最新戦法の事情【振り飛車編 4・5月合併号】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2018.11.14)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。 

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

まずは、昨日の解答を記します。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲6九歩です!

 

安全度の向上!

自玉を安全にするために、7九の銀を取りに行く手が正解でした!


解説

 

問題図は後手が桂香の補充を目指しているので、先手はこのまま手をこまねいている訳にはいきません。何か、策が必要な場面です。

 

安全度を向上しよう

しかしながら、玉型の差は一目瞭然なので、攻め合いで事が解決するとは思えませんよね。何と言っても、7九の銀が相当なプレッシャーになっています。

 

という訳で、問題図では自玉の安全度を向上させる必要があります。

例えば、▲7二竜△同香▲6九金という手順はどうでしょう。確かに、これなら彼我の陣形差を縮めることができています。ただ、平凡に△4九飛と紐を付けられると、あまりしっくりは来ないですね。(第1図)

 

これでは安全度が低い

先手玉はまだ危険が残っている状態ですし、後手玉はまだまだ遠いです。
なにより、竜を切ってしまうと、先手は駒得と言う主張を手放してしまうことが不満ですね。

 

改めて、問題図に戻ります。

安全度を向上しよう

実は、この局面では竜を切るというリスクを取らなくとも、もっと率の良い方法で自玉を安全にする手段があり、それが▲6九歩なのです!(解答図)

 

安全度を向上!

後手は当然、△2九歩成と桂を取りますが、そこで▲9七角が狙いの一手で、先手は安全を確保することができます。(第2図)

 

安全度の向上

次に▲7九角で銀を取り除ければ、先手玉は憂いのない状態になりますね。

後手はここで△8五桂と打つ手が勝負手ですが、▲同歩△9七馬▲同香△8八角▲9八玉と強気に応じて問題ありません。(第3図)

 

安全度の向上

王手が掛かって怖いようですが、後手の攻め駒は角銀の二枚なので、恐れるに足りません。堂々と迎え撃てば、凌ぎ切ることができるでしょう。

 

端歩を突いている形の穴熊は、▲9七角と打つ受けが思いのほか、頻出します。▲6九歩は、その成果を最大化させるための一手だったという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2018.11.14)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 「敵の打ちたいところへ打て」という格言に則ってみましょう。

 

今日の問題の続きです。後手の攻め筋を根絶してください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA