最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2018.11.10)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。 

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

まずは、昨日の解答を記します。優位を維持することが目的でしたね。

 

犠打

正解は、▲4九金です!

 

犠打

犠打を放つことで、自玉の安全度を高める手が正解でした!


解説

 

問題図は、後手玉がゼット(絶対に詰まない玉の略語)であり、かつ先手玉は△6八銀▲同金△同金▲同玉△5九角成からの詰めろなので、受けに回るしかない状況です。

 

犠打

ぱっと見は、▲6八金打で頑張る手が自然ですね。ただ、それには△6八同金▲同金△5八金と絡まれて、先手は勝つことができません。(第1図)

 

千日手

▲6九金打なら一応、受かりますが、△6八金▲同金△5八金…で千日手ですね。それを嫌って、▲6九銀打と受けると、△5九銀が鋭く、仕留められてしまいます。(A図)

 

また、問題図から▲6八銀と受けると、△6九金▲同銀△9八銀が的確な寄せになります。(第2図)

 

犠打

これは△8九銀成以下の詰めろ。先手は▲6八銀と打ったことで、玉が狭くなった弊害を突かれています。

第2図から(1)▲7八銀は、△5八成香。(2)▲7六歩は、△8九銀成▲同玉△5五角成。いずれも詰めろが途切れないので、一手一手の寄り筋です。

 

改めて、問題図に戻ります。

犠打

6八に駒を打つ受け方が上手くいかない理由は、後手の攻め駒を先手玉から遠ざけることができていないからです。ゆえに、ここでは自玉から離れた場所に守備駒を設置する手が求められており、それが▲4九金なのです!(解答図)

 

犠打

これを△同金と取ると、先手玉の詰めろが解除されるので、▲7一馬で一手勝ちです。(B図)

 

したがって、後手は▲4九金を取ることができません。しかし、△6九金とこちらの金を取っても、▲同銀で先手玉は寄りません。第2図と違い、今度は先手玉が広いことが自慢です。

 

解答図から後手が詰めろを続けるには、△4八角成▲同金△同成香とするくらいですが、▲7六歩がピッタリした一着で、凌ぎ切ることに成功します。(第3図)

 

玉の逃げ道を作りながら、馬の利きを通す一石二鳥の受けですね。

ここで、(1)△9八金は詰めろにならないので、▲7一銀で先手勝ち。
(2)△5九銀は、▲7七銀打で数を足せば大丈夫です。

 

第3図は、先手玉に詰めろを掛け続けることが不可能なので、先手勝勢でしょう。

 

問題図では、△6八銀以下の詰めろを受けつつ、玉の広さを確保する必要がありました。なので、▲4九金が最善というロジックなのです。

 

 

毎日次の一手 (2018.11.10)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(3.5)

目的: 均衡を保つ。

 

ヒント: 7三の桂に活躍されると、バランスが崩れてしまいます。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA