最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.28)

将棋次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲7六歩です!

 

遮断する

歩を打って角道を遮断する手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が9筋から攻め込まれていますが、持ち駒が充実しているので反撃のターンが回ってくれば、形勢の好転が期待できます。

 

毎日次の一手

ご覧の通り、後手は桂取りと8七の地点を狙っていますが、先手はそれを同時に受けることは出来ませんね。どちらかの狙いは甘んじなければいけません。

駒損を回避するなら▲7九玉が一案ですが、△8七銀不成が厄介な一手。先手は対応に苦心することになります。(第1図)

 

将棋次の一手

後手陣を攻めるなら▲3六桂が最も速い攻め筋なのですが、△9六歩と打たれる手が嫌らしいですね。

(1)▲8六銀は、△7八銀成▲同玉△8六金が王手銀取りですし、(2)▲8八銀は、△同銀成▲同玉△3五銀で受け止められてしまいます。(A図)

 

第1図は後手の攻めを切らしている訳でもないですし、攻め合いにも持ち込みにくいので先手は芳しくありません。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

上記の失敗例に言えることは、後手の攻め駒(角と銀)がしっかり活躍している状況になっていることです。

したがって、問題図では、それらの駒の働きを弱めるような受けが求められており、それが▲7六歩なのです!(解答図)

 

遮断する

これは△8九銀成で桂損になりますが、今度こそ▲3六桂が厳しい一着になります。後手は(1)▲4四桂と、(2)▲2四歩△同歩▲同桂という二種類の攻め筋を受けることが不可能ですね。

 

また、後手が手番を握りながら攻めるなら△8九銀不成になりますが、これには▲8八金とかわしておきましょう。以下、△7五歩▲8九金△7六歩で争点を増やしてくるのが一例ですが、▲8八銀が堅実な一着で、先手の優位は揺るぎません。(第2図)

 

遮断する

△7五桂と打たれても▲5七金と逃げておけば柳に風です。この変化も将来の▲3六桂が厳しいので、先手が良いと言えるでしょう。

 

問題図では、後手の銀を8七へ移動させないことが急所でした。ゆえに、▲7六歩が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.28)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

将棋次の一手

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 「何か」を安定させてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



2 Comments

バフェット兄さん

いつも勉強させて貰ってます!渋い76歩でしたか〜難しい方向で考えてしまって▲22歩かと思ってました。以下△同金▲54歩△同角▲46桂馬△43角▲54歩のような感じかと⁉︎

返信する
あらきっぺ

いつもご覧いただき、感謝申し上げます。

▲2二歩は△同金なら得になるのですが、△2四香と打たれる手が気懸かりですね。この手が入ってしまうと、駒の補充を見せられながら飛車を責められるので少し味が悪いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA