最新戦法の事情【11月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.9.4)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

正解は、▲5五歩です!

 

5六の歩を捨てる手が正解でした!


解説

 

問題図は先手のほうが玉の堅さで勝っていますが、後手の銀が進出してきているので何か策を講じなければいけない局面です。

 

次に無抵抗のまま△2七銀成を許してしまうと駒損確定です。それを防ぐなら▲3八金が一案ですが、△3七歩▲2八金△5二金と進むとどうでしょうか。(第1図)

 

急所

この△5二金は、次に△4七銀成を指せるようにした準備ですね。(単に△4七銀成は▲2五角の両取りがある)

第1図は大きな差は着いていないものの、先手は右辺の駒が卑屈な格好ですし、玉型の差も詰められているので不満の残る進行と言えるでしょう。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

急所

先手にとって厄介なのは、何と言っても6四の角の睨みです。この角が威張っているので、先手は飛車が窮屈な格好を強いられていることが分かります。

したがって、問題図では6四の角に対してアクションを起こす手が求められており、それが▲5五歩なのです!(解答図)

 

急所

これに対して△5五同銀と応じるのは、▲2二歩△同金▲6六歩で後手の角をいじめに行く手が調子の良い攻めになります。(第2図)

 

急所

この歩を取ると▲6五歩でアウトですね。よって、後手は△7四歩で退路を作るくらいですが、▲6五歩△7三角▲6三角で馬を作りに行けば、先手は指す手に困りません。(A図)

この変化は[▲5五歩△同銀]というやり取りにより、後手の角の睨みが無くなっていることが大きいですね。

 

改めて、解答図に戻ります。

急所

ここで△5五同角と取られた場合は、▲5六銀と立つ手が価値の高い一着になります。そこで(1)△6四角には▲5五歩△同銀▲6五銀で角が詰んでしまいます。

(2)△4四角なら角の睨みが消えるので、▲2八飛で主砲を定位置に戻すことが出来ます。(第3図)

 

急所

次は▲3七歩で銀を召し取る狙いがあります。△3七歩と打っても▲1八角があるので、後手は3六の銀が相当に負担になっていますね。

第3図は飛車が攻めに使えていなかった問題点を解決できたことと、3六の銀が不安定なので先手が優位に立っている局面と言えるでしょう。

 

問題図では、5六に銀を上がれるようにすることが急所でした。ゆえに、▲5五歩が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.9.4)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

難易度
(1.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: とある格言に則ってみましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA