最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.5.5)

まいにち次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

まいにち次の一手

正解は、▲2七桂です!

 

まいにち次の一手

桂を埋める手が正解でした!


解説

 

問題図は後手が△2七桂という穴熊崩しを狙っているので、それをどのように受けるかが先手の課題です。

 

毎日次の一手

形だけなら▲2七銀打が最も自然ではあるのですが、△2五歩と突っ掛けられたときが問題です。(第1図)

 

まいにち次の一手

▲2五同歩は△2六歩▲同銀△2七歩で悪化するので、この歩を取ることは出来ません。

なので、▲5九香などで竜の利きを遮断する手が一案ですが、△2六歩▲同銀△3四桂で後手の攻めは止まりません。(A図)

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

上記の失敗例に言えることは、自陣に駒を埋めても△2五歩から争点を増やされるので、受け一方の姿勢では状況が改善されないのです。

したがって、問題図では攻め合いを挑むことができる受けが求められており、それが▲2七桂なのです!(解答図)

 

これに対して先程と同様に△2五歩と攻めるのは、▲3五桂で反撃に転じれることが先手の自慢です。(第2図)

 

△2七桂▲同銀△3九竜で自玉は薄くされますが、▲4三桂成△同金▲7二飛成△3二金▲3八金と応対すれば先手の一手勝ちが期待できます。(第3図)

 

まいにち次の一手

このような駒を[剥がす⇔埋める]という応酬になると、穴熊の土俵と言えます。なぜなら、玉が深い位置にいる分、駒を埋めたときにゼットを作りやすいからです。

加えて、この変化で後手は竜の移動に手数を費やしていることもマイナスポイントです。先手は王手で▲7二飛成と成れているので、実質的には0手で飛車を使えていることが後手との違いですね。

 

改めて解答図に戻ります。

まいにち次の一手

後手は△2五歩から攻め合うのは勝機が薄いので、△3四銀打で囲いを強化する手も考えられます。

しかしながら、▲7二飛成で自然に主砲を活用すれば良いでしょう。△2五歩と突かれても▲3七銀打が頑強な受けになります。(第4図)

 

まいにち次の一手

△2六歩と取り込まれても▲同銀で大丈夫。3五の地点に戦力が集まるのは先手にとって大歓迎ですね。

この変化は、後手が△3四銀打を指したことにより7七の飛車を攻めに使う余裕が生まれたことが大きいですね。これも先手が優位に立っていると言えるでしょう。

 

 

問題図では、△2七桂を受けつつ後手陣を攻撃できる状況を作ることが急所でした。ゆえに、▲2七桂が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.5.5)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

まいにち次の一手

難易度
(2.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 端の嫌味を解消してください。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA