毎日次の一手(2018.10.3)

 

どうも、あらきっぺです。今日も次の一手に取り組んでいきましょう。

 

注意事項

 

・問題は、あらきっぺが指した将棋を基に制作しております。なるべく、答えが一通りになるように局面を編集しておりますが、人間なので当然、ミスはございます。大らかな目でご覧いただけると幸いです。

 

・問題の難易度としては、主に有段者を対象に想定しております。したがって、級位者の方々には、些か荷が重いかもしれません。ただし、解答及び解説は丁寧に記しておりますので、難しければ解答だけでもご覧ください。

 

「ご挨拶」の記事でも記している通り、問題の無断転載は、ご遠慮お願い致します。

 

まずは、昨日の解答を記します。

 

正解は、▲8六角です!

眠っていた大駒を活用させる手が、正解でした!


解説

 

問題図の局面は、先手が香得で、桂の働きに差があり、囲いも堅陣と好条件がそろっているので、先手が優位を保持しています。

 

ただし、香得や桂の働きが良いという利点は、漫然とした手を指すと消失してしまうことに注意しなければいけません。

例えば、問題図から▲3二飛成は着実な手です。しかし、△1七角成▲3四竜△2八飛成と進められると、はっきりとはしません。(第1図)

 

先手が悪いという訳ではないのですが、駒の損得は五分ですし、このような長期戦は馬の守備力や持ち歩の多さが生きる展開なので、後手に楽しみを与えています。これは形勢の差を詰められていますね。

 

問題図で、先手は角が使えていないと感じた方は、良い着眼点を持っています。ただ、▲6五歩と突いて活用するのは、△1七角成のときが、少し面倒です。(第2図)

 

ここで▲3三桂成は、△同銀▲同角成△4四馬で1二の飛を素抜かれてしまいます。とはいえ、桂が成れないと、具体的な攻めが見えないですよね。歩切れなので、と金を作ることができないのが悩みの種です。

 

二つ、先手の失敗例をご覧いただきました。要するに、問題図では後手の△1七角成がすこぶる価値の高い手になっているんですね。駒損を回復しながら馬を作って防御力を向上していることが、その理由です。

解答図の▲8六角は、その△1七角成を阻止していることが自慢です。

 

次は▲4二角成があるので、後手は香を取っている余裕がありません。

後手は▲5三香と打ち込まれる手も警戒しなければいけないので、▲8六角に△5一銀とは指せません。最も抵抗力のある受けは△5一金寄ですが、▲1三香成が胸のすく一手です。(第3図)

 

後手は△1三同角と取りたいところですが、角の利きが逸れると▲5三香が痛烈です。[▲8六角⇔△5一金寄]の交換が入ったことで、▲5三香の威力を増強しているのが大きいですね。

 

第3図の局面は、香得を維持していることと、4五の桂が攻めに使いやすい(将来の▲5三香が楽しみ)ので、先手が優勢です。この局面に誘導するための▲8六角だったということですね。

 

毎日次の一手 (2018.10.3)

 

それでは、今日の問題です。楽しんでください!

 

目的: 優位を築く。

 

ヒント: 攻めに専念できる形を作ってください。

 

解答は明日に発表致します。お楽しみに!

1 Comment

あらきっぺ

たかっしー様へ

▲3六香は歩切れを解消しつつ、確実な攻め筋を確保した手ですね。
ただ、△1七角成▲3四香に△1一歩が少し嫌らしいでしょうか。

(1)▲1一同飛成は△3八飛成。(2)▲2二飛成は△4四馬。(3)▲3二飛成は△3一香といった具合で、粘りを与える懸念があります。

しかしながら、▲8六角△5一金寄の交換を入れてから▲3六香を打てば、将来、香が成ったときに当たりが強くなっているので、厳しい攻めになっていますね。

なので、攻めの着想としては▲3六香も良い手だと思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA