最新戦法の事情【6月・居飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.3.6)

次の一手問題

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

次の一手

正解は、▲4六飛です!

 

飛車を使って銀取りを受ける手が正解でした!


解説

 

問題図は、銀桂交換の駒得であることや、こちらだけ攻めの桂が捌けていることから先手が有利ですが、この銀取りの処置を誤ると、後手にペースを掴まれてしまいます。

 

次の一手

銀を逃げると△4七飛成があるので、先手は4五の銀を移動させる手は不可です。そうなると、▲4六歩で支えておく手が自然に見えますが、△4五飛▲同歩△6七銀が厄介な食い付きですね。(第1図)

 

▲5七飛と引いても△5五桂で6七の地点に数を足されるので、後手の攻めを切らすことは困難です。これは先手が歓迎すべき展開ではないですね。

 

改めて、問題図に戻ります。

次の一手

第1図の局面が、なぜ芳しくないのかというと、飛車取りで△6七銀を放り込まれていることです。そうなると、先手は飛車が負担になるので、受けに苦心する羽目になります。

 

つまり、問題図では、5六の飛が後手の攻めの目標にならないように、避難させておく必要があり、それが▲4六飛なのです!(解答図)

 

これに対して、先程と同様に△4五飛▲同飛△6七銀と迫るのは、▲8九銀が頑丈な受けになります。(第2図)

 

△7八銀成▲同銀△6七金と絡んできても、▲8九銀とかわしておくのが冷静で、後手の攻めに空を切らせることが出来ます。(A図)

 

改めて、解答図に戻ります。

昨日の解答

このように、飛車を切る攻めだと後手はあからさまに損をしているので、△5五角と覗いて飛車を寄った手を咎める方針を選ぶほうが勝ります。しかし、▲6三歩成△同金▲5二銀が厳しい両取りで、先手の優位は揺るぎません。(第3図)

 

後手は有効な受けが無いので、勢い△4六角▲同歩△4五飛と斬り合ってきますが、▲6三銀成と攻め合って問題ないでしょう。(第4図)

 

昨日の解答

(1)△4六飛は、▲5三角成で先手の一手勝ちが期待できます。

(2)△6七銀には、▲8九金打で先手は痛痒を感じません。以下、△7八銀成▲同金左△6七金….と進むと千日手模様に見えますが、後手が△6七金と打ち込んだ時に▲8九銀と引く態勢を作っておけば、先手は攻めをいなすことが可能です。A図と同じ要領ですね。

 

 

問題図では、将来の△6七銀が飛車取りにならないようにしておくことが急所でした。ゆえに、▲4六飛がその条件を満たす一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.3.6)

 

それでは、今日の問題です。Let’s challenge!!

 

毎日次の一手

難易度
(2.5)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: とある格言を思い出してみましょう。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA