最新戦法の事情【8月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.9.22)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。勝勢に持ち込むことが目的でしたね。

 

攻防手

正解は、▲3六角です!

 

角で銀を食いちぎる手が正解でした!


解説

 

問題図は先手玉に詰めろが掛かっており、後手玉は不詰めなので直線的な攻め合いでは勝てません。どうにかして一手の余裕を作る必要があります。

 

攻防手

ここで▲2八歩と打って良ければ話は早いなのですが、残念ながらこの手は受けになっていません。なぜなら、△3八角という鋭手があるからです。(第1図)

 

合駒請求

(1)▲2七歩は、△2九角成▲同玉△3七桂以下、詰み。

(2)▲3八同銀は、△同金で必死が掛かります。先手は角を入手しても後手玉を仕留めることは出来ません。なので、第1図は先手敗勢です。

 

改めて、問題図に戻ります。

攻防手

このように、後手は攻め駒がたくさんあるので、平凡な受けでは寄り倒されてしまいます。

したがって、問題図では後手の戦力を削ぐ手段が求められており、それが▲3六角なのです!(解答図)

 

合駒請求

これは相手に駒を渡しているので支離滅裂な手に見えるかもしれません。しかし、△3六同銀成に▲5一銀と打つことで、先手は難局を打破することが出来ます。(第2図)

 

合駒請求

これに対して△3一玉と逃げると▲2五飛で強引に金を奪いに行けば、先手は一手勝ちが期待できます。(A図)

 

よって、後手は△5一同玉と取るよりありませんが、▲8一竜△6一銀▲3一飛で合駒請求に訴えるのが後続手になります。(第3図)

 

合駒請求

△4二玉で節約しようとすると、▲3四桂で後手玉は詰んでしまいます。なので、△4一角は致し方ありませんが、▲6三桂△6二玉▲2八歩と進めましょう。金をゲットすれば後手玉が詰めろになるので、この手は強烈な催促になっています。(第4図)

 

合駒請求

この一連の手順を整理すると、先手は▲3六角→▲5一銀という二回の捨て駒で後手に角と銀を渡しました。けれども、それらの駒は合駒請求によって強制的に使用させることが出来ます。そうなると、後手は4七の銀を失っている分、攻撃力が低下したというロジックなのです。

 

後手は金取りを解除しながら先手玉に詰めろを掛ける術がありません。また、4一の角が浮いているので、今さら受けに回ることも不可能な状況です。以上の理由により、第4図は先手勝勢と言えるでしょう。

 

問題図では、後手が「金を渡さずに詰めろが掛けられる」という状況を打ち崩すことが急所でした。ゆえに、▲3六角から▲5一銀が最適な手順になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.9.22)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

攻防手

難易度
(2.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 遊んでいる駒を活用しましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA