新たにnoteにもアカウントを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.3.14)

次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

将棋次の一手

正解は、▲2五金です!

 

解説

角取りに金を打つ手が正解でした!


解説

 

問題図は、互いに玉型が不安定な状態ですが、後手玉にはまだ詰めろを掛けることが出来ないので、先手は受けが必要な場面です。

 

受け

例えば、▲3七飛と逃げる手が目に付きますね。しかし、これは△2六角と出られてしまい、問題は解決しません。(第1図)

 

(1)▲3四歩と叩いても、△2三玉で後続がありませんし、(2)▲2五銀と上がるのは、△3六桂▲同銀△3九銀▲同金△5九銀で、先手玉は即詰みに討ち取られてしまいます。(A図)

 

要するに、△2六角と出られてしまうと、後手の攻めが加速するので、先手は勝てないのです。

 

また、問題図から▲2七銀で歩を払う手も一案ですが、△3八金▲同玉△3五桂と迫られて、芳しくありません。(第2図)

 

解説

この手は詰めろではありませんが、次に△2七桂成▲同玉△3五銀が狙いです。それが実現すると、後手は攻めながら自玉を手厚く出来るので、勝算がぐっと高まります。

 

ここで▲2五金と打っても、△2七桂成▲同玉△3六銀▲同玉△4五銀で、やはり後手玉の上部が厚くなり、先手が苦しいですね。(B図)

 

改めて、問題図に戻ります。

上記の失敗例に共通していることは、1五の角が働く展開になっていることです。先手は、この角が寄せに加担すると支えきることが出来ません。

したがって、問題図では、後手の角を封じ込める手が求められており、それが▲2五金なのです!(解答図)

 

昨日の問題の解説

後手は△3八金と飛車を取るくらいですが、▲同玉と取って、2筋方面へ逃げる姿勢を見せるのが良い判断ですね。

後手もそれは許せないので、△2八飛と打ってきますが、▲3九玉と引いておけば大丈夫です。(第3図)

 

解説

後手は詰めろを続けないと1五の角を取られてしまうので、忙しい状況になっています。候補手の一つは△6八飛成ですが、▲5八桂と遮断しておけば、差し支えありません。(第4図)

 

解説

△2八銀と打たれても、▲3八玉で無風ですね。

第4図の局面で後手は、敵玉に詰めろを継続することが困難です。そうなると、▲1五金や▲6三竜といった確実に実利を得る手が間に合います。よって、先手が優勢と言えるでしょう。

 

問題図では、飛車を渡しても自玉が寄らない状態を作ることが急所でした。ゆえに、▲2五金と打って自陣の防御力を高めておく手が好手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.3.14)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

難易度
(3.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 2筋方面へ逃げることを念頭に置きましょう。

 

第3図の局面から、△6七馬と指したところです。正しい受けを発見してください。

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA