最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.1.20)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。でしたね。

 

毎日次の一手(2019.1.19)

正解は、▲5八飛です!

 

昨日の解答

強く飛車をぶつける手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が銀得していますが、如何せん玉が独りぼっちなので、安心はできない状況です。

 

毎日次の一手(2019.1.19)

先手は5九の竜が脅威となる存在なので、これを何とかしたいところです。ただ、▲5二金△同竜▲同角成△同玉と強引に竜を除去する方法では、根本的な解決に至りません。(第1図)

 

なぜなら、この局面で先手玉には△5六角打からの詰めろが掛かっているからです。また、1六の角が居なくなると、後手玉が安全になることもネックですね。

 

第1図は、「駒得」という主張を手放しただけに終わっており、先手が大いに不満です。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手(2019.1.19)

このように、いくら竜を消すためとはいえ、▲5二金では投資が大き過ぎるので失敗します。

つまり、問題図では駒得を維持しながら後手の竜を除去する手が求められており、それが▲5八飛なのです!(解答図)

 

昨日の解答

これに対して(1)△同竜▲同玉と進めると、後手は自玉に詰めろが掛かってしまうので、芳しくありません。(A図)

 

よって、(2)△5六金で飛車交換を拒否するくらいですが、▲3七玉とかわせば、後手に詰めろ竜取りを突きつけることに成功しました。(第2図)

 

△5八竜と飛車を取れば、▲5二金で試合終了です。

ここで(1)△3九竜と王手を掛けても、▲3八金で相変わらず詰めろ竜取りが継続しているので、焼け石に水と言えます。(B図)

 

また、第2図から(2)△3六歩▲2七玉△2九竜と進める手もありますが、やはり▲2八金と弾く手が成立します。(第3図)

 

△3七歩成▲同玉△3九竜と指しても、▲3八金で五十歩百歩ですね。

第3図では、△2八同竜▲同玉が進行の一例ですが、その局面は先手玉は不詰めで、後手玉には▲5二飛以下の詰めろが掛かっています。一手勝ちが濃厚なので、先手勝勢と言えるでしょう。(C図)

 

問題図では、1六の角を盤上に残した状態で、5九の竜を除外することが急所でした。ゆえに、▲5八飛が適切な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.1.20)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2019.01.20)

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 譲ってはいけないポイントを見抜いてください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



3 Comments

クマ男

一目飛車のぶつけが見えたんですが、36角とされた後が自身がなかったんですが後の変化を教えてもらえると有難いです。

返信する
あらきっぺ

いえいえ。とんでもございません。お気になさらず。
今後もご覧いただけると嬉しいです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA