最新戦法の事情【9月~10月・振り飛車編】を公開しました。詳細は、ここをタップ!

毎日次の一手(2019.9.5)

毎日次の一手

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

今月は、「攻防手」をテーマに問題を出題します。

 

注意事項

 

・問題は、主にあらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なのでミスがあることもございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

昨日の解答

 

それでは、答え合わせです。優位を維持することが目的でしたね。

 

正解は、▲7四歩です!

 

両取りを無視して歩を打つ手が正解でした!


解説

 

問題図は先手が駒得していますが、後手に金桂両取りを掛けられているので忙しい場面を迎えていると言えます。

 

両取り逃げるべからず

金を守るのであれば、▲7六金が自然な対応ではありますね。ただ、これは△2九角成のときに何を指せば良いでしょうか。(第1図)

 

両取り逃げるべからず

黙っていると△1九馬でさらに駒損が大きくなりますし、ここで▲8八飛と回っても△8五歩で無効です。

この変化は、[▲7六金⇔△2九角成]の交換が先手にとって計り知れないほどの損となっているので、先手は不利な情勢に陥ってしまうのです。

 

 

改めて、問題図に戻ります。

両取り逃げるべからず

上記の失敗例から読み取れるように、先手はただ金取りを受けるだけでは一手の価値が乏しく、面白くありません。

したがって、問題図では受けではなく攻め合いに活路を見出すほうが得策であり、その具体的な手段が▲7四歩なのです!(解答図)

 

両取り逃げるべからず

これに対して△7四同角と指すと、金取りが解除されるので▲3八金と指す余裕が生まれます。(A図)

よって、後手はこの歩を無視して△8七角成と金を取ることになりますが、それには▲7三歩成△同銀▲2四桂が痛快な一撃ですね。(第2図)

 

両取り逃げるべからず

後手は△同歩と取る一手ですが、▲2二角成△同金▲2三銀と迫っていけば良いでしょう。駒を補充しながら後手の囲いを切り崩せるので、先手の攻めは止まりません。

第2図は玉の安全度に差があるので先手が優勢と言えるでしょう。

 

将棋には「両取り逃げるべからず」という格言があります。では、逃げない代わりに何を指すのかというと、敵の本丸を攻めることが正しい方針になります。そうすることで、相手は両取りの獲物を取る余裕がなくなってしまうからです。解答の▲7四歩も、その例に漏れない一着でしたね。

 

 

毎日次の一手 (2019.9.5)

 

それでは、今日の問題です。冒頭に記したように、今月は「攻防手」がテーマです。Let’s challenge!!

 

難易度
(4.0)

目的: 優位を維持する。

 

ヒント: 「質駒」が問題を解くキーワードです。

解答は明日に発表いたします。お楽しみに!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA