最新戦法の事情【9月~10月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.5.2)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲6二角です!

 

角で王手を掛ける手が正解でした!


解説

 

問題図は互いに玉が不安定な状態ですが、先手は貴重な手番を握っているので勝ち筋を掴み取ることが出来そうな場面です。

 

毎日次の一手

▲6三角と打てば詰めろ飛車取りであることは言うまでもありませんね。これで良ければ分かりやすいのですが、△6八銀と打たれると事態は一気に暗転します。(第1図)

 

(1)▲8八玉は、△7九銀不成で詰み筋に入ります。

(2)▲6六玉は、△5七竜▲7五玉△8四銀▲6四玉△7三銀▲同玉△6一桂と追い回されると、先手は6三の角を抜かれてしまうので敗勢です。(A図)

 

また、問題図から▲6六玉と早逃げする手も視野に入りますが、△5四桂と王手させると先手は適切な対処がありません。(第2図)

 

(1)▲7五玉と逃げたいのですが、△8四銀▲6四玉△7三銀▲同玉△6二銀から詰まされてしまいます。

よって、(2)▲5四同銀と応じるのはやむを得ないですが、△4六竜▲5六桂△5五銀▲6七玉△4八竜で、先手玉は捕まっています。(B図)

この変化は玉が下段に落とされているので、先手は▲6六玉と指した一手の価値が消失していることが痛恨ですね。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

このように、先手は玉を上部に逃げていっても思いの外、安全ではないことが分かりますね。

その原因の一つが後手玉の存在です。実は、あの玉が5一にいることで、先手玉の上部脱出を阻止するゲートキーパーになっている側面があるのです。

したがって、問題図では後手の玉の配置を変える手が求められており、それが▲6二角なのです!(解答図)

 

攻防手

これに対して△4二玉と逃げるのは、▲5三角成△同玉▲2六角で王手竜取りが掛かります。そうなれば、先手は小康を得ることができますね。(C図)

 

なので、▲6二角には△4一玉と逃げることになりますが、▲6三角でさらに玉を追い払うのが賢明な一着です。(第3図)

 

攻防手

(1)△5二銀は▲8一角成。
(2)△5二金は▲同角成で無効。

よって、△3一玉は致し方ないですが、これで5・6筋が安全圏となったので今度こそ▲6六玉と早逃げする手が成立します。(第4図)

 

攻防手

△8四銀と縛られても▲8一角成で飛車を取っておけば先手玉は寄りません。角を二枚打ったことで、先手玉の上部が手厚くなっていることがよく分かりますね。

 

問題図では、敵陣の中に味方の駒を増やして上部へ逃げる準備をしておくことが急所でした。ゆえに、▲6二角が正解になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.5.2)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

攻防手

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 桂取りを受けただけの手では面白くありません。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA