最新戦法の事情【振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.5.6)

まいにち次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

まいにち次の一手

正解は、▲9二歩です!

 

端に歩を叩く手が正解でした!


解説

 

問題図は、先手に遊び駒がなく手番も保持しているので、好調に事を進めている様子が読み取れますが、頭上に爆弾を抱えているのでそれには注意が必要と言えます。

 

まいにち次の一手

直線的に攻めるのであれば、▲4四角が考えられます。しかし、それには△9七香とぶち込まれると、先手はたちまち非勢に転じてしまうのです。(第1図)

 

9七の地点は後手のほうが利きの数が多いので、これを▲同桂と取っても状況は改善されません。かと言って、▲6二角成と攻め合うのは△9八香成▲同玉△9七香で先手玉は即詰みです。(A図)

 

改めて、問題図に戻ります。

まいにち次の一手

このように、先手はまともに△9七香を喫してしまうと自玉の安全が保てません。

したがって、問題図では9七の地点をケアする手段が求められており、それが▲9二歩なのです!(解答図)

 

まいにち次の一手

後手は端攻めのことを考慮すれば△9二同香という応接をしたいところ。ですが、それには▲9一角△9三玉▲7一角が厳しい追及となり、後手玉は一遍に寄り形となってしまいます。(B図)

 

よって、▲9二歩には△同銀が妥当ですが、▲9六香で歩を除去する手が自玉の安定を図る好手ですね。(第2図)

 

香が上擦るので危険なようですが、現状では△9七歩に▲同桂と取れるので問題ありません。むしろ、端が危険なのは後手玉のほうです。

 

▲9六香には△9五歩▲同香△9四歩で香を詰ますのが一例ですが、これで後手の△9七香という切り札が無くなりました。なので、今度こそ▲4四角が打てるようになります。(第3図)

 

まいにち次の一手

放置すれば▲6二角成がありますし、△6一香で壁を作っても▲5三歩でと金攻めを見せる手が着実です。

第3図は、玉型と駒の効率で後手を凌駕している上に、手番も保持しているので優勢であることは火を見るよりも明らかでしょう。

 

 

問題図では、端の脅威を和らげることが急所でした。ゆえに、▲9二歩が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.5.6)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

まいにち次の一手

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 竜を追い払いたいのですが、手番も取られたくありません。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA