元奨励会三段が将棋をテーマにあれこれ書いています。

毎日次の一手(2018.11.9)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。 

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

まずは、昨日の解答を記します。良さを求めることが目的でしたね。

 

右玉模様での受け方

正解は、▲8六歩です!

 

大駒は近づけて受けよ

歩を突いて、△8七角成を緩和する手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手が二枚替えで駒得していますが、8筋の突破を狙われているので、油断ならない局面です。

 

右玉模様での受け方

8筋を手堅く受けるのなら、▲8六銀が考えられますね。しかし、△6六歩▲同銀△6一飛が銀を手放したことを咎める好手順で、先手は不利に陥ります。(第1図)

 

後手の大駒が躍動している

成桂が逃げると、△6六飛で銀を取られてしまいます。

先手は▲7七銀左△9四角▲5五歩が最も粘りがありますが、△6五歩▲5四歩△6六歩と斬り合われて勝てない将棋です。(A図)

 

改めて、問題図に戻ります。

右玉模様での受け方

先手は銀を使ってしまうと、△6一飛の筋に対処できないことが分かりました。では、いっそのこと△8七角成を甘受する方針はどうでしょうか。例えば、▲4六銀直が挙げられます。

 

これは、▲4七玉と逃げる余地を作ることで、後手の攻めを受け流そうという趣旨です。明るい着想ですが、△6六歩▲同銀△8七角成▲同金△同飛成で突破されると、やはり先手が難局でしょう。(第2図)

 

駒損でも、竜を作れば攻めは成功。

△6六歩と捨てた効果で、▲4七玉には△6七竜が嫌味ですね。さすがに8筋を放置するのは、無防備な印象です。

 

このように、先手は△8七角成を防がなければいけませんが、持ち駒の銀を温存する必要もあります。それらを両立する手段が▲8六歩なのです!(解答図)

 

大駒は近づけて受けよ

△8六同飛には▲7七銀が控えてるので、後手はこの歩を取ることができません。

よって、後手は△8八歩が有力手です。▲同金だと、△8六飛▲7七銀△8八飛成▲同銀△8五角打という鋭い狙いを秘めています。(B図)

 

なので、△8八歩には▲8五銀で角を召し取ってしまいましょう。(第3図)

 

攻め駒を責める。

後手は△8五同角▲同歩△8九歩成と指すくらいですが、▲4六角が厚みを活かした自陣角で、戦況を掌握することができます。(第4図)

 

厚みを活かした自陣角.

次は▲5五歩で金を取ることが狙いです。また、▲7三角成も見せているので、△6一飛のケアもしています。

 

第4図は、玉の堅さが違うことと、次の▲5五歩が厳しいことから先手が優位に立っていると判断できるでしょう。8筋に竜を作られるような状況になっていないことが大きいですね。

 

 

問題図では、後手の大駒を責めるような受けを展開することが理想でした。ゆえに、▲8六歩と突いて、角を取りやすい状況にする手が正着になるという理屈です。

 

 

毎日次の一手 (2018.11.9)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 攻防手はありません。一手の余裕を捻出してください。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA