最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2018.11.15)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。 

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

まずは、昨日の解答を記します。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲8六角です!

 

敵の打ちたいところへ打て

自陣に角を打って、防御力を強化する手が正解でした!


解説

 

問題図は、後手の攻め駒が不足気味なので先手が受け切りを狙える情勢です。しかしながら、自玉が狭いという懸念点があるので、そこには注意しなければいけません。

 

敵の打ちたいところへ打て

例えば、▲4二竜と銀を取って問題がなければ、それに越したことはないのですが、△8六香と打たれる手が嫌味ですね。(第1図)

 

玉が狭い

△9九角成からの詰めろですが、▲同金は△5五角成がありますね。

したがって、先手は▲8七桂と受けるくらいですが、これでは8六の香を取り除く形が無いので、先手は面白くありません。ここに香を打たせるのは危険すぎます。

 

このように、後手は△8六香を狙っているので、先手はそれを阻止する必要があります。という訳で、問題図から▲8六桂は考えられる一つの手段ですね。ですが、それには△5七金と活用される手が気になります。(第2図)

 

遊び駒の活用

一見、ぼんやりとしている手に映りますが、▲4二竜には△6七金と寄る手が成立します。(第3図)

 

遊び駒の活用

(1)▲6七同金には△5五角成。
(2)▲6七同銀には△7七角成。(A図)

いずれも先手玉に必至が掛かってしまいます。

 

改めて、問題図に戻ります。

敵の打ちたいところへ打て

つまり、問題図で先手は、△8六香を防ぐと同時に、A図のような△7七角成と切ってくる攻め筋にも対抗できる受けが求められています。
そして、その条件を満たす手が▲8六角なのです!(解答図)

 

敵の打ちたいところへ打て

今度は△5七金と寄られても、堂々と▲4二竜で銀を取ることができます。第2図と違い、7七の地点に利きが増えていることが先手の自慢ですね。(第4図)

 

敵の打ちたいところへ打て

ここで△6七金は、▲同銀△7七角成▲同角で大丈夫。

なので、後手は△7七角成▲同銀△6七金と迫るくらいですが、▲8七銀と固めておけば安泰でしょう。(B図)

 

後手は有効な攻めを繰り出すことができないので、第4図は先手の受け切りが成功したと言えます。

 

自陣に守備駒を投資する場合は、他の駒との連携強化を図ることが基本です。ゆえに、▲8六桂ではなく、▲8六角が良い受け方になるということですね。

 

 

毎日次の一手 (2018.11.15)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(2.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 相手の攻撃力を削ぐ逃げ場を探してください。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA