最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2018.12.18)

毎日次の一手(2018.12.18)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2018.12.17)

正解は、▲8六桂です!

 

桂は控えて打て

じっと桂を打って、次の▲7四桂を狙う手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が桂得をしていますが、4五の桂は取られることが確定しているので一時的な駒得に過ぎません。

また、一方的にと金を作られているので、長引くと戦力に差が着いてしまいます。したがって、先手は急がないといけない場面と言えます。

 

毎日次の一手(2018.12.17)

例えば、▲3三桂成△同飛▲2四飛で飛車を捌きに行く手が映りますが、△4七とで後手のと金が間に合ってしまいそうです。(A図)

 

どうせ桂を捨てるなら、問題図から▲5三桂成のほうが後手玉を薄くできるので魅力的でしょう。しかし、△同金▲3五歩△同飛▲2四飛△4七との局面が、やはり難儀なのです。(第1図)

 

と金のおそはや。これは先手不満

玉型にこそ差はありますが、先手は攻め駒が少ないので後手陣に迫る手段が乏しいですね。ここで▲8六桂と打っても、△6二桂で無効です。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2018.12.17)

確かに、▲3三桂成や▲5三桂成と指せば大駒は捌けます。ですが、自ら桂を捨てるのは、桂得という主張を放棄しているので、デメリットが大きいのです。

したがって、問題図では一時的と言えども桂得を最大限に活かす方向性の手を模索するほうが建設的で、それが▲8六桂なのです!(解答図)

 

桂は控えて打て

これに対して、(1)△4七とは、▲7四桂△5八と▲3五歩△同飛▲4四角という攻めがあります。これは後手の穴熊を攻略する目処が立っているので、先手優勢です。(B図)

 

このように、後手は▲7四桂を跳ねられると芳しくないので、(2)△6五銀と上がる方が勝りますが、それから▲5三桂成△同金▲3五歩△同飛▲2四飛で飛車を捌くのが好手順となります。(第2図)

 

桂を控えて打った効果で、攻撃力が上がっている

やはり後手は△4七とを指してきますが、▲6六歩が眼目の一手。△7六銀と進軍されますが、▲7四桂△5八と▲2二飛成と斬り合えば先手の攻め合い勝ちが濃厚です。(第3図)

 

桂を控えて打った効果で攻め合い勝ち

この変化も後手のと金攻めが間に合っていますが、A図第1図とは決定的な違いがあります。それは、後手の穴熊に火が着いていることです。先手は8二の銀を確実に剥がせますし、▲7二歩と叩く手も楽しみですね。

 

後手は△6八と▲同角△7二銀で粘る手が一例ですが、▲9五角が痛快なぶっつけですね。(B図)

第3図は、先手の攻め駒が急所に突き刺さっているので、後手は到底、受け切れません。先手優勢は揺るぎ無いでしょう。

 

問題図では、後手のと金がやってくる前に、敵玉を攻略できる態勢を整えておくことが急所でした。ゆえに、▲8六桂が最適な一手になる訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2018.12.18)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2018.12.18)

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 駒得を維持できる手を考えてください。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA