最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.5.3)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲5五角です!

 

攻め味

中央に角を設置する手が正解でした!


解説

 

問題図は、後手が桂取りに銀を打ってきたところです。むざむざと桂を取らせる訳にはいかないので、何らかの対処が必要ですね。

 

毎日次の一手

例えば、▲3八歩で守っておくのが目に映るところ。けれども、それには△8六歩と打たれたときが面倒なのです。(第1図)

 

攻め味

これには▲9六銀とかわすのが妥当ですが、△5四角▲8八歩△4四銀と駒を中央に活用されると、圧迫されている印象を受けるのではないでしょうか。(第2図)

 

毎日次の一手

最終手の△4四銀が手強い一手で、これにより後手は5四の角を安定させることが出来ます。第2図は△7五歩→△7六歩という着実な狙いが防ぎづらく、先手は芳しくありません。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

このように、ただ3七の桂取りを防ぐだけの手では反発力に欠けるので、後手に満足のいく形を作られてしまいます。

したがって、問題図では反撃を含みにした受けが求められており、それが▲5五角なのです!(解答図)

 

攻め味

なお、同じようでも▲4六角と打ってしまうと△2七銀成で飛車を詰まされるので失敗します。(A図)

 

さて。▲5五角と打ってもやはり△8六歩は利かされてしまいます。ですが、▲9六銀と逃げたときに敵陣を攻める態勢が整っていることが、先程との大きな違いなのです。(第3図)

 

攻め味

つまり、先手は次に▲6四角から飛車を狙うことができるので後手は△5四角を上がる余裕がありません。6四の歩を刈り取れば7七の桂を中央に活用できることも見逃せないですね。

第3図は後手の攻めが空を切っているので、先手が優勢と言えるでしょう。

 

問題図では、攻め味を見せることで後手に△5四角と上がられる形を阻止することが急所でした。ゆえに、▲5五角が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.5.3)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(2.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 互いに3筋の桂頭が生命線なので……。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA