新たにnoteにもアカウントを開設いたしました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.1.12)

毎日次の一手(2019.1.12)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手(2019.1.11)

正解は、▲7三歩です!

 

解説

飛車取りに構わず、歩を叩く手が正解でした!


解説

 

問題図では、先手玉に△5八角成▲同玉△7八飛成からの詰めろが掛かっているので、それを防がなければいけません。

 

次の一手

ただ、▲2八飛では△5八銀が痛烈ですし、▲6七金打と守っても△同角成→△7九飛成で受けになっていません。

また、▲7六歩と犠打を放つ手も考えられるのですが、△同角のときに対応が悩ましいですね。(第1図)

 

今度は飛車の利きが止まっているので、▲5七飛のように飛車が逃げやすい意味はあるのですが、△9八角成で香が取られてしまうので、望ましい展開ではないでしょう。

 

あらためて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

このように、5八の飛車取りを受けるというアプローチでは、後手の攻めを対処することが出来ません。

 

つまり、問題図では、飛車取りを受けずに後手の攻めを緩和する手が求められており、それが▲7三歩なのです!(解答図)

 

これを△同飛と取ると、▲9五角が王手飛車ですね。(A図)

△7三同桂には▲7四歩と迫れば問題ないでしょう。後手は飛車が攻めに使えず、お荷物になっています。

したがって、△7三同玉が最も被害を抑える取り方ですが、▲5四角が玉飛接近の悪形を突いた一着です。(第2図)

 

△6三銀が気になりますが、▲7四歩と叩けば後手はしっくり来る対応がありません。(B図)

したがって、△8二飛と逃げるよりないですが、やはり▲7四歩△同玉▲7五歩と玉頭を叩いていくのが厳しい攻めになります。(第3図)

 

△7三玉だと▲7四金→▲3二角成で金が取れるので、後手は△8三玉と逃げるくらいですが、ここまで利かしが入ったら▲5七飛と逃げておいて良いでしょう。

後手は玉が不安定なので、強く戦うことができません。先手の優勢は明らかですね。

 

問題図では、角道ではなく、飛車の利きを止めることが急所でした。ゆえに、▲7三歩が正着になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.1.12)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手(2019.1.12)

難易度
(2.0)

目的: 良さを求める。

 

ヒント: ポジションを取りましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA