最新戦法の事情【9月~10月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.6.27)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「受け」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

将棋 次の一手

正解は、▲3七金です!

 

催促する

さっと金をかわす手が正解でした!


解説

 

問題図で先手は持ち駒を豊富に有していますが、後手の攻め駒が自玉に近いところまで迫っているので、囲いを再構築する余裕はない局面です。

 

将棋 次の一手

つまり、ここで▲3七金打と埋めても△3八銀成▲同金△4七金と食いつかれるので、状況は改善されません。(A図)

また、A図のような千日手模様を回避するのなら、問題図から▲3九桂と指すのが一案ですが、△3八銀成▲同玉△5三角でと金を払われたときが面倒ですね。(第1図)

 

毎日次の一手

▲3九桂は受けに偏った一手なので、そのような手を指すと後手も自陣の保全を図るような手が選びやすくなります。

第1図では▲3七金などで玉型を強化する手が一案ですが、それでは仕切り直しのようなところもあるので、先手がはっきり良いとは言い難いでしょう。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

将棋 次の一手

上記の失敗例から読み取れるように、先手は自玉をケアしなければいけませんが、それに偏重すると後手に立ち直られる余裕を与えてしまいます。

したがって、問題図では受け一方ではなく、後手を催促するような受けが求められており、それが▲3七金なのです!(解答図)

 

催促する

これに対して△5三角でと金を払うのは、▲4五桂△4二角▲4六金で先手優勢。この変化は桂を温存したベネフィットが最大限に活かされていますね。(B図)

 

よって、後手は▲3七金には攻める手を選ぶより道はありません。最も厳しい攻めは△4八銀打で絡みつく手ですが、この瞬間に▲2五桂△同歩▲2四銀とカウンターに出るのが素晴らしい判断になります。(第2図)

 

催促する

後手は持ち駒に金気があれば△1三銀くらいで受かりますが、無い袖は振れません。相手が銀を使った弊害を的確に突いています。

 

ここで(1)△2一桂は、▲4八飛△同銀成▲2三銀打から詰み。後手は2四の銀を盤上に残す受けでは勝ち目がありません。

そうなると、残された手段は(2)△3七銀成▲同玉△2三金打ということになりますが、▲同銀成△同玉▲4六玉と中央方面へ泳ぎ出せば、先手は玉を安全にすることが出来ました。(第3図)

 

催促する

▲4七玉で下へ行く道と、▲4五玉→▲5四玉と上に逃げる二つのルートを確保できたので相当に捕まらない格好です。

第3図は先手の玉に寄りはありませんし、持ち駒がたくさんあるので攻めに困ることもないでしょう。以上の理由により、先手良しと判断できます。

 

問題図では、4六の歩を刈り取りに行くことが急所でした。ゆえに、▲3七金が最適な一手になるという訳ですね。

 

 

毎日次の一手 (2019.6.27)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「受け」がテーマです。Let’s challenge!!

 

将棋次の一手

難易度
(2.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 何を諦めるのかという話です。

 

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA