点ばかりがクローズアップされているので、先手は失敗と言えます。

 

他には、問題図から堂々と▲5四同歩と応じてしまうのも一案です。ただ、△5六銀が嫌らしい一手ですね。(第2図)

 

解説

次の△4七銀成は見す見す許せないですが、(1)▲5八銀では△5七歩▲同銀引△7七角成▲同桂△3九角が痛いですね。

(2)▲4八銀は、△6六歩▲同歩△7五飛▲同歩△6七金と絡まれて、これも面倒。玉型の差が大きく、先手は勝ちにくい展開を強いられています。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

上記の失敗例に共通していることは、戦場の中心が5筋になっていることです。先手は居玉なので、この場所がホットスポットになることは歓迎すべき状況ではありません。

したがって、問題図では戦場を5筋から違う場所へ広げていく手が求められており、それが▲4五銀打なのです!(解答図)

 

攻防手

重たいようでも、ここに銀を据えるのが賢明です。後手の角を狙いつつ、△5六銀を消していることが自慢ですね。

後手は分かっていても次の▲3四銀が防げません。なので、△5五歩で歩を取っておくくらいですが、▲3四銀△4四角▲2四歩△同歩▲2三歩が期待の反撃になります。(第3図)

 

垂れ歩

ここに歩を垂らしておくことで、次の▲5五銀が非常に厳しい一手になりました。△5四銀と受けても▲6四金があるので、後手は到底受け切れないですね。

 

怖いのは△5六歩と伸ばしてプレッシャーを掛けてくる手ですが、▲4四角△同歩▲6四角と応戦すれば問題ありません。先手は2三に歩を設置したことにより玉型の差で優位性があるので、強気な態度に打って出れるのです。(第4図)

 

両取り

後手は△4二金上と指すくらいですが、▲9一角成で駒得を主張しておけば良いでしょう。先手は、△3九角と打たれても▲2四飛で切り返せることが心強いですね。

第4図は、玉型と飛車の働きの差が大きく、先手が優位に立っていると言えるでしょう。

 

問題図では中央の薄さをケアしつつ、後手の角を狙うことが急所でした。ゆえに、▲4五銀打が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.5.26)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(1.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 相手の最も働いている駒に働き掛けましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA