最新戦法の事情【9月~10月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.5.4)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲3六飛です!

 

自陣飛車

自陣飛車を放つ手が正解でした!


解説

 

問題図は△3六歩で桂を攻められる手を狙われているので、まずはそれの対処を考えなければいけません。

 

毎日次の一手

▲2七銀と上がれれば良いのですが、△3七角成で桂を取られてしまいますね。そうなると、3六の地点に利きを増やすには▲1八角と指すくらいです。ただ、△2六歩と力を溜められてどうでしょうか。(第1図)

 

自陣飛車

直ちに先手陣が潰されるという訳ではありませんが、角の働きで劣っている上に、先手は有効手が乏しく不満の残る局面になっています。出来ればもっと良い局面を模索したいところでしょう。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

このように、受け一方の手を指しているようでは将来性がなく面白くありません。

したがって、問題図では明確な狙いを残しながら△3六歩を受ける手が求められており、それが▲3六飛なのです!(解答図)

 

自陣飛車

自陣飛車を打つのは抵抗があるようですが、これなら△3六歩を阻止しながら▲3四歩という攻めを見据えていることが分かります。

後手は△2三銀と上がれば3四の地点を強化できますが、▲5六角で増援できるので差し支えないですね。(A図)

 

また、▲3六飛に△4五桂と目標になっている桂を捌いてしまう手もありますが、▲同桂△同飛▲3四桂で先手の攻めが続きます。(第2図)

 

自陣飛車

後手は△5二玉と逃げるくらいですが、▲2二桂成△同金▲5六銀△4四飛▲3四歩が自陣の防御を織り交ぜながら攻めを繋ぐ好手順で、先手の優位は確固たるものになります。(第3図)

 

自陣飛車

△3二歩と受けるのが自然な応接ですが、▲5五角が味の良い攻防手。6四の角を消してしまえば▲3一角が楽しみになります。

第3図は、三原則(玉型・駒の損得・効率)の全てで先手がリードを得ているので先手優勢と判断できるでしょう。

 

問題図では、互いに3筋の桂頭が弱点だったので、そこに重点を置くことが急所でした。ゆえに、▲3六飛が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.5.4)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(3.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 「敵の打ちたいところへ打て」という格言に則ってみましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA