元奨励会三段が将棋をテーマにあれこれ書いています。

毎日次の一手(2019.1.9)

毎日次の一手(2019.1.9)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2019.1.9)

正解は、▲2七歩です!

 

打診

角取りに歩を打っておく手が正解でした!


解説

 

問題図は、玉型の安定感に差があるので、その分、先手の形勢が良いですが、次の△4九飛成にどう備えるかという問題があります。

 

毎日次の一手(2019.1.9)

すなわち、ここで▲3四竜と寄せに向かうと、△4九飛成▲5九金打△4四竜と抵抗されます。これは先手の攻め駒が少ないですね。(A図)

 

 

また、問題図から▲7三竜で桂を補充しても、△4九飛成▲5九金打△1九竜で、先手難局です。(第1図)

 

▲6三竜が最も後手玉に迫っていますが、強く△2五銀と桂を取る手が好判断で、後手玉を寄せるのは至難の技です(B図)

 

先手陣は△7七香や△4六桂で簡単に火が着く格好なので、見た目ほどの堅さは無いのが痛いですね。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2019.1.9)

要するに、先手は△4九飛成を実現されると、合駒を使わされるので戦力不足に陥ってしまうのです。

つまり、問題図では持ち駒を節約しながら△4九飛成を防ぐ手が求められており、それが▲2七歩なのです!(解答図)

 

打診

これに対して、(1)△4九飛成は▲5九金打と弾いて問題ありません。今度は飛角両取りが掛かっているので、手駒不足を解消できることが今までとの相違点ですね。(C図)

 

後手は△4九飛成とは指せませんし、△2七同飛成では自分の狙いが消えてしまいます。よって、解答図では△3七角成と逃げるくらいですが、▲4四竜が角を逸れた欠陥を突く寄せです。(第3図)

 

(1)△4三金は▲5三金で無効ですし、(2)△3一玉も▲3三銀で上から押さえておけば、後手玉は寄り形ですね。

 

問題図では、2六の角が攻防に利く良い位置だったので、それに打診することが急所でした。ゆえに、▲2七歩が正着になる訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.1.9)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2019.1.9)

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 先手は玉を右辺へ逃がしたいところです。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA