最新戦法の事情【8月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.7.22)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻め」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

正解は、▲5三飛です!

 

負担

三段目に飛車を打つ手が正解でした!


解説

 

問題図は、こちらのほうが玉型で勝っていることと手番を握っていることから先手が指しやすい局面ですが、右辺の桂香を回収される前に何か戦果を上げないと苦しくなりますね。

 

負担

駒得を目指すなら▲2一飛が考えられますが、△3一歩▲1一飛成△4九飛と応じられて損をしています。(第1図)

 

外堀

香を取ることは出来ても自ら竜を遊び駒にしているので、このトレードオフは釣り合いが取れていません。このように、自分の飛車(竜)が外堀で遮断されてしまう展開は避けるべきパターンの一つです。

 

また、問題図から▲9五歩△同歩▲9二歩△同香▲6一飛という攻め筋を考えた方は鋭い着想の持ち主です。しかしながら、△7一飛が手強い抵抗で容易ではありません。(第2図)

 

負担

後手陣を歪な格好にすることは出来ますが、決定打には至らないですね。先手玉は9筋が手薄なので、長引くと端歩を突き捨てた弊害が生じてしまいます。

第2図は、「玉型」という主張が乏しくなっているので先手失敗と言えるでしょう。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

次の一手

上記の例はどちらも一段目に飛車を打つ攻め方でしたが、そういったアプローチでは4一の金が強力な防波堤になるので、後手にダメージを与えることが出来ません。

したがって、問題図では4一の金を機能させない攻め方が求められており、それが▲5三飛なのです!(解答図)

 

負担

狙いはシンプルに銀取りですが、後手は意外にも安定感のある受けが見当たりません。つまり、△4四銀と引くと▲4三飛成で金銀両取りが掛かってしまいます。

そうなると△4四角で紐を着けるのが一案になりますが、やはり▲4三飛成と成っておきましょう。このとき、後手は金取りの処置が妙に難しいのです。(第3図)

 

負担

△5一金と寄ると▲5三角が痛打ですね。後手は5五の銀が足手まといになっており、良い応接がありません。

よって、▲4三飛成には△4二歩が妥当な受け方になりますが、じっと▲5四竜が冷静な一手。5五の銀にプレッシャーを掛けることで、後手の指し手に制約を与える意味があります。(第4図)

 

負担

後手は本音を言えば△4九飛から桂香の回収に向かいたいところですが、現状では▲7七角から銀を取られてしまいます。

また、△5二飛で竜を除去する手も考えられますが、▲3二角と繋いでおけば後手は味の悪い形を解消できないですね。(A図)

 

第4図は後手の角と銀がお荷物になっており、「玉型」に加えて「駒の働き」でもアドバンテージを持つことが出来ました。なので、先手優勢と言えるでしょう。

 

 

問題図では、5五の銀を負担にさせることが急所でした。ゆえに、▲5三飛が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.7.22)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻め」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(2.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 相手に渡す駒が鍵を握ります。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA