最新戦法の事情【6月・振り飛車編】を更新しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.1)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

毎日次の一手

正解は、▲6八角です!

 

角をタダの場所へ放り込む手が正解でした!


解説

 

問題図は後手に入玉されていますが、と金を大量生産される格好ではないので寄せ切れる可能性が残っています。諦めるにはまだ早い場面ですね。

 

毎日次の一手

例えば▲6九同飛△同銀不成▲4八金という手順を選べば、後手玉を薄い格好にすることが可能です。ただ、△同銀成▲同歩△同玉で堂々と応じられるとどうでしょうか。(第1図)

 

ここで▲4六馬と桂を取る手が成立していれば話は旨いのですが、△8六金▲9八玉△9七金打▲同桂△8九銀から先手玉は詰んでしまいます。(A図)

 

それを踏まえると、第1図では▲5七銀△同玉▲6七飛△4八玉▲6九飛で銀を抜いてしまう手も考えられます。しかし、△4七飛が手厚い攻防手で、後手玉が見えなくなってしまうのです。(第2図)

 

先手は▲7七香が一案ですが、△4九金で壁を作られると後手玉に迫る手段が無く、敗色濃厚です。

この変化は4九の歩を失っており、先手は寄せの足場を自ら手放しています。それではいい理屈が無いですね。

 

改めて、問題図に戻ります。

毎日次の一手

確かに4八に金を打つ形になれば、後手玉を一時的には薄くすることが出来ます。しかし、[▲6九飛△同銀不成]という手順を踏んでしまうと、自玉が危険になってしまうので上手くいかないのです。

したがって、問題図では▲6九飛と指さずに金を入手する手が求められており、それが▲6八角なのです!(解答図)

 

毎日次の一手

見るからに尋常な手ではありませんが、これで後手玉を寄せ切ることが出来ます。5七の銀に狙いを定めるのがポイントですね。

(1)△同銀成は、▲4八飛と打てば4六の桂が取れるので寄り筋。

(2)△同金はもちろん▲同金です。5七の銀が移動すると▲4八飛があるので、後手は6八の金が取れません。この変化は飛車を取られていないので敵玉を捕まえやすくなっていますね。(B図)

 

このように、後手は飛車を取っておかないと自玉の安全を担保できません。よって、▲6八角には(3)△7九金と飛車を取るくらいですが、冷静に▲同角と応じておきましょう。これで先手は▲6九飛を指さずに金を入手することを実現できました。(第3図)

 

毎日次の一手

相変わらず後手は5七の銀が狙われているので、攻め一辺倒な手を指すことは許されません。

そうなると、△6七金のような5七を強化しながら敵玉に迫る手に限定される訳ですが、構わず▲5七角とぶった切るのが明るい一着です。以下、△同金▲4八香△3八玉▲4六馬と駒をボロボロ取っていけば、寄せが見えてきました。(第4図)

 

後手は5七の金を取らせる訳にはいきませんが、△6七銀成では▲同金で無意味なので上手く紐を付ける手が見当たりません。かと言って、△4八金▲同歩と進めても▲2九金や▲4七銀からの詰めろが掛かってしまうので、焼け石に水です。

 

第4図は、こちらの玉のほうが安全な格好なので、先手が優勢と言えるでしょう。

 

問題図では、5七の銀が要の守備駒だったので、それにアタックすることが急所でした。ゆえに、▲6八角が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.1)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(3.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 柔軟な発想が必要です。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA