最新戦法の事情【7月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2018.12.11)

毎日次の一手(2018.12.11)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2018.12.10)

正解は、▲8四歩です!

 

突き捨ての歩を使って、攻めに弾みをつけよう

突き捨ての歩を使って、攻めに弾みをつける手が正解でした!


解説

 

問題図は、玉の堅さと飛車の働きで勝っているので先手が優位を掴んでいますが、三歩損しているので、短期決戦を狙いたい場面です。

 

毎日次の一手(2018.12.10)

例えば、▲6五桂△同桂▲6四歩で斬り込んでいく手が考えられますね。しかし、△7三金とかわされると、その後の攻めが意外に大変なのです。(第1図)

 

飛車が攻めに参加しなので大変

ここから▲6三銀△4二玉▲7一角と打ち込んで行っても、△9二飛▲6二角成△5七桂成と攻め合われて容易ではありません。(A図)

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2018.12.11)

▲6五桂から▲6四歩という攻め方が上手くいかない理由は、飛車が攻めに参加しないからです。やはり、中住まいを効率良くやっつけるには、飛車の参戦は必須です。

したがって、問題図では飛車の捌きを最優先に考える手が求められており、それが▲8四歩なのです!(解答図)

 

突き捨ての歩を使って、攻めに弾みをつけよう

これは△同歩と取る一手ですが、▲7一角が鋭い踏み込みで、後手に決定的なダメージを与えることができます。(第2図)

 

とにかく、飛車を捌いてしまう

飛車を縦に逃げると▲7二銀が厳しいので、△7二飛と逃げるよりありませんが、▲8四飛と走って飛車の成り込みが確定しました。

以下、△7一飛に、一発▲6四歩を叩いておくのが抜け目のない利かしです。(第3図)

 

一回、歩を叩いておくのが卒の無い利かし

(1)△6二金は、▲8二飛成が詰めろ飛車取りですね。△7二金にも▲6三銀と打ち込めるので、ガード不可です。

よって、(2)△6四同金のほうが頑張れますが、平凡に▲同飛で駒損を回復しておけば後手は収拾困難です。(第4図)

 

堅い・攻めてる・切れない

次は▲6二金がありますが、

(1)△8一飛と寄っても▲6三金△4二玉▲7三金で攻めが続きますし、

(2)△6三銀は▲3四飛△3三銀▲8四飛で、▲8二飛成と▲6四歩が残るので、やはり後手はまとめ切れません。(B図)

 

第4図は、先手の攻めが切れない状態で、かつ玉型が大差なので寄せ合いにもなりませんしたがって、先手勝勢と言えます。

 

冒頭にも記したとおり、問題図は短期決戦が先手の理想でした。ゆえに、▲8四歩から▲7一角という強攻が有効になるんですね。

 

毎日次の一手 (2018.12.11)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 「金は斜めに誘え」という格言がキーです。

 

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA